人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 眩しい程の春の光が新緑に踊る長野県を、久し振りに訪れました。
 コロナ禍以前、「あの日のオルガン」は、長野県内に大きく拡がり始めていました。
 作品の感動が口づてに伝わり、上映の担い手も多様な方々に拡がってもいました。
 コロナ禍以前で最後に訪れたのが千曲市だったことを、思い出しています。
 昨年2月、千曲市で長年にわたって、子どもたちへの素晴らしい文化を伝える活動を続けて来た、<更埴子ども劇場>をお訪ねし、「あの日のオルガン」のご提案をしました。
 この時は、安倍内閣が突然の全国一斉の学校休校の施策を発表した時。
 コロナ禍とはまるで無縁のような信州の自然豊かな町で、子ども劇場の方は、私の語るこの作品の願いを、しっかりと受け止めて下さいました。  
 そして、真っ青に晴れ上がった空を見上げながら、屋代駅への帰路をたどったことを、今でもありありと記憶しています。
 しかしながら、その後の暗転は、長野県での全ての上映を中止に追いやったのでした。
 そして、あれから1年余…。
 時々にお電話を下さり、上映の実現を諦めずに繋げて下さっていた地がありました。
 塩尻市と松本市…。
 この2市から、〝上映を決意して会場を予約した…。″
 こんな嬉しいお電話があり、このご相談で1年ぶりに、信州に足を運びました。
 お会いした塩尻と松本の方々は、無事の再会を喜んで下さり、7月31日塩尻市、8月1日松本市での上映を決定して下さいました。
 コロナ禍以降では、シネマとうほく初となる、スローシネマ上映会の実現!
 萌えあがるような新緑の木々に包まれながら、胸に一筋の光も感じて、東京へ向かう<特急あずさ>に身をゆだねたのでした。
 春と共に、動きを始めなければ…。
          新緑の信州路_a0335202_09535275.jpg
葉桜と松本城



# by cinema-tohoku | 2021-04-27 09:57 | 映画 | Comments(0)
 新型コロナの第4波も語られる辛い毎日です。
 それでも、久し振りに仕事がつながり、車で盛岡から青森への2泊の出張に出ました。
 一昨日は盛岡で、日本初の女医荻野吟子の生涯を描いた「一粒の麦」の試写会を終えて、翌日の青森への道は、時間の余裕があることを幸いに4号線をたどりました。
 高速に乗らずに、一般道を使ったのには、途中久し振りに立ち寄りたいスポットがあったからでした。
 
 今から16年前、私たちは映画「待合室」の東北地区配給に取り組んでいました。
 岩手県北の山あいにひっそりと佇む小繋駅、そしてその待合室に置かれた1冊のノート、
そこには、この駅を訪れた旅人の心が綴られ、それに対して駅前の雑貨屋のおばちゃんの返信が…。
 こんな心の交流が、朝日新聞に記事として取り上げられ、その記事に感動した脚本家板倉さんがこの地を訪れおばちゃんと面会、その優しき心に感動して映画化を決意、自ら監督もつとめた「待合室」でした。
 幸いキャストには、おばちゃん役に富司純子さん、そしてその娘時代を寺島しのぶさん、親子初共演も実現して、この作品は完成の日を迎えたのでした。
 しかしながら、全国配給の引き受け手がなく、思い余った板倉さんが私に連絡してくださいました。
 〝せめて岩手だけでも…完成した作品をお観せしたい…力を貸して欲しい…″
 この願いを受けて、東北地区の配給の業務にあたりました。
 都市と地方との格差が拡大して、かって日本を支えた地方から賑わいが失われ、人と人との心さえもが断ち切られようとしている現代社会に、この作品はおだやかな語り口で<人のこころ繋ぎ>を語り、岩手から始まった上映運動は東北各県に拡がり、その上映は東北6県で20万名観客となって、大成功の幕を閉じたのでした。

 それから16年の時間が流れていました。
 久しぶりに訪れた小繋駅の待合室には、変わらずに<命のノート>が置かれて、多くの方々がそこに自らの心を綴っていました。
 そしておばちゃんは、その一人一人にていねいな返信の言葉を重ねていました。
 駅員のいない出札口のかたわらには、そっと置かれた折り鶴が…。
 駅前の雑貨店は、既に店を閉じてはいましたが、その奥の部屋にはおばちゃんが、変わらぬ優しい笑顔をたたえて座っていることを胸に刻んで、桜のつぼみもまだ固い奥州路を北にむかったのでした。
 不思議な温かさを胸に抱きながら。
        小繋駅_a0335202_11574800.jpg
山あいの小繋駅

