人気ブログランキング |

タグ:東日本大震災 ( 10 ) タグの人気記事

 コロナの影響で上映が消えてしまい、つらい日々を送っていました。
 そんな私たちのもとに、暖かいいくつかのお手がそっと重ねられました。
 一つは、長野県塩尻市の「あの日のオルガン」上映実行委員会F様から、そして松本市で上映準備をされていたY様、更には参議院議員A様から…。
 塩尻市では試写会でこの映画をご覧になった、塩尻子ども劇場の方々が大感激、広くご賛同を募って上映実行委員会を発足させ、6月の上映成功に向けてのご活動をすすめていました。
 長年、子どもたちのより良い文化づくりをめざして来られた方々…とても明るく、とてもお優しい方々でした。
 今日、事務所にお手紙が…。
 開封すると、中には手作りのメッセージカードが、実行委員会のメンバーの励ましのお言葉がつづられた心暖まるカードでした。
 そして、添えられたお手紙には、残念ながら6月の上映は延期することにした‥・とのお知らせが、そして〝これから皆と声をかけあって、今まで以上に力強い動きをつくって再スタート出来れば…〟と綴られていました。
 松本のYさんは、長年、チェルノブイリ支援の活動を続けておられた方、彼女の会が東日本大震災の時に加藤登紀子さんのご協力で作ったCDを送って下さいました。添えられたお手紙には、〝大切な命、どんな小さな命も大きなエネルギーになりうる〟…。
 「あの日のオルガン」上映成功にご尽力いただいた参議院議員A様からは〝コロナに負けずに頑張りましょう…〟熱いメッセージのお葉書…。
 ピンチの時に重ねられた暖かい手の温もりは、終生忘れることの出来ない思いを胸に刻むのです。
 感謝!!
        暖かいお手_a0335202_16041882.jpg
届けられた励ましの数々


 3月11日…今日は、東日本大震災から9年目の日です。
 あの日、東日本一帯に押し寄せた津波は、それまでそこにあった人々の当り前の生活の営みを不当にも奪って行きました。
 そして、その傷跡はいまだに被災地に深く刻まれています。
 9年が経っても…。
 何年経っても忘れることのできないこの日を、今年は暖かな日差しの仙台で迎えました。
 朝の散歩の折に耳にした鶯の初鳴き、庭の梅の花はほころび始め、季節は巡っておだやかな春の訪れを告げているというのに…。
 こんどは「コロナ」です…。
 本年6月までのすべての上映会が消えてしまい、いつ果てるとも知れない感染の拡大は、私たちの会社の未来にも大きな影を落としています。
 9年前にこうむった深い傷を、数々の努力でやっと埋め始めたかに思えたその時に見舞われたこの惨禍に暗澹たる思いにさせられています。
 昨日は、この対応も含めて、JSN理事会を開くこととなり、久しぶりの東京へ。
 東京行きの新幹線に乗って驚かされました。
 いつもはほとんど満席の車両に乗客の数は数えるほど…、そして着いた上野駅…
 これが上野駅?と思える程、駅のコンコースはガラガラ、「コロナ」のもたらした影響の深刻さにただただ驚くばかりでした。
 こんなつらい日々に、一寸の嬉しい便りも。
 「オルガン」の塩尻と北見からは、何とか上映をしたい思いで、会場をキャンセルせずに様子を見ることにしたとのお知らせ…。
 そして、6月上映を一旦キャンセルした弘前市からは、何としても上映をした‥…こんな思いで来年3月に会場を押さえた…とのお知らせが。
 再開上映第一号になりました。
 こんなお声に支えられながら、もうしばらく頑張ってみようと思っています。
       あの日から9年・・・_a0335202_14031547.jpg

