人気ブログランキング |

タグ:疎開保育園 ( 24 ) タグの人気記事

 阿寒湖から始まった北海道の旅、明けて翌日は、国際ソロプチミスト釧路アミティが主催した「あの日のオルガン」の釧路での試写会でした。
 以前、札幌の試写会でご覧になった、市議会議員の会員さんが大感激、今年創立25年を迎える会の記念行事での上映を・・・そんな願いで開かれた試写会でした。
 試写会には、会場をいっぱいに埋めた、市内各団体の90名の方がご参加、流れる涙をぬぐいながら上映の成功を誓い合う試写会となりました。
 本番の上映は12月8日、78年前の日米開戦の記念の日に、平和を願う北海道第一号の旗が釧路に立つことになりました。
 そして翌日は名寄市・・・。
 ことの始まりは、名寄市立大学保育科の先生が学生さんを連れて札幌の映画館でこの映画をご覧になったことからでした。
 幸い、お二人とも映画に大感激、私にご連絡をとって下さり、以前お二人とお会いして、上映の仕組みと進め方をお伝えしていました。
 数日経って学生のY君からお電話が・・・学生が中心になって名寄市上映を実現したい、相談にのってくれ・・・とのことでした。
 それでは、先ずもって何人かお仲間に集まってもらい、映画をご覧いただくことから準備を始めよう・・・こんな経過でのこの度の試写会でした。
 試写会には、5人の学生さんと一人の先生にご参加いただき、上映終了後は、感動で頬を染めた若き学生さんたちから、私たちの手で名寄市民に向けた上映会を実現したい・・・そんな熱い思いが語られ、全員一致でその歩みはスタートをすることになったのでした。
 現代の若者たちを巡っては、必ずしも積極的ではない話題も数多く語られている現代・・・それでも語られた若き学生たちの決意は私の胸を熱くさせました。
 〝子どもの命と平和〟を願うもう一つの旗は、道北の若者たちの手で高らかに掲げられようとしています。
a0335202_17251558.jpg
若者たちが学ぶ名寄市立大学



by cinema-tohoku | 2019-10-08 17:27 | 映画 | Comments(0)
 「あの日のオルガン」には、2つの「ご当地」があります。
 一つは、戦火から逃れた子どもたちを受け止めた埼玉県平野村(現蓮田市)、そしてもう一つは、戸越保育所があった東京都品川区です。
 いずれの地でも、この映画製作企画を喜びをもって受け止めていただき、支援の運動は始まっていました。
 一歩先に上映の実現となったのは蓮田市、市民の運動に市も賛同し、以前のブログでご紹介した素晴らしい上映会となりました。
 そしてこれに続いて品川区でも、区民に向けた上映の動きが始まりました。
 幾度かにわたるていねいなご議論を経て、品川区上映に向けた実行委員会と試写会が開催されたのは8月20日、全国でも有名な元気な商店街「戸越銀座商店街」の一角にある、古い歴史のお寺の集会室でのことでした。
 当日は、あいにくの天候にもかかわらず、会場立錐の余地もない程多くの区民の方々がお集まりになり開会となりました。
 そして、この日の運動のスタートにおいでいただいたご来賓の方々は、まさにオールスター、とても賑やかなスタートとなりました。
 蓮田からは、「市民の会」を代表して2名の方、東京福祉大学の先生でライフワークとして「疎開保育」を研究されてきた西脇先生、立川からは、長年公立保育所に勤務されてきた大ベテランの先生が、そして、疎開保育園の園児で、3月10日の東京大空襲で孤児になった「健ちゃん」・・・。
 試写会が始まる前に、皆様方から語られるこの作品の今日的な意義に、ご参加者の方々は、上映成功への思いを一つにされた様でした。
 蓮田市に、そして品川区に・・・「オルガン」の2つの「ご当地」にあがった旗は、〝子どもの命と平和〟を願いながら、更に全国へとその輪を大きく拡げているのです。
a0335202_16564853.jpg
品川区実行委員会