        小繋駅_a0335202_11580156.jpg
待合室に置かれた<命のノート>

        小繋駅_a0335202_11581824.jpg
出札口には、そっと折り鶴が

 3.11から10年、あの日からの歩みに一つの区切りをつけようと企画した<「エクレール・お菓子放浪記」10年目の上映会とトークショー>が無事終了しました。
 石巻をメインロケ地にして、多くの宮城県民に支えられて完成したこの作品は、東京での試写会の翌日が10年前の3.11という、まことに劇的なスタートでした。
 そして、あの日から10年・・・何と、この上映会の前日、震度5の地震が宮城県を襲ったのでした。
 幸い大きな被災はなく、翌日の上映会は開催されたのでしたが、何ともこの映画を巡っての不思議な地震との縁を感じながら、上映は幕を開けました。
 上映前のトークショーには、1回目は、石巻での製作上映運動の先頭に立っていただいた、石巻観光協会会長 後藤宗徳さん。
 そして2回目には、映画の出演者でもある、野球評論家の駒田徳広さんが、それぞれお忙しいスケジュールを割いてご参加下さり、製作上映運動の中心だった横山英子さんと、あの頃を振り返っての心温まるお話を交わして下さいました。
 そして始まった上映・・・久しぶりに向かい合ったこの作品は、私の心をたちまちのうちに10年前に引き戻してくれたのでした。
 映画製作を決めた時の自らの決意・・・シナリオで苦労していた頃・・・私の求めに笑顔で出資を決めて下さった出資社社長のお顔・・・それでも足りない製作費を、クランクイン直前まで奔走しながら集めていたことを・・・3月10日の東京での試写会・・・そして翌日・・・必死の思いで全国にこの映画を届けようとしていたこと・・・そして、製作と上映を支えてくれた沢山のやさしいお顔・・・。
 いつの間にかスクリーンは、私の涙でくもっていました。
 あれから10年・・・被災地は沢山の問題も抱えながら区切りの日を迎えました。
 それでも、人は必死の思いで前を向いて歩みを続けています。
 10年目の映画から改めて授かった〝人の心をやさしくさせるお菓子の不思議な力〟を胸に刻んで、もうしばらく私も歩き続けてみようと思った<10年目の上映会>でした。
「エクレール・お菓子放浪記」10年目の上映会とトークショー_a0335202_16551096.jpg

# by cinema-tohoku | 2021-03-23 16:55 | 映画 | Comments(0)
 10年目の3.11の日を、穏やかな春の陽が差し込む仙台で迎えました。
 10年前の前日の3月10日は、東京での「エクレール・お菓子放浪記」完成披露試写会の日でした。
 やっとここまでたどり着いた・・・そんな安堵の思いもあって、試写会後久しぶりに再会した学生時代の友人たちと交わした盃は、私を心地良い酔いに誘ってくれていました。
 そして翌3月11日・・・それ以降の記憶は、私の胸にありありと刻まれています。
 前日のお礼のため、全国和菓子協会をお訪ねしていたことを・・・そして突然の地震・・・騒然とした都内の道を、同行していたK氏の六本木の事務所まで1時間かけて歩いたことを・・・K氏の事務所で、テレビから流れる被災地の映像を、一晩まんじりともしないで観ていたことを・・・明けた翌日の空が、まるで昨日のことが嘘だった様な青空だったことを・・・。
 そして、不安な思いを抱えながらそのまま、西への出張に旅立ちました。
 静岡-福岡-佐賀-岡山-広島-大阪・・・1週間の出張を終えて、やっと仙台に戻ることの出来た私を待っていたのは、メインロケ地石巻のあまりの惨状でした。
 映画のロケ地となった、100年の歴史の芝居小屋 岡田劇場は、影も形もなくなり、僅かに土台とトイレの床のタイルだけが名残をとどめていました。
 ラストシーンの歌合戦の撮影で、エキストラになった石巻市民の笑い声が響いていた日和山公園、そしてそこから見下ろした市内の惨状に、涙が流れるのを止めることはできませんでした。

