人気ブログランキング |

タグ:スローシネマ ( 18 ) タグの人気記事

 「あの日のオルガン」上映運動実現の願いを携えて、三日月滋賀県知事とご面会したのは、昨年の5月のことでした。
 幸い上映運動へのご賛同をいただき、それ以降丁寧に時間をかけながら準備をして来た、滋賀県での「オルガン」上映運動は、琵琶湖畔のまち東近江市からスタートを切ることになりました。
 昨日は、市のお呼びかけに応えて、約30人の市内各団体の代表の方々がお集まりになっての「あの日のオルガン」東近江市上映実行委員会発会総会が開かれ、市からご提案の2000名市民参加の上映運動を全員一致で決定、滋賀県全県上映運動はいよいよそのスタートを切ることになりました。
 そして明けて翌日は、南国宮古島へ・・・東京でこの映画をご覧になった、たった一人の女性の〝宮古島での上映を実現したい!〟・・・こんな願いが一歩一歩、市内にご賛同の輪を拡げて、この日は上映成功に向けた試写会でした。
 東近江では、冷たい風にコートの襟を立てていたのに、南の島はもはや初夏の装い、あざやかな色彩の花々が咲き、野の緑はその色を深めていました。
 ホテルに荷を解き、コートを置いての試写会場までの30分の道のりは、うっすらと汗ばむには充分な陽気でした。
 それにしても、「オルガン」の上映は、まことに多様な形で展開しています。
 行政が呼びかけてご賛同の団体でつくられる実行委員会…この映画を観て欲しい、その一点で個人が手を結んだ実行委員会…大学保育科の先生が呼びかけて、地域につくられた上映運動…国際ソロプチミストが主催した上映…。
 この作品が、こんなにも多様な方々の共感を得ているのは、子どもたちの健やかな未来が、それ程危機的な状況におかれていることの証左なのかも知れませんし、又この作品が、観る者の胸に子どもたちの命の輝きを語らずにはいられない…そんな反映なのかも知れません。
 全国に向けた上映が始まって一年…、「オルガン」はまもなくその上映を300ヶ所に拡げて、子どもの命と平和への願いを響かせています。
 ゆっくりと、時間をかけながら、人と人との心をつなぎながら…。
       多様な上映_a0335202_17403425.jpg
沖縄の春を彩るハイビスカス


by cinema-tohoku | 2020-02-06 17:46 | 映画 | Comments(0)
 松本から約15㎞、小さな、まるでおとぎの国の電車に乗って、山あいの終着駅新島々を訪れました。
 釜トンネルが開通するまでは、北アルプスの玄関口上高地へのルートは、島々から徳本峠を越えての道のり…数々の山岳紀行にも語られ、一度は訪れてみたいと思っていた駅でした。
 「オルガン」の長野県での仕事が相次ぎ、その狭間になった日曜日の空いた時間を利用しての新島々訪問には一つの目的がありました。
 新島々駅前にある一軒のカフェを訪れる…そんな目的でした。
 ことのきっかけは昨年末、「オルガン」の松本市上映のご希望が届けられ、それでは先ずもって映画をご覧いただくことから始めようと、松本を訪れた時のことでした。
 試写会が終わった後お食事の時に、この上映の中心メンバーのYさんから一冊のご本を頂戴しました。
 彼女の友人の方がお書きになった「ピアニストの兵隊さん」、そんな題のご本でした。
 帰路の列車の中で拝読して、心の中をさわやかな風が吹き抜けるような感動を覚えました。
 時代は「オルガン」と同じく、あの戦火の時代。
 あの厳しかった時を、一人の教師として子どもたちと向かい合いながら、精いっぱいの思いで、子どもたちを守り育てたのは、著者古畑博子さんの母上でした。
 ピアノを弾いて子どもたちと歌を歌うのが好きだった彼女が、戦後進駐してきた米兵とピアノの演奏を通して、その心を通わせ合った史実を描いたお話でした。
 あの戦火の時代、〝鬼畜米英〟の言葉で〝敵〟への恐怖心をあおり、戦争への道をひた走った日本でしたが、平和と音楽をそこに置いた時、人と人は国境を超え、信じあい、心を通わせ合えることを、このご本はやさしい語り口で私の胸に語って下さったのでした。
 そして、その著者古畑さんが新島々の駅前に小さなカフェを開いていることを知って、心暖まるご本をいただいたお礼をするべく訪れたのでした。
 古畑さんは予想通り、いっぱいの笑顔と、やさしいお言葉で私を迎えて下さいました。
 次の予定が迫り、ほんの短い時間のご面会でしたが、お店の名物、心づくしのカレーライスの美味しさも加わって、旅の連続で疲れた私の心に、いささかの栄養を注ぎ込んでいただいた時間となりました。
 きっと、国中のそこかしこにおいでの、こんな心やさしき方々の努力で、私たちの日本はかろうじて支えられているのかも知れない…。
 そんな思いを胸に、次の目的地伊那に向かったのでした。
       新島々_a0335202_17460210.jpg
新島々のカフェ