a0335202_16425639.jpg
戸越銀座商店街



by cinema-tohoku | 2019-09-02 17:35 | 映画 | Comments(0)
 「あの日のオルガン」の製作企画を始めていた頃、是非観たい、と願っていた記録映画がありました。
 「或る保姆の記録」、発足間もない戸越保育所での子どもたちの生活を描いた作品です。
 戸越保育所が幼い子どもたちの命を育んでいたのは、東京都品川区でした。
 この地区は、大井町駅を中心とした、小さな工場が林立する労働者の街でもありました。
 戸越保育所の創設者となった大村栄之助・鈴子さんご夫妻は、労働者に心寄せるお二人でもあって、労働者の子どもを育てる場を・・・、そんな夢が実現して発足した戸越保育所でした。
 「或る保姆の記録」は、大村栄之助さんがその後、芸術映画社を立ち上げ、自らプロデュースして、戸越保育所での子どもたちの生活を見事に描いた作品でした。
 幸いこの作品が、私が以前勤務していた共同映画の倉庫にあることが分かり、共同映画のご好意で作品を拝見しました。
 作品は、大井町駅からはき出され、それぞれの職場に向かう、当時の労働者の姿が、生き生きと映し出される朝のシーンから始まります。
 そして、その後に展開される戸越保育所の生活には、戦争の影は全くなく、保母が父母と連携をとりながら、子どもたちと向かい合う姿が生き生きと描かれて行くのです。
 この作品の製作年は1942年・・・。
 この前年が日米開戦でしたから、日本中が戦争に狂奔していたあの時代に、よくぞここまでの製作を貫き通せたものだと・・・。
 製作者たちの平和への願いと、子どもたちへの深い愛情がにじみ出る作品でした。
 子どもたちの健やかな、そして平和な未来を願う戸越保育所の子育て理念が、1942年一本の優れた記録映画となり、そしてそれから77年を経て、今又、一本の劇映画として結晶した・・・。
 この保育所の創設者の思いも深く胸に刻みながら、「オルガン」の全国への旅を続ける私であります。
a0335202_10252247.jpg
或る保姆の記録


by cinema-tohoku | 2019-08-27 10:27 | 映画 | Comments(0)
 振り返れば、蓮田市の製作上映運動は、そのスタートから2年を数えていました。
 戦火から逃れて来た、53人の幼い命を守った、誇り高い蓮田の歴史を語ろうとする運動は、劇場上映に引き続く第2次上映の全国トップを切って行われ、その上映は見事な大輪の花を咲かせたのでした。
 初めにこの運動のお声をあげたのは、心やさしき市民の方々でした。
 〝子どもの命と平和〟を語るこの作品を完成させ、蓮田の地から全国に発信しようとした市民の方々は、〝支える会〟をつくり、この映画の製作支援活動を展開して下さいました。
 そんな願いは、急速に数多くの市民の方々のご賛同となり、市をも巻き込んだ運動として育って行きました。
 こんなご支援に支えられて完成した作品を、次の課題として多くの市民の胸に届けようと、〝支える会〟と市が中心になって、映画「あの日のオルガン」蓮田市上映実行委員会が結成されたのは、本年2月のことでした。
 子どもたちの健やかな成長に赤信号が灯った現代社会に、子どもの命の輝きを語ろうとした実行委員会の皆様は、その観客目標を何と人口(5万人)の20%、10,000名に設定して、その歩みを始めたのでした。
 こんな市民の情熱に応えて下さったのが、蓮田市と蓮田市教育委員会でした。
 〝子どもの命と平和〟を語り、そしてあの戦火から幼い命を守った故郷の歴史を、蓮田の未来を担う子どもたちの胸に伝えようと、市内全小中学生の観賞を決定して下さったのでした。
 この決定に心を強くした実行委員会の皆様は、市民に向けて前売り券の販売活動を展開して行ったのでした。
 そして迎えた4日間にわたった蓮田市上映会は、入場者数4200名の熱い心の輪となってつながったのでした。
 さかのぼる2月に行われた映画館上映では、1300人の蓮田市民の方々が既に鑑賞していましたので、小中学生4500名を加えるなら、その総数は目標としてかかげた何と10,000名!
 閉塞感でいっぱいになってしまった現代社会に灯った〝子どもの命と平和〟を願う灯は、蓮田の地に誇り高くかかげられたのでした。
a0335202_17161312.jpg
蓮田市上映


