人気ブログランキング |
 「あの日のオルガン」の上映終了地から、ご覧になった方々の感想文集が相次いで送られて来ました。
 一つは、宮城県石巻市から。
 石巻市では、映画をご覧になった、元高校の先生を中心に昨年3月から上映成功に向けたていねいな準備が進められていました。
 その運動の根幹は、従来あった組織を束ねる型の上映実行委員会ではなく、この作品のテーマ一本に絞って、この上映にご賛同いただける幅広い、個人の結集を目指したことでした。
 この運動は、時間をかけながら市内に拡がり、迎えた上映は1300名の市民にご参加いただき、これまでの全国上映中、何と観客数9位の素晴らしい結果となりました。
 そしてこの上映は、9年を過ぎてもいまだに数々の困難をかかえている被災地の、心の自立にも寄与するものとなったのでした。
 その感想文集の中には・・・〝「あの日のオルガン」を観て3日が経ちました。この3日間、感動が忘れられず、居ても立ってもいられなかったのでお手紙を書くことにしました…〟こんな前置での長文のご感想が・・・そして最後には…〝まだまだ言いたいことはありますが、この映画に触れて戦争の恐ろしさを知りました。私一人だけでも何か活動出来ればいいなと思いました〟(25才女性)
 そしてもう一か所は、疎開先の蓮田市から。
 蓮田市では市長さんを先頭に実行委員会がつくられ、人口の20% 1万人市民にご覧いただきく、まさに全国トップの上映となったのでしたが、そのうち4500人は市内の全小中生でした。
 その子どもたちの感想文集でした。
 目を通して胸が熱くなりました。
 2時間に及ぶこの作品は、小学生低学年の子どもたちの心にも平和への願いを確実に刻んだのでした。

 〝けんちゃんがかわでいしをなげているところでないちゃいました。わけは、かわいそうだなとおもったからです。
 ぼくは、このえいがをみてかなしいなとおもいました。
 それは、せんそうでひとりになっちゃうかもしれないからです。
 せんそうはきらいです。〟(小1男)
 
 〝1944年はすごいせんそうがあっておどろきました。このお話が本当にあったのがこわかったです。1944年にいた人たちは、すごいくろうをしているので、少しかわいそうだなと思って3、4回ないてしまいました。
 お母さんたちにも見せてあげて、せんそうの話をしってもらいたいです。〟(小2女)

 この映画は、戦争を知らない若い世代にも、そして今を生きる幼いこどもたちの胸にもかけがえのないものを確実に語った様です。
 コロナで動けない日々を送っていた私に、この感想は1日も早い仕事再開への願いも熱く語ってくれました。
        「オルガン」感想文集_a0335202_11581965.jpg




by cinema-tohoku | 2020-03-26 12:02 | 映画 | Comments(0)
 松本から約15㎞、小さな、まるでおとぎの国の電車に乗って、山あいの終着駅新島々を訪れました。
 釜トンネルが開通するまでは、北アルプスの玄関口上高地へのルートは、島々から徳本峠を越えての道のり…数々の山岳紀行にも語られ、一度は訪れてみたいと思っていた駅でした。
 「オルガン」の長野県での仕事が相次ぎ、その狭間になった日曜日の空いた時間を利用しての新島々訪問には一つの目的がありました。
 新島々駅前にある一軒のカフェを訪れる…そんな目的でした。
 ことのきっかけは昨年末、「オルガン」の松本市上映のご希望が届けられ、それでは先ずもって映画をご覧いただくことから始めようと、松本を訪れた時のことでした。
 試写会が終わった後お食事の時に、この上映の中心メンバーのYさんから一冊のご本を頂戴しました。
 彼女の友人の方がお書きになった「ピアニストの兵隊さん」、そんな題のご本でした。
 帰路の列車の中で拝読して、心の中をさわやかな風が吹き抜けるような感動を覚えました。
 時代は「オルガン」と同じく、あの戦火の時代。
 あの厳しかった時を、一人の教師として子どもたちと向かい合いながら、精いっぱいの思いで、子どもたちを守り育てたのは、著者古畑博子さんの母上でした。
 ピアノを弾いて子どもたちと歌を歌うのが好きだった彼女が、戦後進駐してきた米兵とピアノの演奏を通して、その心を通わせ合った史実を描いたお話でした。
 あの戦火の時代、〝鬼畜米英〟の言葉で〝敵〟への恐怖心をあおり、戦争への道をひた走った日本でしたが、平和と音楽をそこに置いた時、人と人は国境を超え、信じあい、心を通わせ合えることを、このご本はやさしい語り口で私の胸に語って下さったのでした。
 そして、その著者古畑さんが新島々の駅前に小さなカフェを開いていることを知って、心暖まるご本をいただいたお礼をするべく訪れたのでした。
 古畑さんは予想通り、いっぱいの笑顔と、やさしいお言葉で私を迎えて下さいました。
 次の予定が迫り、ほんの短い時間のご面会でしたが、お店の名物、心づくしのカレーライスの美味しさも加わって、旅の連続で疲れた私の心に、いささかの栄養を注ぎ込んでいただいた時間となりました。
 きっと、国中のそこかしこにおいでの、こんな心やさしき方々の努力で、私たちの日本はかろうじて支えられているのかも知れない…。
 そんな思いを胸に、次の目的地伊那に向かったのでした。
       新島々_a0335202_17460210.jpg
新島々のカフェ

