タグ:アテルイ ( 3 ) タグの人気記事

 ここしばらく、「あの日のオルガン」全国上映のしくみづくりで東京出張が続いていました。
 幸い多くのご支援を得ることが出来、作品は完成し、二転三転しながらも全国公開の大筋がほぼ見えて来たので、「全国上映運動」づくりに久しぶりに関西を訪れました。
 昨日は、神戸、大阪で保育団体との話し合い、その後京都に移動して、今日の朝は久しぶりに京都で迎えました。
 いささか疲労気味の我が心身のリフレッシュも願って朝の散歩へ・・・1時間半程かけて京の町を巡りました。
 夏のあの殺人的な酷暑もどこへやら・・・空一面を彩る鱗雲は、京都の町への秋の訪れを告げていました。
 宿を出た足はいつの間にか東に向かい、歩きながら、ほどなく私の胸にはその目的が形になっていました。
久しぶりに清水寺を訪れようとする思いが。
 そして、清水寺の境内の一角に立つ「記念碑」を訪れる目的が・・・。

 1998年、いくつかの夢を描きながらシネマとうほくを設立した時、私の胸には一本の映画製作の夢が明らかな形となっていました。
 私を生み育てた岩手の地に刻まれた、北の誇りをこの映画を通して語ろうとする夢が・・・。
 思いを込めて製作に取り組んだ作品は、長編アニメーション「アテルイ」でした。
 今から1200余年前、東北の地は遠く縄文から受け継いだ文化を引きつぐ平和な、そして豊かな地でした。
 その頃、近畿に拠点を持った強大な国家ヤマトは、その版図を全国に拡げていました。
 そして、最後までヤマトの意図になびかなかった北の地を我がものとするため、強大な軍勢を送って来たのでした。
 北の民を「エミシ」とさげすみながら・・・。
 その不当な侵略に抗して、故郷の生活と誇りを守るために立ち上がった勇者達がいました。
 そして、その先頭に立ったのが、若き勇者アテルイでした。
 地の利を生かしたエミシの騎馬軍団は、圧倒的なヤマトの軍勢を相手に見事な戦いを続けましたが、その戦いは長期におよび、北の民をヤマトによって根絶やしにされることから守るため、アテルイはヤマトの指揮官坂上田村麻呂に降伏を申し出、盟友のモレ共々500騎で京に連行され、802年河内国杜山(現枚方市)で惨殺されたのでした。
 そんな北の勇者たちを顕彰しよう・・・そんな声が岩手を中心にあがったのは、アテルイ没1200年の記念の年のことでした。
 この年に、私たちのアニメ「アテルイ」は完成し、西の地には坂上田村麻呂が願主となって建立された清水寺の一角に、北の地の英雄を顕彰する碑が森貫主様の揮毫で除幕されたのでした。
 それ以降、京都を訪れた時間をぬっては、碑に手を合わせて来ていました。
 久しぶりに訪れた清水寺には、変わらずに「アテルイ・モレの碑」が秋の空を背景に北の誇りを語っていました。
 36年来の思いがかなって完成した「あの日のオルガン」の成功と、アテルイたちが命をかけて守ろうとした平和への願いを込めて、思わず両の手を合わせた京都の朝でした。
a0335202_11083461.jpg
京都の空を彩る鰯雲
a0335202_11085839.jpg
阿弖流為 母禮の碑



[PR]

a0335202_10102636.jpg

 以前のブログでも触れました。

 昨年春、私たちシネマとうほくが思いを込めて製作した長編アニメーション「アテルイ」で、アテルイの盟友モレ役を見事に演じていただいた平野さんからお申し出がございました。


 ご自身が講師をされている大阪芸術大学声優科コースの卒業製作作品として、このアニメのシナリオをもとに朗読劇を製作したいと・・・。

 そして一年におよぶ製作が終了、先日その発表会がございました。

 平野さんからお招きを受けて参加のご返事を差し上げておりましたが、急に仕事の調整がつかなくなり、参加できないでおりましたところ、平野さんから全編のDVDが送られて来ました。