by cinema-tohoku | 2019-08-06 17:19 | 映画 | Comments(0)
 心安らぐ北の街盛岡・・・私を生み育てた故郷です。
 仙台まで、新幹線に乗るなら45分、泊ることはほとんどなかったのでしたが、昨日の夜の予定が急に変更になって、そのまま盛岡の宿泊を決め、思いたって市内で書店を営む中学校の同級生に連絡をして、これも中学の同級生がやっている居酒屋で久し振りの旧交を温めました。
 昭和23年に盛岡に生まれた私でしたが、父親の転勤でその後、函館、東京と転校を重ねて、盛岡に戻って来たのは中学2年の時でした。
 すっかり東京の少年の風情となっていた私にとって、久し振りの故郷は驚きの連続でした。
 街の真ん中を馬車が堂々と通り、道路には馬糞が・・・入学した下小路中学のクラスに身をおいて、クラスメイトの会話に耳を傾けて・・・困った!言葉が分からないのです。
 そして、クラスで目立った女子生徒の口からは、自らのことを“俺は・・・〟。
 何とも大変なところに来てしまったと思いながらも、いつの間にか盛岡の少年に変身していたのでした。
 それから高校の卒業まで、私を見守った盛岡の街は、壁にぶちあたったその都度に、私の心を支えた癒しの街でした。
 幸い空襲の被害をこうむることのなかった古い街並み、街の中心を流れる清流、石川啄木が振りあおいだ城跡、遠くに望む秀峰岩手山・・・。
 通りすぎた風景としてのそれだけではなく、私の人格形成にもこの街は大きな影響を与えた様にも思えるのです。
 中学の同級生が営む居酒屋は、300年をこえる歴史の盛岡八幡宮への参道からはいった横道にあります。
 聞けばもはや40年続けて来たという店のカウンターに、55年前の中学生が3人・・・。
 満開に咲いた昔話に夜は更けて行ったのでした。
 明けた今日は、10月から盛岡ルミエールで公開が決った「あの日のオルガン」上映成功への支援団体回りです。
 久し振りの故郷と友に心癒され・・・さあ出発しますか・・・。
a0335202_10021638.jpg
街を流れる中津川


 母なる湖琵琶湖を、その県の中央にかかえる滋賀県に、「あの日のオルガン」の全県上映成功への旗が掲げられようとしています。
 きっかけは、参議院議員会館で開催された、国会議員さんに向けた試写会からでした。
 この試写会の中心になって、その実現にご尽力いただいた参議院議員Aさんから、上映後、感激した・・・上映の成功に協力したい・・・、こんな有難いお申し出をお受けして、つないでいただいたのが滋賀県知事でした。
 「あの日のオルガン」で主役をつとめ、力強い疎開保育園の主任保母役を演じていただいた戸田恵梨香さんが、9月から放送のNHK朝ドラの主役に決定し、このドラマの舞台が滋賀県であったご縁をたどっての、ご紹介のお願いでした。
 お会いした三日月知事は、若々しい笑顔で私を迎えて下さり、子どもの命と向かい合い、子どもたちの健やかな未来を願う、この作品のこころに大きくご賛同いただきました。
 そして、先ずもって、ご自身と県内の関係団体の方々にご覧いただくことから、その一歩を・・・とのご意向を語られて、6月26日の滋賀県初の試写会と相成ったのでした。
 当日は、知事を始めとした県庁関係者、県内の首長様、保育関係者、遺族会・・・等、70名程の方々にご参加いただき、私の冒頭のあいさつで上映はスタートしました。
 ご参加の皆様は、ドラマの進行を身じろぎもせずに見入って下さり、東京大空襲以降は、会場のそこここに、涙をぬぐうお姿が見られ、上映終了後は満場の拍手でこの作品に応えて下さいました。
 最後のごあいさつに立たれた三日月知事は、5月に大津市で起きた保育園児を巻き込んだ悲惨な事故にも触れながら、〝この映画の全県上映を通して、広く県民の心に、子どもの命を語って行きたい・・・〟と、ご決意も語って下さいました。
 近江の地に、〝子どもの命と平和〟を願う旗は、まもなく高らかにたなびきそうです。
a0335202_15223902.jpg
三日月知事のごあいさつ