       新島々_a0335202_17412793.jpg
新島々駅

 多くの方々の手に支えられて昨年7月完成し、その上映の輪を全国に拡げている映画「あの日のオルガン」・・・、戦火から子どもたちの命を守るため、全国初の保育園の地方への疎開を行い、子どもたちの命を守り抜いた保母たちの奮闘の史実にもとづく映画です。
 この疎開保育園は、約一年におよぶ保母たちの苦闘のドラマでしたが、その疎開生活を全身全霊の努力で支えた保母は11名・・・その全てが20歳前後の若い娘たちでした。
 疎開保育園で子どもたちの命を守り抜いた保母たちは戦後、平和なそして民主主義の時代に、新たな保育の未来をつくるべくそれぞれの地域に飛び出し、戦後日本の保育運動のトップランナーとなってゆきました。
 青空保育園からスタートして、東京北区に豊川保育園を立ち上げた畑谷光代先生…。
 東京都三鷹市に井の頭保育園をつくり、その卒園式には必ず、東京大空襲で孤児になった疎開保育園の「健ちゃん」のお話を卒園児に語り続けていた福地トシ先生・・・。
 労働者クラブ生協の保育園を経て、神谷保育園をつくった福光えみ子先生…。
 そのお一人お一人の、変らぬ子どもと向かい合う情熱が、戦後の日本の保育のページを刻んできたのでした。
 そして戦争が終わってから74年・・・、そんな保母さんたちも一人、そしてまた一人と他界されて行きました。
 そして・・・、最後に残ったお一人が、先日静かに旅立たれました。
 伊井澄子先生・・・疎開保育園の保母の中では一番若い、当時は19歳の娘でした。
 東京で開催された、ある団体の上映会にご参加の方からご連絡がありました。
 伊井先生が最後に勤務された東京白金幼稚園の先生で、伊井先生のお世話をされているHさんからのご連絡でした。
 伊井先生がこの映画の完成を喜ばれて、是非観てみたい・・・DVDをしばらく貸して欲しい・・・とのご要請でした。
 よろこんでDVDをお送りして、伊井先生のご観賞のご報告をお待ち致しておりました。
 しかしながら・・・叶いませんでした・・・お体の具合が日々よろしくなく、映画をご覧いただけないままに息を引き取られた、とのお知らせがございました。
 最後まで〝保育はね・・・〟と、保育をお心にかけながらの旅立ちだったとのことでした。
 それでも、映画は完成し、あの時の保母たちが心を込めて語った〝子どもの命と平和〟への願いは全国に大きな輪と
なって拡がっています。
 合掌・・・。
       訃報_a0335202_18084942.jpg
映画「あの日のオルガン」