 拝見させていただき、正直感動致しました。

 何せ、演じているのは皆、大学を巣立とうとする20代前半の若者たち。

 役柄の設定上、いささかの無理を感じるところもございましたが、観ているうちにいつの間にかドラマの中に引き込まれ、ラストシーンに差し掛かるころには思わず涙・・・。

 私の胸にさわやかな感動を語って朗読劇はエンドを迎えたのでした。

 遡ること約1200年前、故郷の誇りと平和を願ってヤマトの大軍に立ち向かったアテルイと勇者たちの熱い思いは、若者たちの手で現代に見事に蘇ったのでした。

 時代の閉塞感が語られ、力の強いそして富めるものが、社会的な弱者を押しのけるかの如き現代社会・・・。

 そんな時代の中に今生きている若者たちは、この一連の製作と公演を通して何を学んだのでしょうか・・・。

 さわやかな感動と共に、彼ら彼女らのこれからの行く手の幸せを祈った一日でした。

a0335202_10104346.jpg
アテルイの盟友モレ



[PR]

a0335202_11375772.jpg

「アテルイ」...懐かしい題名の朗読劇のシナリオが私のもとに届きました。

ことの始まりは17年前にさかのぼります。

 意を決して長年お世話になった共同映画から独立し、東北の地にシネマとうほくを立ち上げた時、私の胸には一本の映画製作の決意がありました。

 「アテルイ」...今から約1200年前、古代東北のエミシの勇者をテーマに長編アニメーションを製作し、未来に向けて生きようとする東北の子どもたちに正しい歴史の手渡しと、併せて故郷への誇りを語ろうとした決意でした。

 かつて東北は幾多の不当な「差別」にさらされてきました。

 暗く・貧しく・劣っている...東北の地はこんな言葉に彩られ、それ故の悲しい過去も数多く経験してきました。

 東北岩手に生を受けた私もこの例外ではありませんでした。

 しかしながら、共同映画に自らの生きる道を求め、その仕事を通して多くの方々とお会いする中で、まさに衝撃的な事実との出会いは私の胸を大きく動かしたのでした。

 今から約1200年前、東北の地は遠く縄文の歴史と文化を受け継ぎ、自然と心を通わせながら慎ましやかにその生を営んでいました。

 その頃、大陸から渡来してきた民たちは、近畿地方に「ヤマト」を打ち立て、その版図を全国に向けて拡げつつありました。

 そして、最後まで「ヤマト」の拡大になびかなかったのが、深い縄文の森に守られた東北の地だったのでした。

 「ヤマト」は東北の民を「エミシ」と蔑み、必ずやヤマトの王のもとにひれ伏させるのだ...と語りながら侵略の圧倒的な大軍を送って来ました。

 これに対し、かかんに立ち上がり、故郷の生活と誇りを守る戦いに立ち上がった勇者達がいました。

 そして、その闘いの先頭に立ったのが若き勇者アテルイであったのでした。

 789年、後に巣伏の戦いと呼ばれた最初の軍事的衝突では、押し寄せたヤマトの大軍を迎え撃ち、少数ながら、エミシ軍はこれを完膚なきまでに打ち破り都に追い返したのでした。

 しかしながら、圧倒的な物量で攻め寄せるヤマトとの戦いは長期にわたり、疲弊しきった東北の民の根絶やしを避けるため、アテルイは自ら投降し、京の都にひきたてられて行ったのでした。

 その後、統一日本の一部となった東北各地には、「鬼伝説」が語られるようになりました。

 悪い鬼が人々を苦しめていた、都から勇者がやってきてこの鬼を懲らしめて民を救った...。

 この中に語られる「鬼」こそ、その真の姿は東北の誇りをかけて勇敢に立ち上がった勇者たちであり、これを退治したとされるのが、ヤマト侵攻軍の先頭に立った坂上田村麿その人だったのでした。

 アテルイ死後の東北の歴史は白を黒に置き変えて語られ、その後の東北の悲しい歴史の原点はまさにここにあったことを知った私の胸は大きく揺さぶられたのでした。

 いつの日にか、「アテルイ」をテーマに映画をつくり、東北の誇り高い歴史をそのままの姿で東北の子どもたちに伝えたい...。

 そんな私の願いは、幸い岩手県知事(当時の増田寛也知事)はじめ多くの方々のご賛同となり、映画は2001年完成を迎えたのでした。

a0335202_11380517.jpg

 そしてその作品の中で、素晴らしいプロの技でアテルイの盟友モレ役をつとめていただいたのが、声優平野正人さん(岩手県八幡平市出身)であったのでした。

 久しぶりに平野さんからお電話があったのは、年も明けて間もない頃であったと記憶しています。

 現在、大阪芸術大学声優科で教鞭を取って声優を目指す若者と向かい合っている平野さんは、明春、大学を旅立つ卒業生の卒業製作として私たちのつくった「アテルイ」のシナリオをもとに朗読劇を製作したい...。こんな熱い思いを私に語って下さったのでした。

 このお申し出を喜んでお受けし、製作されたシナリオが私の元に届いたのでした。

 今から約1200年前、故郷を守るため立ち上がった東北の勇者たちが明年 3月大阪の地によみがえるのです。

 アテルイ斬殺の地、枚方市をそばにした大阪市の地に...。


a0335202_11381368.jpg


[PR]
by cinema-tohoku | 2015-06-01 11:45 | 映画 | Comments(0)