人気ブログランキング |

タグ:つむぐもの ( 3 ) タグの人気記事

 里山の木々をやさしい春の雨がぬらし、心さえ不思議に穏やかにさせられる卯月、思いを込めて製作が続けられて来た「つむぐもの」福井県上映の第一歩となる完成披露試写会が、越前市和紙の里で開催され、600席の会場を満席に埋めた福井県民は、越前を舞台に展開される心のドラマを堪能しました。

 この試写会には、監督の犬童さん、そして主演の石倉三郎さんも駆けつけてくださり、舞台からの心を込めたご挨拶に満場の観客は熱い拍手で応えて下さいました。

 今やほとんどの映画館が「シネコン」にその姿を変え、公開のしくみもすっかり変わってしまいました。

 かつての映画の公開は、都市部から地方へ...数ヶ月をかけて一本の映画が国中に拡がって行ったのでしたが、効率性を重視する「シネコン」はこんな時間のかかることは受け入れませんでした。

 結果、現在は全国一斉公開、そして数字をあげることの出来ない作品はたちまちのうちに切り捨てられてしまうのです。

 まさに大量消費文明を絵に描いた様なしくみが、本来時間もかけて育てるべき「文化」としての映画の世界にまで持ち込まれてしまっているのです。

 それでも「つむぐもの」はこの道を選びませんでした。

 この映画は、その上映にご賛同いただく多くの方々の手にゆだねながら、時間もかけ、そして丁寧に全国に上映の足跡をつむいで行くことを決意しました。

そして、この日はその歩みの第一歩の記念の日となったのでした。

 この映画を支えた数多くの福井県民の“大きく育て!”のお声に送られながら...。

「つむぐもの」福井県完成披露試写会_a0335202_17152044.jpg
満員の会場

「つむぐもの」福井県完成披露試写会_a0335202_17152141.jpg
監督、石倉さんのご挨拶



by cinema-tohoku | 2016-05-02 17:16 | 映画 | Comments(0)

「つむぐもの」完成_a0335202_13231339.jpg

 以前のブログでもご紹介していました、福井県越前市を舞台に製作されていた「つむぐもの」が無事完成を迎え、昨日は東京での試写会がありました。

 この試写会は、前田プロデューサーが以前からお付き合いのあった参議院議員石田昌宏様始め、関係の方々にご覧いただくため開かれたものでした。

 ご自身も保健師、看護師の資格をお持ちの石田議員は「看護の力で日本を取り戻す!」をスローガンに、これまでも保健医療、福祉のより良き政策実現にご努力されて来られた方。

 前田プロデューサーの語る本作に向けた夢に共感し、ご多忙のお時間を割いてこの日の試写会においでいただいた、とのことでした。

 又、石田議員のお誘いで、福井県選出の参議院議員滝波宏文様の他2名の国会議員の先生方もご参加され試写会は開映となりました。

 越前和紙の里を舞台に展開される、ひたすらに人と人とが心を通わせようとするドラマに、観客は観入り、時には笑い、そして時には涙を流し、107分のドラマがエンドを迎える時には、満場の拍手で観客の皆様方はこの作品の出発を祝って下さいました。

 上映会場からお出になる方々は皆、感動で頬を赤く染め、中には上映終了後のロビーでもいまだ感激が止まずに、肩を震わせて号泣する男性の姿も...。

 心を込めて、ていねいにつむぎあげられたこの作品は、静かな、それでも深い何かを観客の胸に刻み付けた様でした。

 319日東京有楽町のスバル座を皮切りに、長い公開の旅に立つこの作品の背を、その素晴らしい未来に向けて押し出してやりたい...そんな決意を胸にした昨日の試写会でした。

「つむぐもの」完成_a0335202_13262802.jpg
試写会の前に、石田議員、滝波議員、のご挨拶が



by cinema-tohoku | 2016-02-03 13:28 | 映画 | Comments(0)

映画「つむぐもの」_a0335202_11195468.jpg
越前市の街並み


 福井県の古都郡越前市を舞台に、一本の映画が製作の最終盤を迎えています。

 「つむぐもの」、要介護となった一人の頑固な和紙職人と、その介護にあたる韓国籍の娘との葛藤をのりこえた和解を感動的に描く作品です。

 この作品で主役をつとめたのが、大ベテラン石倉三郎さん、何と映画の主役はこの作品が初めてとのことでした。

 既に撮影は終了し、最後の編集段階となり、公開についての検討が幾度かにわたって重ねられてきました。

 この作品でプロデューサーをつとめたM氏は、若いながらも熱き情熱をその胸にたたえた方...、人と人との心を通わせようとするこの作品の公開にあたって、その上映を都市部の劇場のみに止めず、映画館がその姿を消した小さな市にも町にも届けたい...こんな願いを携えて私に連絡をとって来て下さいました。

 シナリオを読んで、その確かな視点に感銘し、非劇場分野での配給をお引き受けして、地元関係者との顔合わせのため初めて越前市を訪れました。

 数々の歴史に彩られた古都は、寺社と蔵が連なる街並み...。

 そして、この作品の直接の舞台となった越前和紙の里、旧今立町では1300年の歴史を誇る紙の神社が、黄色く染まった銀杏の巨木の中に見事なその姿を描き私たちを迎えてくれました。

 そしてその夜、懇親を兼ねた場でお会いした越前和紙工業協同組合のI理事長さんは、いかにもおやさしそうな瞳を細めて、映画公開に向けた数々の夢も語って下さいました。

 改めて見つめるなら「介護の心」は、数々の障害を乗り越えて、人と人との心を通わせようとする努力なのかも知れません。

 年齢も、そして国境さえも超えて心を通わせようとするこの映画の二人の願いは、まさに「介護の心」そのものを語ろうとするものなのかも知れません。

 こんな心やさしき人の願いを、これにご賛同の数多くの方々の心をつむぎながら全国に大きく育て上げてゆきたい...こんな思いを強くした北陸越前の旅でした。

映画「つむぐもの」_a0335202_11195878.jpg
映画「つむぐもの」_a0335202_11195526.jpg
今立町 紙の神社



by cinema-tohoku | 2015-12-10 16:57 | 映画 | Comments(0)