 参りました!
 「コロナウィルス」が国中にまん延して、そのあおりを受けて映画の上映会の中止や延期が相次いでいます。
 私たちが心を込めて製作、そして全国上映運動に向けた努力を重ねていた作品は「あの日のオルガン」でした。
 この作品、完成後の作品のご評価はとても素晴らしいものでした。
 しかしながら、全国上映スタートの頃、その作品評が上映の拡大や、観客数に、必ずしもつながらずに苦慮していました。
 それでもあきらめずに一歩ずつの歩みを重ね、やっとその上映に光が差し込んで来たか、に見えました。
 宮城県石巻では、1300名の感動の上映会…東京北区でも、会場に入りきれない程の1100名の上映会…山梨県南アルプス市、長崎県南島原市・佐世保市、いずれもが1000名の上映・・・。
 この経験に学んで更に全国に…そう意気込んでいた矢先の出来事でした。
 イベント自粛の影響で、日増しにその状況は悪化、結果としては進行中の上映は全滅となってしまいました。
 私たちの「スローシネマ上映運動」は、長い時間をかけた、ていねいな運動の積み重ねの上に上映が実現します。
 その上映が一瞬のうちに消えてなくなる・・・まさに身を切られる様な無念な思いにさせられています。
 今から9年前、私たちは東日本大震災に遭遇しました。
 あの時、石巻を舞台に完成したばかりの映画「エクレール~お菓子放浪記」をかかえて私たちは、手もあてられない程の被災地の惨状を前に立ち尽くしていました。
 それでもそこから立ち上がり、ここまで歩んで来られたのは、あの被害が東日本一帯に限られていたこともありました。
 それに引き換えるならこの度は全国・・・。
 果たして、この先にどんな道が拡がっているのか…不安な思いの毎日です。
 それでも…この大流行がいつの日にかは終息することを願って・・・今はただ耐えてみようと思っています。
 9年前、あの日から耐え忍びながらここまで歩んで来たのですから。
「コロナ」_a0335202_15242971.jpg
映画「あの日のオルガン」より


by cinema-tohoku | 2020-03-03 15:25 | 映画 | Comments(0)
 車で2日間の岩手への出張でした。
 昨日は、午後から三陸沿岸を通って、最後の予定地久慈市から仙台への帰途へ。
 間もなく4月・・・もはや雪の心配はないだろうと、車を走らせた夜の東北自動車道は、途中から何と吹雪・・・あまりの吹き降りに前方は見えなくなり、道路の白線も雪にかくれ、ほうほうのていで仙台に戻って来ました。
 そして、その翌日に訪れた東京は桜の満開・・・街は桃色一色に彩られていました。
 まるで魔法のトンネルをくぐった様な季節の移り変わりに、改めて南北に連なる日本列島を実感させられました。
 色彩の乏しい冬から巡った桜の春・・・何とも華やかなこの風情は、行き交う人々も心を浮き立たせているように思えるのです。
 そんな東京の姿に目を向けながら、胸によぎるのは通り過ぎて来た岩手県三陸沿岸の街の姿・・・。
 大惨禍から8年、街は新たな姿に変り始めているのですが、そこここにまるで櫛の歯が抜けた様な空地が目立つ「新しい街」なのです。
 ここに再び人の生活の営みがよみがえり、街のにぎわいを取り戻すことが出来るのか・・・。
 そして、皆が笑顔を交し合う真の春の季節を迎えることが出来るのか・・・。
 東京の咲き誇る桜を見つめながら、そんな思いにさせられた春の一日でした。
        満開の桜_a0335202_13352633.jpg
満開の桜
        満開の桜_a0335202_13360115.jpg

 3月10日・・・74年前の東京大空襲の日の翌日は、東日本大震災慰霊の日。 
 私にとって決して忘れることの出来ない8年目のこの日を、今年は「あの日のオルガン」を携えた金沢の街で迎えました。
 あの日、東日本一帯に押し寄せた波の壁は、そこにあったあたりまえの生活を、そして沢山の夢さえも奪って行きました。
 そして、あの直後から寄せられた全国からのご支援のやさしい手の数々は被災地を支えました。
 〝支え合い〟〝絆〟・・・数々の美しい言葉が語られていました。
 そして、あの日から8年が・・・・・。
 あの時、国をあげて支え合った記憶は遠いかなたのものになってしまったのでしょうか。
 人々の口から、これらの言葉が語られることはなくなり、これと交代をする様に「復興五輪」の言葉が踊っています。
 聖火リレーが福島から始められる…リレーのトーチが展示される…。
 まるで、この8年で被災地は立ち上がり、オリンピックが新たな未来を拓く「復興」を実現するが如き報道が語られています。
 しかしながら、北の地の実態は・・・。
 かつての生活の場からの避難生活を送る人は、福島県を中心に未だに5万人を越え、復興住宅での孤独死は急増・・・そして、あの甚大な被害を受けた陸前高田は、いまだに「かさ上げ」工事のダンプカーが行き交う茶色の街・・・。
 現実は、いまだに「復興」にはほど遠いものですし、人々は、今も精いっぱいの思いで日をつないでいるのです。
 一過性のスポーツイベントの開催が、まるで手品の様に被災地に希望の光を放つ筈がないのです。
今必要なのは、被災地の現実をありのままに伝えて、変わらぬ支え合いの心を国中に拡げることだと思いますし、その先頭に国が立つべきだとも思うのです。
今年の3.11は、私の胸に少しばかりの悲しい思いを語りました。
        8年・・・_a0335202_17442573.jpg
8年・・・