 10年前の手帳を開いています。
 「エクレール・お菓子放浪記」の東北上映は不可能になりましたが、不思議な運命を背負うことになったこの作品の全国上映を通して、被災地を支える心を語るべく始まった、全国への連日の旅の記録がつづられています。
 スケジュール表の片隅には、〝疲れた・・・背が苦しい・・・うまく行かず、力不足実感・・・〟〝夕日に染まる雲仙普賢岳と有明海・・・旅の空に一人あることを実感・・・胸しめつけられる・・・〟こんな書き込みも。
 そして5月・・・、いつも私をやさしく見守ってくれていた母の旅立ち。
 行く先々であいさつを求められて、〝今、被災地は・・・〟その先は、言葉につまって語ることの出来なかった私・・・。
 よくも心が折れずに、あれから2年を走り続けることが出来た・・・そして、その力の源がやさしき人の手のぬくもりだったことを実感しています。

 あの日から10年・・・そして今はコロナ・・・コロナ禍は、社会に数々の暗い影を投げ落としています。
 これまでの政治が進めて来た「新自由主義」の数々の問題点は、日本社会を脆弱化させ、社会的弱者を直撃しています。
 自殺者の急増に胸が痛みます。
 しかも際立って増えたのが、女性と子どもたち・・・。
 企業の安全弁として、非正規の女性たちが不当に切り捨てられ、自己責任論が語られる社会の息苦しさに、道を失った女性が自らの命を絶っています。
 そして、未来に夢を描くことの出来なくなった子どもたちが死を選択しています。
 こんな今、人と人が支えあう社会が求められていることを、たくさんのやさしさに支えられて歩んで来た私たちは知っています。
 ここを起点に、新たなスタートラインに・・・。
 私たちの歩みはその先にまだ、道が求められているのかも知れません。
 
    あの日から10年・・・10年目の3.11_a0335202_10400838.jpg


# by cinema-tohoku | 2021-03-11 10:00 | その他 | Comments(0)
 間もなく2011年3月11日から10年を数えます。
 あの日の記憶は、宮城県民運動に支えられ製作した「エクレール・お菓子放浪記」共々、生涯忘れることの出来ないものとして、私の胸の中に深く刻まれています。
 その「エクレール・お菓子放浪記」・・・10年目の3.11の節目の時に2つのエポックが。
 
 その一つは、この作品のフィルムが<国立映画アーカイブ>に寄贈となったことです。
 この作品は、3.11以降東日本大震災とは切り離すことの出来ない作品となりました。
 又、映画の中には、今では消えてしまった、石巻の数々の情景が映し出されてもいました。
 その意味では、この作品はいささかの公的な性格をもったものになったと思いまして、<フィルムライブラリー>に寄贈して国の手でフィルムを管理していただきたく申し入れを致しました。
 幸い、ご快諾いただき手続きに入っていましたが、その後ご連絡が途絶えていました。
 先日、ご連絡がありまして、<フィルムライブラリー>の組織の大幅な改組変更があって遅れていた、早急に具体化したいとのお話しでした。
 結果的には遅れたことで、寄贈が10年目の3.11の時となったことも、この作品の不思議な運命の故だったのかも知れません。
 宮城県民が力を合わせて完成させた「エクレール・お菓子放浪記」は、東日本大震災からの復興を語りながら<国立映画アーカイブ>で永遠に保存・管理されることになったのです。

 もう一つのエポックは、10年目の3.11を前にして、関係者の方々からのお声が上がり、10年目の「エクレール・お菓子放浪記」上映会が決まったことです。
 当日はこの映画の関係者の方々のトークショーも予定しています。
 10年を機に、来し方も振り返りながら、ここからの新しい歴史を刻む機会としていきたいと願っています。
 皆様方のおいでを心よりお待ち申し上げます。
 くわしくは、シネマとうほくのホームページをご覧下さい。

     10年目の「エクレール・お菓子放浪記」_a0335202_14473456.jpg
     10年目の「エクレール・お菓子放浪記」_a0335202_14474621.jpg


# by cinema-tohoku | 2021-03-09 14:50 | 映画 | Comments(0)