       新島々_a0335202_17412793.jpg
新島々駅

 時間の流れの余りの早さには驚かされるばかり・・・又、師走の節が巡って来ました。
 改めて手帳を開いて今年を振り返って見れば、それはまさに「あの日のオルガン」一色に彩られた一年でした。
 この作品は、はじめの頃はなかなかに動きが重く、その展開をいささか心配していましたが、やっと動きが見えて来た様に思えて来ました。
 決して派手ではないが、それでも上質なこの作品が全国に届くのには、これ位の時間が必要だったのかも知れません。
 昨日からは、「オルガン」を携えて長野県を訪れていました。
 昨夜は松本市での初の試写会、何人かの方々にご覧いただいて、松本市上映実現にご賛同いただけるなら、上映に向けた動きをおこそうとの〝先ずもっての試写会〟でした。
 この動きのきっかけも、まさに手渡し・・・。
 前橋でご覧になった方が大感激・・・松本でチェルノブイリ支援活動をされている友人の方にお電話・・・その方とのご相談で実現した試写会でした。
 この試写会には、多彩な年齢層の方25人程が参加して下さり、スクリーンで展開されるドラマを涙をぬぐいながらご覧いただきました。
 そして、幸いにも皆様方のご賛同を得て、松本上映はその成功に向けて動き出すことになりました。
 また、昨夜は遠く上田市からご参加の方が・・・。
 何と、疎開保育園の保母さんだった福地トシ先生が立ち上げた井の頭保育園に息子さんを通わせていて、福地先生とお会いしていたと・・・。
 上映後、上田市での上映実現を熱く語って下さいました。
 明けて今日は、塩尻市での〝先ずもっての試写会〟。
 これ以外にも、松川町・大町市での上映実現に向けた準備が始められるなど、やっとオルガンの音は、信州に響き始めたことも実感させられています。
 私達は、今の時代に生きる自主的な上映運動を「スローシネマ上映運動」と名付けて、これまでもいくつかの作品の全国上映を展開して来ました。
 その中でも、「オルガン」は際立ってスローシネマなのかも知れません。
 あきらめずに・・・ていねいに・・・。
 「オルガン」の上映の輪は、来年にも引き継がれて行きます。
        スローシネマ_a0335202_14023439.jpg
朝の松本城



by cinema-tohoku | 2019-12-06 14:03 | 映画 | Comments(0)
 阿寒湖から始まった北海道の旅、明けて翌日は、国際ソロプチミスト釧路アミティが主催した「あの日のオルガン」の釧路での試写会でした。
 以前、札幌の試写会でご覧になった、市議会議員の会員さんが大感激、今年創立25年を迎える会の記念行事での上映を・・・そんな願いで開かれた試写会でした。
 試写会には、会場をいっぱいに埋めた、市内各団体の90名の方がご参加、流れる涙をぬぐいながら上映の成功を誓い合う試写会となりました。
 本番の上映は12月8日、78年前の日米開戦の記念の日に、平和を願う北海道第一号の旗が釧路に立つことになりました。
 そして翌日は名寄市・・・。
 ことの始まりは、名寄市立大学保育科の先生が学生さんを連れて札幌の映画館でこの映画をご覧になったことからでした。
 幸い、お二人とも映画に大感激、私にご連絡をとって下さり、以前お二人とお会いして、上映の仕組みと進め方をお伝えしていました。
 数日経って学生のY君からお電話が・・・学生が中心になって名寄市上映を実現したい、相談にのってくれ・・・とのことでした。
 それでは、先ずもって何人かお仲間に集まってもらい、映画をご覧いただくことから準備を始めよう・・・こんな経過でのこの度の試写会でした。
 試写会には、5人の学生さんと一人の先生にご参加いただき、上映終了後は、感動で頬を染めた若き学生さんたちから、私たちの手で名寄市民に向けた上映会を実現したい・・・そんな熱い思いが語られ、全員一致でその歩みはスタートをすることになったのでした。
 現代の若者たちを巡っては、必ずしも積極的ではない話題も数多く語られている現代・・・それでも語られた若き学生たちの決意は私の胸を熱くさせました。
 〝子どもの命と平和〟を願うもう一つの旗は、道北の若者たちの手で高らかに掲げられようとしています。
      若者たち_a0335202_17251558.jpg
若者たちが学ぶ名寄市立大学