 「あの日のオルガン」の全国展開が活発な動きとなり、その対応での出張が連続する毎日を過ごしていました。
 昨夜、久し振りに仙台に戻って、今日は仙台での朝を迎えました。
 自宅で朝食を摂り、バスで事務所へ・・・。
 幸いの晴天に恵まれて心おだやかな朝でした。
 バスに乗りながら、不思議な既視感を覚えました。
 そして思いあたったのでした。
 間もなく8年が巡って来る2011年のことだったことを・・・。
 完成直後に東北を襲ったあの大惨禍で東北での上映を断たれた「エクレール~お菓子放浪記」・・・、私たちはあの時一大決心をしました。
 この作品の全国上映を通して、全国に被災地支援への願いを語ろうとの・・・。
 そして、そこから始まった全国への旅は、12泊、13泊と日を連ねていったのでした。
 ヘトヘトになってやっと帰ったあの日の仙台の朝も、今日と同じくおだやかなほほえみで私を迎えてくれていたのでした。
 やはりバスの乗って事務所に向う私を、不思議な安堵感が包んでもいました。
 そうでした、あの日と同じ感慨だったのでした。
 やはり、ここは私のマイホームタウン。
 生活があり、迎えてくれる家族が、そして会社の同僚や友人がいて・・・。
 人は、帰るところがあるから旅にも出ることが出来るのだと思うのです。
 そんな一時の感慨を胸に、久し振りの事務所の扉を開きました。
 今日一日で、たまった仕事をこなさなければ。
 又、明日からは旅に出るのですから・・・。
        マイホームタウン_a0335202_13381534.jpg
東京、日比谷公園は梅が咲いていました




東北の新月_a0335202_12505126.jpg
 あの日から5年を越えた3月、被災地の復興を願って一本の映画が完成しました。

 「東北の新月」、カナダにお住まいの日系3世リンダ・オオハマさんが自らのルーツに関わる国の悲劇に触れ、止むにやまれぬ思いで映像化を決意、単身被災地を訪ねながら4年の長い製作期間を経てこの度完成した作品です。

 全国で初の公開が仙台で行われ、お招きに応えて行って参りました。

 この作品も素晴らしい人との巡り合いが織り成されながら完成の日を迎えた作品でした。

 被災地の復興を願って単身東北を訪れたリンダさん・・・しかしながらそれだけではこの作品は完成の日を迎えることはなかったかも知れませんが、東北の復興を願う彼女の熱い願いは、いつの間にか人の心から心へと拡がることになったのでした。

 最初に巡りあったのは、仙台市在住、元英語の教師をされていたSさん、彼女はリンダさんの願いに全面的に共感し、製作支援の人の輪はSさんの周りに一歩一歩拡がって行きました。

 そしてその手は私のもとにまで差し伸べられてきたのでした。

 ご要請に応じて初めてお会いしたSさん・・・、長年にわたって子ども達と向かい合ってきた「やさしさ」を全身から発信させながらも、意志的な瞳が印象に残る・・・Sさんはそんな姿で私の前に立って下さいました。

 請われるまま、映画界の仕組みや映画製作に必要なことなど・・・いくつかのご助言は申しましたが、目前の雑事についつい追われて有効なご助力はほとんど出来ないまま時間は過ぎていきました。

 風の便りに製作運動のご苦労と併せて、一歩一歩完成に向けたご努力を重ねておいでのことは耳に入っていましたが、この度、そのご努力が実って遂に完成の日となったのでした。

 会場を満席に埋めた方々の前には、遠くカナダから駆けつけたリンダさんの姿も・・・。

完成の日に頬を染めたSさん共々、感動的なそしてやさしい披露の日となりました。

 「東北の新月」・・・目には見えなくとも、大きな力が脈打っている・・・そんな東北の心をスクリーンは私たちに語ってくれました。

この作品がこれから歩む道の先に、被災地の復興を願った一日でした。

東北の新月_a0335202_12505134.jpg
舞台挨拶のリンダさん




by cinema-tohoku | 2016-03-30 12:56 | 映画 | Comments(0)