by cinema-tohoku | 2019-11-29 18:09 | 映画 | Comments(0)
 いつの間にか、北の地には秋が訪れていました。
 「あの日のオルガン」を携えて、久し振りの北海道、空港でレンタカーを借りて、一路道東へ…。
 何と、目に映る森の木々の葉は赤や黄色に色づいて、北の大地は秋まっ盛りの風情でした。
 社会に目をやるなら暗い話題ばかり…、国の未来に漠たる不安も覚える毎日でしたが、自然の営みは変わらずに四季の巡りを重ねていることに、安堵の思いにもさせられました。
 明日の釧路での試写会に間に合わないので、前日に仙台を発って、オフシーズンの安い宿を探して阿寒湖に一夜の宿をとりました。
 森の湖阿寒湖…数えれば何と52年ぶりの訪問でした。
 大学一年の夏休みに、当時〝カニ族〟と呼ばれていた流行にのって、リュックサックを背負い、ゴムサンダルを履いて20日間の北海道一人旅に出ました。
 それまでは両親の庇護のもと、ぬくぬくと育っていた私にとって、この旅は、新たな大学生活を始めるにあたっての、いささかの冒険でもありました。
 初めて泊ったユースホステルの独特の世界と、宿泊者同士の不思議な連帯感…車窓から流れる北の大地の壮大な姿…そして、ちょっとの異性との出会い…。
 その一つ一つが、私にとっては発見であり、青年の成長と自立の舞台でもあったのだとなつかしく思い返します。
 その旅の折に訪れたのが阿寒湖でした。
 あれから52年が流れていました。
 年も重ね、頭髪はすっかり白くなりましたが、52年前と変わらぬ熱き思いが、又私を阿寒湖の湖畔に立たせました。
 夕食の折の酒の酔いに誘われるようにして夜の湖畔へ…。
 振りあおげば、満天の星が私を見守っていました。
 〝子どもの命と平和〟… 今、かけがえのないこのテーマを一人でも多くの方々に・・・そんな思いを胸に刻んだ北の湖でした。
        阿寒湖_a0335202_13532351.jpg
阿寒湖に姿を映す雄阿寒湖



 「あの日のオルガン」には、2つの「ご当地」があります。
 一つは、戦火から逃れた子どもたちを受け止めた埼玉県平野村(現蓮田市)、そしてもう一つは、戸越保育所があった東京都品川区です。
 いずれの地でも、この映画製作企画を喜びをもって受け止めていただき、支援の運動は始まっていました。
 一歩先に上映の実現となったのは蓮田市、市民の運動に市も賛同し、以前のブログでご紹介した素晴らしい上映会となりました。
 そしてこれに続いて品川区でも、区民に向けた上映の動きが始まりました。
 幾度かにわたるていねいなご議論を経て、品川区上映に向けた実行委員会と試写会が開催されたのは8月20日、全国でも有名な元気な商店街「戸越銀座商店街」の一角にある、古い歴史のお寺の集会室でのことでした。
 当日は、あいにくの天候にもかかわらず、会場立錐の余地もない程多くの区民の方々がお集まりになり開会となりました。
 そして、この日の運動のスタートにおいでいただいたご来賓の方々は、まさにオールスター、とても賑やかなスタートとなりました。
 蓮田からは、「市民の会」を代表して2名の方、東京福祉大学の先生でライフワークとして「疎開保育」を研究されてきた西脇先生、立川からは、長年公立保育所に勤務されてきた大ベテランの先生が、そして、疎開保育園の園児で、3月10日の東京大空襲で孤児になった「健ちゃん」・・・。
 試写会が始まる前に、皆様方から語られるこの作品の今日的な意義に、ご参加者の方々は、上映成功への思いを一つにされた様でした。
 蓮田市に、そして品川区に・・・「オルガン」の2つの「ご当地」にあがった旗は、〝子どもの命と平和〟を願いながら、更に全国へとその輪を大きく拡げているのです。
        「オルガン」品川区上映_a0335202_16564853.jpg
品川区実行委員会