by cinema-tohoku | 2019-10-08 17:27 | 映画 | Comments(1)
 いつの間にか、北の地には秋が訪れていました。
 「あの日のオルガン」を携えて、久し振りの北海道、空港でレンタカーを借りて、一路道東へ…。
 何と、目に映る森の木々の葉は赤や黄色に色づいて、北の大地は秋まっ盛りの風情でした。
 社会に目をやるなら暗い話題ばかり…、国の未来に漠たる不安も覚える毎日でしたが、自然の営みは変わらずに四季の巡りを重ねていることに、安堵の思いにもさせられました。
 明日の釧路での試写会に間に合わないので、前日に仙台を発って、オフシーズンの安い宿を探して阿寒湖に一夜の宿をとりました。
 森の湖阿寒湖…数えれば何と52年ぶりの訪問でした。
 大学一年の夏休みに、当時〝カニ族〟と呼ばれていた流行にのって、リュックサックを背負い、ゴムサンダルを履いて20日間の北海道一人旅に出ました。
 それまでは両親の庇護のもと、ぬくぬくと育っていた私にとって、この旅は、新たな大学生活を始めるにあたっての、いささかの冒険でもありました。
 初めて泊ったユースホステルの独特の世界と、宿泊者同士の不思議な連帯感…車窓から流れる北の大地の壮大な姿…そして、ちょっとの異性との出会い…。
 その一つ一つが、私にとっては発見であり、青年の成長と自立の舞台でもあったのだとなつかしく思い返します。
 その旅の折に訪れたのが阿寒湖でした。
 あれから52年が流れていました。
 年も重ね、頭髪はすっかり白くなりましたが、52年前と変わらぬ熱き思いが、又私を阿寒湖の湖畔に立たせました。
 夕食の折の酒の酔いに誘われるようにして夜の湖畔へ…。
 振りあおげば、満天の星が私を見守っていました。
 〝子どもの命と平和〟… 今、かけがえのないこのテーマを一人でも多くの方々に・・・そんな思いを胸に刻んだ北の湖でした。
        阿寒湖_a0335202_13532351.jpg
阿寒湖に姿を映す雄阿寒湖



 振り返れば、蓮田市の製作上映運動は、そのスタートから2年を数えていました。
 戦火から逃れて来た、53人の幼い命を守った、誇り高い蓮田の歴史を語ろうとする運動は、劇場上映に引き続く第2次上映の全国トップを切って行われ、その上映は見事な大輪の花を咲かせたのでした。
 初めにこの運動のお声をあげたのは、心やさしき市民の方々でした。
 〝子どもの命と平和〟を語るこの作品を完成させ、蓮田の地から全国に発信しようとした市民の方々は、〝支える会〟をつくり、この映画の製作支援活動を展開して下さいました。
 そんな願いは、急速に数多くの市民の方々のご賛同となり、市をも巻き込んだ運動として育って行きました。
 こんなご支援に支えられて完成した作品を、次の課題として多くの市民の胸に届けようと、〝支える会〟と市が中心になって、映画「あの日のオルガン」蓮田市上映実行委員会が結成されたのは、本年2月のことでした。
 子どもたちの健やかな成長に赤信号が灯った現代社会に、子どもの命の輝きを語ろうとした実行委員会の皆様は、その観客目標を何と人口(5万人)の20%、10,000名に設定して、その歩みを始めたのでした。
 こんな市民の情熱に応えて下さったのが、蓮田市と蓮田市教育委員会でした。
 〝子どもの命と平和〟を語り、そしてあの戦火から幼い命を守った故郷の歴史を、蓮田の未来を担う子どもたちの胸に伝えようと、市内全小中学生の観賞を決定して下さったのでした。
 この決定に心を強くした実行委員会の皆様は、市民に向けて前売り券の販売活動を展開して行ったのでした。
 そして迎えた4日間にわたった蓮田市上映会は、入場者数4200名の熱い心の輪となってつながったのでした。
 さかのぼる2月に行われた映画館上映では、1300人の蓮田市民の方々が既に鑑賞していましたので、小中学生4500名を加えるなら、その総数は目標としてかかげた何と10,000名!
 閉塞感でいっぱいになってしまった現代社会に灯った〝子どもの命と平和〟を願う灯は、蓮田の地に誇り高くかかげられたのでした。
        「あの日」蓮田市上映大成功!!_a0335202_17161312.jpg
蓮田市上映