 2016311日・・・生涯忘れることの出来ないあの日から5年の時間が流れ、そして又、この日が巡ってきました。

 この節目の日を私は、「ちえりとチェリー」の上映拡大に走り回る宮城県七ヶ宿町役場の前で迎えました。1446分・・・サイレンが鳴り、悲しい大惨禍で亡くなられた方々への黙祷が呼びかけられています。

 5年前のあの日私は東京に・・・絶望と向き会いながら一晩中まんじりともしないでテレビから流れる信じられない映像を見続けていました。

 明けて、翌日の風の強かった晴天の朝はしっかりと記憶しているのですが、その後10日経ってやっと仙台へ戻るまでの記憶のほとんどが飛んでしまっていることに気づかされたのです。

 「エクレール・お菓子放浪記」の東北公開を目前にしながら、それが全てついえてしまった私の精神状態は、いささか異常なものであったのかも知れないと思いおこしています。

 背中の筋肉はまるで鉄板の様に張り切り、そして精神的に不安定な私はよく泣いてもいたのでした。

 あれから5年…よくも頑張ってこれたものだと振り返りながら、そんな私たちを支えてくださった方々のやさしい手の感触を今でもありありと思いおこしております。

 そんな私の体験は、あの日被災した多くの方々と共通するものだったとも思えるのでしす。

 そして5年・・・被災地は山積する課題をいまだに数多く抱えながら、それでも確実に人の記憶からは遠い過去のものとなって行こうとしています。

 報道各社は、まるで一大イベントを報ずるかの如く、被災地から5年の報道を競う様にして流していますが、明日からはまるで何事も無かったかのような紙面と電波に戻るのだと思います。

 そして又、日一日と人の記憶からは遠いものとなってしまうのかも知れません。

 でも・・・やはりそれはダメなのだと思うのです。

 こんなにも沢山の人々の苦しみや悲しみを、たった5年でまるで何もなかった様に忘れ去ってしまったら・・・その先に私は、どうしても健やかな国の未来を描くことが出来ないのです。

 もう一度振り返ってほしいのです・・・この東北が向かい会っている沢山の悲しみを。

 そして、私たちは大きく声をあげて、この悲しみを発信し続けなければならないのだと思います。

 人と人とが心を通わせ、支えあう国の未来をつくりあげるために・・・。

2016年 3月11日_a0335202_11062780.jpg
山陽新聞より

2016年 3月11日_a0335202_11061897.jpg
毎日新聞より


岩手県大槌町_a0335202_12130510.jpg
全てが奪われた大槌町


 「ちえりとチェリー」の被災地での上映準備もいよいよ佳境に入り、先日は岩手県釜石市、大槌町、山田町を巡って参りました。

 震災以降この地を訪れるのはこれが初めてのこと、いささかの緊張を胸にしながらの三陸沿岸への旅でした。

 このあたりは以前は、何度も何度も車で通った道...しかしながら車窓から流れる懐かしい風景は釜石の町に入るや一変...そして釜石から峠を超えて隣町大槌町を一望に出来る高台に立ち、そこから大槌のかつての市街地に入ったときはまさに息をのむ思いでした。

 海に向かってひらけた、かつての大槌町は既にその姿を消し、全く何もなくなってしまった平坦な大地の上を、かさ上げ工事のダンプカーが土ぼこりを巻き上げながら走るだけ...。

 町には人の姿もなく、あの人のにぎわいに溢れていた大槌町はその姿を一変させていました。

 町の中心部に唯一残る旧役場庁舎の前に立ち、改めて5年前の大惨禍の凄まじさにただただ両の手を合わせるばかりでした。

 あの日から間もなく5年...5年経ってもこの姿とは...。

 こんな変わり果てた町の姿に日々接する町民の思いに心を寄せた時、もはや我慢も限界を超え、町での再起をあきらめ、他の地に移り住む選択をした町民の思いが胸に迫って来る思いでした。

