人気ブログランキング |
 突然のコロナ禍で、営業活動が出来なくなってから2ヶ月が過ぎていました。
 私が、映画の世界に歩みを進めたのは1971年、それ以降、映画を創る仕事に、そして、出来上がった映画を、多くの方々のもとにお届けする仕事に…時としては、目の前に積みあがった仕事の量に思わずため息もつきながら、それでも、常に多くの方々とお会いして仕事を続けて来ました。
 それなのに…この2ヶ月お会いした方は社員をのぞくならほんの僅か、出張も無くなり、毎日事務所に出ては、細々とした実務をこなす毎日でした。
 会社は、収入の道を断たれて、先への不安は黒雲のように私の胸を覆い、満開の桜を振り仰ぐことも忘れて、つらい日々を送っていました。
 そんな時に立ち上げていただきました、私たちへの「支援運動」は、窮地に立たされた私たちへの励ましともなって、あたたかな手で私たちを支えてくれています。
 支援パンフレットをご覧になった方から、新聞記事を見た方から、そして平松監督のツイッターで知った方から…毎日途絶えることなく寄せられるご支援のお声は、私たちの胸を熱くさせ、私たちを支える大きな力となって、その数を積み上げていました。
 そこに添えられたメッセージには
  〝幾度も、危機を乗り越えて来たシネマとうほくです。負けないでください。″(郡山市・男性)
  〝映画上映の灯が、ずっとともり続けていくことを心より願っています。″(佐野市・女性)
  〝「あの日のオルガン」を観て欲しい!これからも素晴らしい映画を広めて欲しい!その思いでいっぱ“いです。情勢はもっとひどくなるかも知れません。でも、「まだ、負けたわけじゃない、負けたわけじゃない!」(「あの日のオルガン」正子先生のセリフ)。あの時代の野菊のように、希望はあると信じています。″((名古屋市・女性)
  〝私は大原櫻子のファンです。「あの日のオルガン」は24回観ました。平松監督からの支援の呼びかけを知り、居ても立っても居られなくなり支援を決めました。どうか、この国難とも言うべき事態を乗り越えていただき、又素敵な映画を広めていただきたいと願っています。″(朝霞市・男性)
 ありがとうございます。
 何とか、頑張ってみます。
         ありがとうございます_a0335202_13500284.jpg

 「コロナ禍」で、困難な日々をおくっていた私たちに優しいご支援の手が重ねられました。
 私たちは2014年、〝地域社会と家族の再生〟を願って、全国12社で協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(略称JSN)を立ち上げました。
 そして、その発足時からJSNの顧問をおつとめいただいていた方が、仙台市の横山英子さんでした。
 以前は、仙台青年会議所の理事長をおつとめの横山さんは、青年会議所卒業後も各方面にご活躍でしたが、そのメインテーマは「地域振興」、そのやさしきお人柄もあって巾の広い人とのつながりもお持ちの方でした。
 そんな横山さんのお耳に、私たちの窮状が届きました。
 〝際立って社会的に意義あるJSNの活動を途絶えさせてはならない。緊急に支援の運動をおこしたい。〟そんな有難い横山さんのお声は、短時間のなかに全国の多くの方々のご賛同となり、<「コロナ」に負けるな!緊急にJSNと映画撮影地を応援する会>として、私たちへの支援運動を立ち上げて下さることになったのでした。
 1口5000円のご支援を募って、そのお礼の品に、私たちが製作してきた映画の撮影地の名産品をお届けすることで、撮影地の元気回復にも寄与しようとの願いです。
 先のみえないコロナの感染拡大に、つらい日々をおくっておりました私たちに、このお声は干天の慈雨となって、胸に伝わってきたのでした。
 有難いご支援の手にも支えられて、もうしばらくは頑張ってみたいと思っています。
 皆様方のご支援もいただければ幸いです。

※ ご支援お願いパンフレットは、JSNホームページでご覧になれます
       https://www.slow-cinema.com/shien/index.html
        JSNへのご支援の手_a0335202_17175873.jpg


# by cinema-tohoku | 2020-04-03 17:18 | その他 | Comments(0)
 「あの日のオルガン」の上映終了地から、ご覧になった方々の感想文集が相次いで送られて来ました。
 一つは、宮城県石巻市から。
 石巻市では、映画をご覧になった、元高校の先生を中心に昨年3月から上映成功に向けたていねいな準備が進められていました。
 その運動の根幹は、従来あった組織を束ねる型の上映実行委員会ではなく、この作品のテーマ一本に絞って、この上映にご賛同いただける幅広い、個人の結集を目指したことでした。
 この運動は、時間をかけながら市内に拡がり、迎えた上映は1300名の市民にご参加いただき、これまでの全国上映中、何と観客数9位の素晴らしい結果となりました。
 そしてこの上映は、9年を過ぎてもいまだに数々の困難をかかえている被災地の、心の自立にも寄与するものとなったのでした。
 その感想文集の中には・・・〝「あの日のオルガン」を観て3日が経ちました。この3日間、感動が忘れられず、居ても立ってもいられなかったのでお手紙を書くことにしました…〟こんな前置での長文のご感想が・・・そして最後には…〝まだまだ言いたいことはありますが、この映画に触れて戦争の恐ろしさを知りました。私一人だけでも何か活動出来ればいいなと思いました〟(25才女性)
 そしてもう一か所は、疎開先の蓮田市から。
 蓮田市では市長さんを先頭に実行委員会がつくられ、人口の20% 1万人市民にご覧いただきく、まさに全国トップの上映となったのでしたが、そのうち4500人は市内の全小中生でした。
 その子どもたちの感想文集でした。
 目を通して胸が熱くなりました。
 2時間に及ぶこの作品は、小学生低学年の子どもたちの心にも平和への願いを確実に刻んだのでした。