by cinema-tohoku | 2019-08-06 17:19 | 映画 | Comments(0)
 母なる湖琵琶湖を、その県の中央にかかえる滋賀県に、「あの日のオルガン」の全県上映成功への旗が掲げられようとしています。
 きっかけは、参議院議員会館で開催された、国会議員さんに向けた試写会からでした。
 この試写会の中心になって、その実現にご尽力いただいた参議院議員Aさんから、上映後、感激した・・・上映の成功に協力したい・・・、こんな有難いお申し出をお受けして、つないでいただいたのが滋賀県知事でした。
 「あの日のオルガン」で主役をつとめ、力強い疎開保育園の主任保母役を演じていただいた戸田恵梨香さんが、9月から放送のNHK朝ドラの主役に決定し、このドラマの舞台が滋賀県であったご縁をたどっての、ご紹介のお願いでした。
 お会いした三日月知事は、若々しい笑顔で私を迎えて下さり、子どもの命と向かい合い、子どもたちの健やかな未来を願う、この作品のこころに大きくご賛同いただきました。
 そして、先ずもって、ご自身と県内の関係団体の方々にご覧いただくことから、その一歩を・・・とのご意向を語られて、6月26日の滋賀県初の試写会と相成ったのでした。
 当日は、知事を始めとした県庁関係者、県内の首長様、保育関係者、遺族会・・・等、70名程の方々にご参加いただき、私の冒頭のあいさつで上映はスタートしました。
 ご参加の皆様は、ドラマの進行を身じろぎもせずに見入って下さり、東京大空襲以降は、会場のそこここに、涙をぬぐうお姿が見られ、上映終了後は満場の拍手でこの作品に応えて下さいました。
 最後のごあいさつに立たれた三日月知事は、5月に大津市で起きた保育園児を巻き込んだ悲惨な事故にも触れながら、〝この映画の全県上映を通して、広く県民の心に、子どもの命を語って行きたい・・・〟と、ご決意も語って下さいました。
 近江の地に、〝子どもの命と平和〟を願う旗は、まもなく高らかにたなびきそうです。
          滋賀県_a0335202_15223902.jpg
三日月知事のごあいさつ


 こんな名前の団体があることをご存知ですか。
 故、日野原重明先生が呼びかけられて発足した組織で、知的で生き生きとしたシニアをめざそう、との願いで全国に拡がった組織です。
 こんな素晴らしい理念を掲げて活動を続けて来た「新老人の会宮城」の方から、「あの日のオルガン」について会員の前で話して欲しい、とのご要請を受けました。
 仙台の映画館でご覧になった会員の方からのご希望だった、とのお話でした。
 人様の前でお話をすることは、私の本業ではありませんでしたので、いささかの躊躇はございましたが、熱いご依頼を受けては、もはやお断りをすることも出来ず、お引き受けしてのぞんだ当日でした。
 会場には、各方面でご経験を積んで来られたことを推測させる、30数名の方々においでいただき、一時間を超える私の話にお耳を傾けて下さいました。
 話の終了後、会場の方々からは、〝情熱たっぷりの話に感動した・・・。〟〝一本の映画をつくるのに、沢山の人の手が合わさっていることが良く分かった・・・。〟など、過分な評価のご発言もいただき、ホッと胸をなでおろした私でありました。
 会の始まる前にお聞きしましたら、新老人の会宮城会員の平均年齢は80歳とのこと。
 年を重ねても、知的な好奇心を旺盛にして、社会に向けてその持てる経験とおとろえない力量を発揮し続ける会員の方々の生き方に、私が学ばせていただいた一日でもありました。
 年も70年を数え、肉体的な衰えを実感しながら、仕事に向かい合う私にとって、諸先輩達のこんな生き方は、とても刺激的なものでもありました。
 42年来の思いが叶って、又多くの方々の暖かい手に支えられて、この世に生を授かった「あの日のオルガン」、全国に向けて上映運動の働きかけを続けていましたが、思いのほか苦戦中でありました。
 それでも、この作品はかけがえのない我が子・・・ていねいに、時間もかけながら、その個性も見極めながら育てて見よう・・・、この作品をご覧になった方々のご評価は圧倒的なものですから・・・。
 そんな思いも胸に刻みながら、帰路についた私でありました。
        新老人の会_a0335202_10004513.jpg