 こんな膨大な、そして長期にわたるかさ上げ工事ではなく、住民の日常生活に寄り添った別の町再建の道があったのではないのか...。

 そんな思いにもさせられたのでした。

 そして訪れた町役場、お忙しいお時間を割いてご面会下してさった平野町長さんは、満面の笑顔で私たちを迎えて下さいました。 

 実は、平野町長さんとは、平野さんが町職員であった頃からのお付き合い。

 映画の上映を通した町の活性化と子供たちの健やかな未来にご賛同いただき、これまでもいくつかの映画の上映に取り組んで下さった、平野さんはそんな好漢でした。

 震災以降の町の未来に、止むにやまれぬ思いで町長選に立候補し幸いご当選、一番大切な時の町政の舵取り役となったのでした。

 思わず話はあの日あの時のことに...あの時は大槌町の幹部職員が集って会議中、この中に平野さんもおいででした。

 迫り来る津波が目には見えていたのだが、いくら思い返してもあの時の音を思い起こせない...全く音の無い世界に立ち止まっていたのだと...。

 当時の町長さんを始め、貴重な幹部職員の何人かの命は奪われて行きましたが、幸い平野さんは自らの命を拾うことになったのでした。

 あの当時のことを振り返るなら今は、仲間も、そして復興に向けて一生懸命に努力する職員もいる...幸せなことですよ...、と語る平野町長さんの言葉に思わず胸が熱くなったのでした。

そして、私たちの語る「ちえりとチェリー」大槌町上映についてもその実現を約して下さいました。

 5年を経てなお、まだこの現状にある被災地への思いと、そこへの支援の手を更に重ねなければならない...そんな思いを強くした岩手県沿岸の一日でした。


岩手県大槌町_a0335202_12130583.jpg
旧大槌庁舎



今日311日は4年前の東日本大震災発生の日です。

昨日降った雪が日陰に残る寒い記念の日となりました。長かった様で、そしていつの間にか過ぎ去って行ったこの4年でもありました。

あの日は私は東京新宿に居りました。今の時代に“支え合う人の心のやさしさ”を語ろうと、映画「エクレール・お菓子放浪記」の製作を決意したのは2007年のことでした。

この作品の撮影地を石巻を中心とした宮城県に決めたことを、宮城県民は熱く迎え入れて下さり、知事を先頭とした県民運動でこの製作を支えて下さいました。そして20112月、この作品はこの世に生を授かり、東京で完成披露試写会を開催したのは2011310日のことでした。

幸い会場は、完成を待ち望んでいた観客で満席に埋まり、上映終了後の満場の拍手は、まさに宮城県民の夢の出発への合図とも思えたのでした。

そしてその翌日、4年前の311日のあの時間、私は試写会の御礼で東京新宿区に事務局を置く全国和菓子協会をお訪ねしていたのでした。突然のビルを大きく揺らす振動に驚いた私に、テレビをつけた和菓子協会専務理事さんから語られた言葉は“鳥居さん、東北が大変だ…”との言葉でした。

同行していた、シネマディストのK氏と一緒に外に出て、新宿駅を通った折に観たビジョンから映し出された映像は、巨大な津波が岩手の沿岸を襲い堤防を乗り越える映像でした。

どこをどう歩いたのか…。

ともかく事務所に戻ろう…とのK氏の言葉で六本木の彼の事務所に辿り着き、一晩まんじりともせずにテレビから流される悲惨な映像に見入っていたのでした。

明けた翌日…、まるで昨日のことが嘘のように晴れ上がった東京の空を、これから始まることへの大きな不安と共に眺めていたことが思い出されます。

そしてあれから4年の時間が流れてゆきました。振り返ってみればこの4年間はあの大惨禍に負けずに歩もうと挑戦し続けて来た時間の積み重ねだったのかも知れません。


「エクレール・お菓子放浪記」は2年かけてその上映を全国に大きく拡げました。

そんな動きを受け継ぐ様に「じんじん」も全国に500ヶ所以上の上映を数えました。

新たな日本映画の未来を願って協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワークは立ち上がりました。


そして、そんな一つ一つの局面で私たちを支えて下さった数多くの方々のお顔が今、目に浮かびます。これから5年、10年、更なる歩みを重ねる私たちに求められていることは、あの日そしてそれ以降の復興に関って、私たちが授かった数多くの「人の情」を今度は、全国に向けて語り続けることなのかも知れません。

支え合う地域社会と心優しき国の未来をつくりあげるために…。



あの日から4年・・・_a0335202_16394438.jpg
石巻市 北上川河口の葦原


あの日から4年・・・_a0335202_16393851.jpg
石巻市 岡田劇場