        「オルガン」品川区上映_a0335202_16425639.jpg
戸越銀座商店街



by cinema-tohoku | 2019-09-02 17:35 | 映画 | Comments(0)
 「あの日のオルガン」の製作企画を始めていた頃、是非観たい、と願っていた記録映画がありました。
 「或る保姆の記録」、発足間もない戸越保育所での子どもたちの生活を描いた作品です。
 戸越保育所が幼い子どもたちの命を育んでいたのは、東京都品川区でした。
 この地区は、大井町駅を中心とした、小さな工場が林立する労働者の街でもありました。
 戸越保育所の創設者となった大村栄之助・鈴子さんご夫妻は、労働者に心寄せるお二人でもあって、労働者の子どもを育てる場を・・・、そんな夢が実現して発足した戸越保育所でした。
 「或る保姆の記録」は、大村栄之助さんがその後、芸術映画社を立ち上げ、自らプロデュースして、戸越保育所での子どもたちの生活を見事に描いた作品でした。
 幸いこの作品が、私が以前勤務していた共同映画の倉庫にあることが分かり、共同映画のご好意で作品を拝見しました。
 作品は、大井町駅からはき出され、それぞれの職場に向かう、当時の労働者の姿が、生き生きと映し出される朝のシーンから始まります。
 そして、その後に展開される戸越保育所の生活には、戦争の影は全くなく、保母が父母と連携をとりながら、子どもたちと向かい合う姿が生き生きと描かれて行くのです。
 この作品の製作年は1942年・・・。
 この前年が日米開戦でしたから、日本中が戦争に狂奔していたあの時代に、よくぞここまでの製作を貫き通せたものだと・・・。
 製作者たちの平和への願いと、子どもたちへの深い愛情がにじみ出る作品でした。
 子どもたちの健やかな、そして平和な未来を願う戸越保育所の子育て理念が、1942年一本の優れた記録映画となり、そしてそれから77年を経て、今又、一本の劇映画として結晶した・・・。
 この保育所の創設者の思いも深く胸に刻みながら、「オルガン」の全国への旅を続ける私であります。
      記録映画「或る保姆の記録」_a0335202_10252247.jpg
或る保姆の記録


by cinema-tohoku | 2019-08-27 10:27 | 映画 | Comments(0)
 1945年3月10日未明から、東京下町を襲った悪魔の使いの如き怪鳥たちは、一夜にして10万人にのぼる人々の命を、無残にも奪って行きました。
 そのお一人お一人に生活の営みがあり、家族もありました。そして何より非戦闘員でした。
 この悲惨極まる無差別爆撃の実相は、作家の早乙女勝元さんらのご努力で掘り起こされ、語り継がれて来ていました。
 そして、あの日から長い時間が流れて行きました・・・。
 この間、ご体験者の方々の数も年々減少し、戦争体験の風化も語られ、この悲惨な事実は人の口にのぼることも少なくなって来ていました。
 それでも、忘れずに語り継ぐご活動をねばり強く、そしておやさしい言葉で語って来られたのが海老名香葉子さんでした。
 東京大空襲で家族を失い、その戦後を孤児として生きて来た海老名さんの胸には、いつも空襲でお亡くなりになった方々への鎮魂の願いがありました。
 その願いを実現するべく、上野の山に私費を投じて鎮魂の慰霊碑を建立、毎年3月9日に慰霊祭を行っていらっしゃいました。
 85歳を迎えられた海老名さんは、今年の慰霊祭で〝二度と戦争がおきてはならない。まだまだこの活動を続けて行きたい。〟と決意を語って下さいました。
 そして、翌3月10日の新宿ピカデリーにも、東京大空襲に思いを寄せた、平和を誓う声が響きました。
 この記念の日に上映中の「あの日のオルガン」・・・、74年前の東京大空襲を振り返り、平和への願いを語るべく、上映終了後の舞台に、平松監督、私、そして当時疎開保育園の園児だった3人の方々が並びました。
 疎開保育園での生活の時、東京大空襲で全ての家族を奪われ孤児となった〝健ちゃん〟、そしてあの3月10日の業火の下で一夜を過ごし、翌日まるで地獄絵図の様な焼け野原をさ迷い、幸い保母さんと巡り会い、連れられて疎開保育園に参加した佐瀬さんご姉妹・・・。
 映画を観終わった観客は、お一人お一人の語る言葉に驚き、共感し、平和への願いを胸の中に深く刻んで下さいました。
 どんな理屈を語ろうと、戦争は人類最悪の罪悪であり、平和は、そのよって立つお立場を越えて守り続けなければならない人が生きる基本の概念・・・そんな思いもこの日のオルガンは語ってくれたのでした。
        東京大空襲_a0335202_16140071.jpg
3月10日新宿ピカデリー舞台あいさつ