 こんな名前の団体があることをご存知ですか。
 故、日野原重明先生が呼びかけられて発足した組織で、知的で生き生きとしたシニアをめざそう、との願いで全国に拡がった組織です。
 こんな素晴らしい理念を掲げて活動を続けて来た「新老人の会宮城」の方から、「あの日のオルガン」について会員の前で話して欲しい、とのご要請を受けました。
 仙台の映画館でご覧になった会員の方からのご希望だった、とのお話でした。
 人様の前でお話をすることは、私の本業ではありませんでしたので、いささかの躊躇はございましたが、熱いご依頼を受けては、もはやお断りをすることも出来ず、お引き受けしてのぞんだ当日でした。
 会場には、各方面でご経験を積んで来られたことを推測させる、30数名の方々においでいただき、一時間を超える私の話にお耳を傾けて下さいました。
 話の終了後、会場の方々からは、〝情熱たっぷりの話に感動した・・・。〟〝一本の映画をつくるのに、沢山の人の手が合わさっていることが良く分かった・・・。〟など、過分な評価のご発言もいただき、ホッと胸をなでおろした私でありました。
 会の始まる前にお聞きしましたら、新老人の会宮城会員の平均年齢は80歳とのこと。
 年を重ねても、知的な好奇心を旺盛にして、社会に向けてその持てる経験とおとろえない力量を発揮し続ける会員の方々の生き方に、私が学ばせていただいた一日でもありました。
 年も70年を数え、肉体的な衰えを実感しながら、仕事に向かい合う私にとって、諸先輩達のこんな生き方は、とても刺激的なものでもありました。
 42年来の思いが叶って、又多くの方々の暖かい手に支えられて、この世に生を授かった「あの日のオルガン」、全国に向けて上映運動の働きかけを続けていましたが、思いのほか苦戦中でありました。
 それでも、この作品はかけがえのない我が子・・・ていねいに、時間もかけながら、その個性も見極めながら育てて見よう・・・、この作品をご覧になった方々のご評価は圧倒的なものですから・・・。
 そんな思いも胸に刻みながら、帰路についた私でありました。
a0335202_10004513.jpg

by cinema-tohoku | 2019-07-01 10:02 | 映画 | Comments(0)
 車で2日間の岩手への出張でした。
 昨日は、午後から三陸沿岸を通って、最後の予定地久慈市から仙台への帰途へ。
 間もなく4月・・・もはや雪の心配はないだろうと、車を走らせた夜の東北自動車道は、途中から何と吹雪・・・あまりの吹き降りに前方は見えなくなり、道路の白線も雪にかくれ、ほうほうのていで仙台に戻って来ました。
 そして、その翌日に訪れた東京は桜の満開・・・街は桃色一色に彩られていました。
 まるで魔法のトンネルをくぐった様な季節の移り変わりに、改めて南北に連なる日本列島を実感させられました。
 色彩の乏しい冬から巡った桜の春・・・何とも華やかなこの風情は、行き交う人々も心を浮き立たせているように思えるのです。
 そんな東京の姿に目を向けながら、胸によぎるのは通り過ぎて来た岩手県三陸沿岸の街の姿・・・。
 大惨禍から8年、街は新たな姿に変り始めているのですが、そこここにまるで櫛の歯が抜けた様な空地が目立つ「新しい街」なのです。
 ここに再び人の生活の営みがよみがえり、街のにぎわいを取り戻すことが出来るのか・・・。
 そして、皆が笑顔を交し合う真の春の季節を迎えることが出来るのか・・・。
 東京の咲き誇る桜を見つめながら、そんな思いにさせられた春の一日でした。
a0335202_13352633.jpg
満開の桜
a0335202_13360115.jpg