 〝けんちゃんがかわでいしをなげているところでないちゃいました。わけは、かわいそうだなとおもったからです。
 ぼくは、このえいがをみてかなしいなとおもいました。
 それは、せんそうでひとりになっちゃうかもしれないからです。
 せんそうはきらいです。〟(小1男)
 
 〝1944年はすごいせんそうがあっておどろきました。このお話が本当にあったのがこわかったです。1944年にいた人たちは、すごいくろうをしているので、少しかわいそうだなと思って3、4回ないてしまいました。
 お母さんたちにも見せてあげて、せんそうの話をしってもらいたいです。〟(小2女)

 この映画は、戦争を知らない若い世代にも、そして今を生きる幼いこどもたちの胸にもかけがえのないものを確実に語った様です。
 コロナで動けない日々を送っていた私に、この感想は1日も早い仕事再開への願いも熱く語ってくれました。
        「オルガン」感想文集_a0335202_11581965.jpg




# by cinema-tohoku | 2020-03-26 12:02 | 映画 | Comments(0)
 「コロナ」で空いてしまった時間を利用して、一本の映画を観ました。
 「プリズン・サークル」、島根県にある官民協働の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」を描いたドキュメント作品です。
 この映画は、「あの日のオルガン」の製作の折、市民プロデューサーとしてご支援いただいた、東京恵比寿駅前で精神科医をされているYさんからのご紹介でした。
 私たちJSNでは、「あの日のオルガン」の一作前に、「君の笑顔に会いたくて」の製作と全国上映を手がけました。
 この作品は、宮城県名取市在住の女性保護司をモデルに、保護司に支えられながら犯罪から立ち直る青年の姿を描いた作品でした。
 実は、保護司を主人公にした映画は日本映画初のこと、そして事は国の法務に関ることでしたので、企画段階で先ずは法務省保護局の担当課長さんをお訪ねし、法務省のご協力をお願いすることから一歩を踏み出しました。
 いくつかの問題もございましたが、幸い法務省はご支援のお立場に立って下さり、そのお力もあって、全国上映は大きな成果となって今も続いていました。
 その時の経験からも、いわゆる〝お固い〟法務省が民間の知恵と力を導入して、こんな刑務所をつくり、更にはその中で、受刑者同士の対話を通して、受刑者の心の自立と更生への道を探っている事に驚かされました。
 「君の笑顔に会いたくて」全国上映の折にも語られたスローガン〝再犯防止〟・・・この実現にあたっても、この実践が大きな力となっていることも知らされました。
 この映画のラストで、刑期を終えて刑務所を出た一人の青年が、力強く広島駅へ更生の一歩を踏み出して行く姿は、昨今の暗い世相に暗澹たる思いでおりました私に、一筋の希望の光ともなって胸に伝わって来ました。
 ご観賞をおすすめ致します。
       映画「プリズン・サークル」_a0335202_17275305.jpg
プリズン・サークル


# by cinema-tohoku | 2020-03-19 17:30 | 映画 | Comments(0)
 コロナの影響で上映が消えてしまい、つらい日々を送っていました。
 そんな私たちのもとに、暖かいいくつかのお手がそっと重ねられました。
 一つは、長野県塩尻市の「あの日のオルガン」上映実行委員会F様から、そして松本市で上映準備をされていたY様、更には参議院議員A様から…。
 塩尻市では試写会でこの映画をご覧になった、塩尻子ども劇場の方々が大感激、広くご賛同を募って上映実行委員会を発足させ、6月の上映成功に向けてのご活動をすすめていました。
 長年、子どもたちのより良い文化づくりをめざして来られた方々…とても明るく、とてもお優しい方々でした。
 今日、事務所にお手紙が…。
 開封すると、中には手作りのメッセージカードが、実行委員会のメンバーの励ましのお言葉がつづられた心暖まるカードでした。
 そして、添えられたお手紙には、残念ながら6月の上映は延期することにした‥・とのお知らせが、そして〝これから皆と声をかけあって、今まで以上に力強い動きをつくって再スタート出来れば…〟と綴られていました。
 松本のYさんは、長年、チェルノブイリ支援の活動を続けておられた方、彼女の会が東日本大震災の時に加藤登紀子さんのご協力で作ったCDを送って下さいました。添えられたお手紙には、〝大切な命、どんな小さな命も大きなエネルギーになりうる〟…。
 「あの日のオルガン」上映成功にご尽力いただいた参議院議員A様からは〝コロナに負けずに頑張りましょう…〟熱いメッセージのお葉書…。
 ピンチの時に重ねられた暖かい手の温もりは、終生忘れることの出来ない思いを胸に刻むのです。
 感謝!!
        暖かいお手_a0335202_16041882.jpg
届けられた励ましの数々