by cinema-tohoku | 2019-03-20 10:14 | 映画 | Comments(0)
 1月が駆け抜ける様にして去って行った2月4日、時ならぬ暖かさに包まれた東京で「あの日のオルガン」初の一般へのご披露となった、「プレミア上映会」が開かれました。
 会場となった、東京有楽町の丸の内ピカデリーには、開始前から待ちわびた観客の波・・・、600席を満席に埋めた華やかな雰囲気で開会となりました。
 この映画企画が最初に語られてから42年、私たちが再度の映画化に立ち上がってからも5年の時間が流れていました。
 今の時代に〝子どもの命と平和〟を語ろうとした私たちの願いは、いよいよそのスタートラインに立つことになったのでした。
 初のお披露目の舞台には、この映画で若き保母役を見事に演じて下さった、戸田恵梨香さん、大原櫻子さんはじめ5人の女優と平松監督が、そして、この映画で、必死になってその未来に生きた子どもを演じてくれた〝子役〟達も登場、会場は人へのやさしさと、映画への期待に包まれたのでした。
 開映・・・、会場を満席に埋めた観客は、笑いと涙でこの作品に応えて下さいました。
 そして、上映終了後には思ってもいなかったサプライズが・・・。
 主演の戸田恵梨香さんが再度ご登場下さったのでした。
戸田さんが舞台に立つや、会場からは驚きと感動のお声が・・・。
戸田さんは、こんなお話で観客との交流をはじめられたのでした。
 〝戦争ものにはこれまでも出演してこなかったので、はじめは、この出演のお話を聞いた時、お断りしようと思った。それでも・・・。私は神戸で生まれて阪神淡路大震災と6歳の時巡り合った。あの時見た真っ赤に染まる空を思い返した時、この戦争の時代を描く作品で、私でも出来ることがあるのでは・・・。そんな思いで出演を引き受けました・・・。〟
その後交わされた会場との感想のやりとりでは、感極まって泣き出す方も出るなど、心暖まる交流の場となったのでした。
こんなやさしさに包まれながら、この作品は全国への旅に発ったのでした。
人の幸せを願って・・・。
        プレミア上映会_a0335202_17440160.jpg
プレミア上映会



by cinema-tohoku | 2019-02-14 17:44 | 映画 | Comments(0)
 多くの方々の、やさしいお手に支えられて、映画「あの日のオルガン」が完成し、明年2月からの上映成功に向けて、全国でその準備が始められていました。
 そして、その先頭を切って上映実行委員会の発足に向けた「呼びかけ人会」が開かれたのが埼玉県蓮田市でした。
 1944年、戦火から子どもたちの命を守るため、東京品川区にあった戸越保育所は、保育園の疎開を決断しました。
 しかしながら、その前には乗り越えなければならない課題が山積していました。
 そして、その大きな一つが、場所の設定の課題でした。
 下は3才からの53名の幼児を生活させる場所・・・そして欠くことの出来ない食糧確保の課題も大きな問題でした。
 当時、この保育所を経営していた、恩賜財団大日本母子愛育会は、最大の努力でこの課題に向かい合いました。
 そして、その願いに手を重ねて下さったのが、埼玉県平野村(現蓮田市)の心やさしき方々でした。
 平野村高虫にあった無住の荒れ寺 妙楽寺が、疎開先を引き受けて下さり、食糧問題は、有難いことに、平野村の方々が食糧支援体制をつくってこれを支えることで疎開先は決定したのでした。
 それ以降平野村の方々は、子どもたちの命を守る心やさしきご支援の手で、疎開保育園を支えて下さったのでした。
 この平野村のやさしきお手がなければ、この53の幼い命は、地上から消えてしまっていたのかも知れなかったのでした。
 まさに平野村は、53人の子どもの命を救った村だったのでした。
 そしてあれから73年・・・この平野村の心やさしき歴史は、一本の映画となってこの地に生を授かったのです。
 この映画の製作支援に、先ずもって立ち上がって下さったのは蓮田市民の有志の方々でした。
 この市民の方々の熱い思いは、短い時間の中に市内に共感の輪として拡がって行きました。
 そして、この願いに熱く賛同して下さったのが蓮田市長さんでした。
 映画をご覧になって大感激・・・ 子どもたちの健やかな成長に赤信号の灯った現代社会に、「子どもの命」を感動と共に語るこの作品は、蓮田市民の誇りでもある・・・そんな市長さんの思いは、これも市内多くの方々の共感ともなり、11月8日蓮田市上映成功をめざす上映実行委員会の「呼びかけ人会」が、開催されたのでした。
 当日は、市内の主だった団体の方々がご参加され、「子どもの命を救った町蓮田」の誇りを市民の心に語る運動、そしてそんな蓮田の誇りの全国発信へのスタートは、この日切られたのでした。
 この共感の輪を、10,000名の市民の心につなぐ夢を語りながら・・・。
          蓮田市からの全国発信_a0335202_16575645.jpg
蓮田市呼びかけ人会議