 1945年3月10日未明から、東京下町を襲った悪魔の使いの如き怪鳥たちは、一夜にして10万人にのぼる人々の命を、無残にも奪って行きました。
 そのお一人お一人に生活の営みがあり、家族もありました。そして何より非戦闘員でした。
 この悲惨極まる無差別爆撃の実相は、作家の早乙女勝元さんらのご努力で掘り起こされ、語り継がれて来ていました。
 そして、あの日から長い時間が流れて行きました・・・。
 この間、ご体験者の方々の数も年々減少し、戦争体験の風化も語られ、この悲惨な事実は人の口にのぼることも少なくなって来ていました。
 それでも、忘れずに語り継ぐご活動をねばり強く、そしておやさしい言葉で語って来られたのが海老名香葉子さんでした。
 東京大空襲で家族を失い、その戦後を孤児として生きて来た海老名さんの胸には、いつも空襲でお亡くなりになった方々への鎮魂の願いがありました。
 その願いを実現するべく、上野の山に私費を投じて鎮魂の慰霊碑を建立、毎年3月9日に慰霊祭を行っていらっしゃいました。
 85歳を迎えられた海老名さんは、今年の慰霊祭で〝二度と戦争がおきてはならない。まだまだこの活動を続けて行きたい。〟と決意を語って下さいました。
 そして、翌3月10日の新宿ピカデリーにも、東京大空襲に思いを寄せた、平和を誓う声が響きました。
 この記念の日に上映中の「あの日のオルガン」・・・、74年前の東京大空襲を振り返り、平和への願いを語るべく、上映終了後の舞台に、平松監督、私、そして当時疎開保育園の園児だった3人の方々が並びました。
 疎開保育園での生活の時、東京大空襲で全ての家族を奪われ孤児となった〝健ちゃん〟、そしてあの3月10日の業火の下で一夜を過ごし、翌日まるで地獄絵図の様な焼け野原をさ迷い、幸い保母さんと巡り会い、連れられて疎開保育園に参加した佐瀬さんご姉妹・・・。
 映画を観終わった観客は、お一人お一人の語る言葉に驚き、共感し、平和への願いを胸の中に深く刻んで下さいました。
 どんな理屈を語ろうと、戦争は人類最悪の罪悪であり、平和は、そのよって立つお立場を越えて守り続けなければならない人が生きる基本の概念・・・そんな思いもこの日のオルガンは語ってくれたのでした。
a0335202_16140071.jpg
3月10日新宿ピカデリー舞台あいさつ

by cinema-tohoku | 2019-03-20 10:14 | 映画 | Comments(0)
 ていねいに時間をかけて、全国の多くの方々のやさしきお手にも支えられて完成した、映画「あの日のオルガン」の全国上映が、2月22日全国の53スクリーンでそのスタートを切りました。
 何回経験しても、初日の数字とお客様の反応は気がかりなものです。
 しかしながら、私はこの日を、この作品とは別の仕事で徳島で迎えました。
 そして、翌23日上京、この上映のメイン会場となった、新宿ピカデリーでの舞台あいさつの回に、製作委員会メンバー一同が集合となりました。
 新宿ピカデリーで最も大きな580席のシアター1を満席に埋めた舞台に、上映終了後登場いただいたのは、この作品のダブル主役をつとめていただいた戸田さん、大原さん、そして疎開保育園の園長役の田中さんと平松監督でした。
 それぞれの方々が、語る作品への思いや撮影中の裏話に、場内の観客の方々は映画の感動を更に新たなものにもしていただいた様でした。
 このスタートの日22日に、やはり初日を迎えた作品は何と35本もありました。
 幸い、ご覧いただいた方々の反響は素晴らしく、「ぴあ」の初日満足度調査では、僅かな差で一位はのがしましたが堂々の第二位を占め、我々製作委員会一同、今後への期待を抱かせるスタートとなりました。
 劇場上映はスタートを切りましたが、私たちの全国上映はこれだけで終わるものではありません。
 夏からは、映画館が姿を消した町にも村にも、ていねいに時間をかけてこの上映を拡げて行きたいと願っています。
 いよいよ長い旅のスタートです。
 皆様方のご支援を心よりお願い申し上げます。
a0335202_17363142.jpg
新宿ピカデリー
a0335202_17375621.jpg

by cinema-tohoku | 2019-03-05 17:39 | 映画 | Comments(0)