by cinema-tohoku | 2019-07-01 10:02 | 映画 | Comments(0)
 節約の思いで、閑散期をねらって片道5200円のピーチでの久し振りの北の大地です。
 仙台は、桜の満開を迎えていましたが、訪れた北の地の桜の開花はまだ遠く、吹く風も冷たく感じられています。
 更生保護の心を語るべく製作した「君の笑顔に会いたくて」も、その上映をスタートしてから間もなく2年を迎えます。
 この間、各地保護司会の方々を中心とした上映の輪は全国に拡がり、その数は既に170ヶ所を数えるまでに育って参りました。
 そして迎えた本年度、更生保護が制度化されてから70年の周年の年・・・法務省ともご相談を重ねて、この周年に向けて更に上映の輪を拡げようと、チラシもリニューアル、そして上映の仕組みにも一考を加えて、全国へのお呼びかけを始めたところでした。
 今回の北海道への訪問は、「あの日のオルガン」の上映基盤づくりに加えて、「君の笑顔に会いたくて」の上映促進を願ってのことでした。
 北海道での「君の笑顔に会いたくて」の上映は、ここに至るまでに大きな拡がりを道内につくって下さっていました。
 ホール上映では、仙台に続いて全国第2位の観客数となった旭川市、市と保護司会が手をつないで見事な上映となった釧路市、そして社会を明るくする運動の一環として取り組んだ北見市・・・その上映は既に道内10ヶ所を数え、その一ヵ所一ヵ所に、心通う地域社会を願った主催者が織り成した数々のドラマがありました。
 空港から先ずもって訪れた室蘭保護司会の皆様方は、私の携えた願いに熱い共感の思いを重ねて下さいました。
 担当エリアが大きく拡がり、なかなかていねいな手当てが出来ないもどかしさを抱えながらのこの度の北の地へのご訪問・・・やっと天候も回復した青空のもと、今日は旭川まで足をのばして見るつもりです。
 人と人とが心を交わせ合い、子どもたちがその未来に向けて希望を語りながら成長することの出来る社会を願いながら・・・。
        北の大地_a0335202_16443594.jpg
「君の笑顔に会いたくて」更生保護制度70周年チラシ

        北の大地_a0335202_14540165.jpg
北大のポプラ並木

by cinema-tohoku | 2019-04-17 16:47 | 映画 | Comments(0)
 車で2日間の岩手への出張でした。
 昨日は、午後から三陸沿岸を通って、最後の予定地久慈市から仙台への帰途へ。
 間もなく4月・・・もはや雪の心配はないだろうと、車を走らせた夜の東北自動車道は、途中から何と吹雪・・・あまりの吹き降りに前方は見えなくなり、道路の白線も雪にかくれ、ほうほうのていで仙台に戻って来ました。
 そして、その翌日に訪れた東京は桜の満開・・・街は桃色一色に彩られていました。
 まるで魔法のトンネルをくぐった様な季節の移り変わりに、改めて南北に連なる日本列島を実感させられました。
 色彩の乏しい冬から巡った桜の春・・・何とも華やかなこの風情は、行き交う人々も心を浮き立たせているように思えるのです。
 そんな東京の姿に目を向けながら、胸によぎるのは通り過ぎて来た岩手県三陸沿岸の街の姿・・・。
 大惨禍から8年、街は新たな姿に変り始めているのですが、そこここにまるで櫛の歯が抜けた様な空地が目立つ「新しい街」なのです。
 ここに再び人の生活の営みがよみがえり、街のにぎわいを取り戻すことが出来るのか・・・。
 そして、皆が笑顔を交し合う真の春の季節を迎えることが出来るのか・・・。
 東京の咲き誇る桜を見つめながら、そんな思いにさせられた春の一日でした。
        満開の桜_a0335202_13352633.jpg
満開の桜
        満開の桜_a0335202_13360115.jpg