by cinema-tohoku | 2018-11-19 15:30 | 映画 | Comments(0)
 ここしばらく、「あの日のオルガン」全国上映のしくみづくりで東京出張が続いていました。
 幸い多くのご支援を得ることが出来、作品は完成し、二転三転しながらも全国公開の大筋がほぼ見えて来たので、「全国上映運動」づくりに久しぶりに関西を訪れました。
 昨日は、神戸、大阪で保育団体との話し合い、その後京都に移動して、今日の朝は久しぶりに京都で迎えました。
 いささか疲労気味の我が心身のリフレッシュも願って朝の散歩へ・・・1時間半程かけて京の町を巡りました。
 夏のあの殺人的な酷暑もどこへやら・・・空一面を彩る鱗雲は、京都の町への秋の訪れを告げていました。
 宿を出た足はいつの間にか東に向かい、歩きながら、ほどなく私の胸にはその目的が形になっていました。
久しぶりに清水寺を訪れようとする思いが。
 そして、清水寺の境内の一角に立つ「記念碑」を訪れる目的が・・・。

 1998年、いくつかの夢を描きながらシネマとうほくを設立した時、私の胸には一本の映画製作の夢が明らかな形となっていました。
 私を生み育てた岩手の地に刻まれた、北の誇りをこの映画を通して語ろうとする夢が・・・。
 思いを込めて製作に取り組んだ作品は、長編アニメーション「アテルイ」でした。
 今から1200余年前、東北の地は遠く縄文から受け継いだ文化を引きつぐ平和な、そして豊かな地でした。
 その頃、近畿に拠点を持った強大な国家ヤマトは、その版図を全国に拡げていました。
 そして、最後までヤマトの意図になびかなかった北の地を我がものとするため、強大な軍勢を送って来たのでした。
 北の民を「エミシ」とさげすみながら・・・。
 その不当な侵略に抗して、故郷の生活と誇りを守るために立ち上がった勇者達がいました。
 そして、その先頭に立ったのが、若き勇者アテルイでした。
 地の利を生かしたエミシの騎馬軍団は、圧倒的なヤマトの軍勢を相手に見事な戦いを続けましたが、その戦いは長期におよび、北の民をヤマトによって根絶やしにされることから守るため、アテルイはヤマトの指揮官坂上田村麻呂に降伏を申し出、盟友のモレ共々500騎で京に連行され、802年河内国杜山(現枚方市)で惨殺されたのでした。
 そんな北の勇者たちを顕彰しよう・・・そんな声が岩手を中心にあがったのは、アテルイ没1200年の記念の年のことでした。
 この年に、私たちのアニメ「アテルイ」は完成し、西の地には坂上田村麻呂が願主となって建立された清水寺の一角に、北の地の英雄を顕彰する碑が森貫主様の揮毫で除幕されたのでした。
 それ以降、京都を訪れた時間をぬっては、碑に手を合わせて来ていました。
 久しぶりに訪れた清水寺には、変わらずに「アテルイ・モレの碑」が秋の空を背景に北の誇りを語っていました。
 36年来の思いがかなって完成した「あの日のオルガン」の成功と、アテルイたちが命をかけて守ろうとした平和への願いを込めて、思わず両の手を合わせた京都の朝でした。
         清水寺_a0335202_11083461.jpg
京都の空を彩る鰯雲
         清水寺_a0335202_11085839.jpg
阿弖流為 母禮の碑