人気ブログランキング | 話題のタグを見る


 梅雨空の仙台空港を発って、さわやかな初夏の風が吹き抜ける札幌に着きました。

 芦別市の学習療法導入施設から「僕がジョンと呼ばれるまで」の上映のご希望が伝えられ、これと併せて「ソ満国境 15歳の夏」の関係団体へのごあいさつを…、そんな思いで訪れた北海道でした。

 北海道は私にとって特別な感情を抱かせる地なのです。

 私の父はいわゆる「転勤族」、盛岡に生まれた私は、父の転勤で3才の時函館に移り住みました。

 そして、小学校3年生まで過ごした函館での5年間は、私の胸に忘れることの出来ない数々の素晴らしい思い出を刻みつけたのでした。

 あの当時、戦争に敗れた日本は「平和」と「民主主義」を両手に掲げながら戦後の復興への道を歩み出しました。

 当然ながら敗戦国日本は、いまだ生産力にもとぼしく、十分な食料にも事欠くまさに貧しい国でありました。

 しかしながら、あの日の日本は未来に向けた希望に満ち溢れていたと思えるのです。

 暗い戦火の時代に終止符を打って、新たに「平和」と「民主主義」を手にしたあの日の国民は、貧しくとも胸を張って国の未来を見つめていたのでした。

 そんな時代の風を子どもたちもしっかりと受け止め、“今日よりはきっと素晴らしい明日が…”子どもながらもこんな希望にその胸をふくらませていたのでした。

 そしてそこには見事なまでに人と人との心が通い合う「地域社会」がありました。

 “お醤油がきれてしまったからお隣に行って借りて来てくれ…”、“お芋のてんぷらが揚がったからおすそ分けに持って行ってくれ…”

 母親から語られたこんな言葉に代表される地域社会に安心してその身を委ね、私たちはその未来に向けて育っていたのでした。

 こんな地域社会に支えられた「子ども集団」もありました。

年齢を超えた子どもたちの心やさしきカタマリは、あの頃の子どもたちの心に、豊かな想像力を、そして自主と民主の理念を育んでもくれたのでした。

 自転車でよく遊びに行った五稜郭の草むらに寝転んで見上げた青空の果てしないほどの大きさ…。

 父に連れられて、洞爺丸台風で犠牲になった方々をお悔やみに行ったお寺に流れていた悲しいお線香の香りと「死」との向かい合い…。

 思い起こせば数々の思い出に彩られたあの5年間でした。

 そして、そんな時代に育まれて今ここに生きている自分を、久しぶりに訪れた札幌の空を仰ぎながら実感しています。

 社会が、そしてその時代に生きる子どもたちがその未来に夢や希望を語ることの出来る…そんな社会をつくりあげたいと心から願わずにはいられません。

さて、腰をあげて仕事に行って来ます。

「より良き高齢化社会」と「平和」への願いを北の地に語るために…。

北海道の空_a0335202_15580697.jpg
早朝の札幌中島公園

北海道の空_a0335202_15580666.jpg
中島公園には、生まれて間もないオシドリの子ども達が





「じんじん・2」_a0335202_13224573.jpg


 「じんじん・2」製作の夢が動き出しました。

 「じんじん」はその完成から3年を迎えましたが、上映は止まるところを知らず全国に大きく輪を拡げていました。

 人口はたった3500人…、その始めはほんとうに小さな剣淵町から発信された、これも始めは小さな願いがここまで大きく育つことを誰が想像したでしょうか。

 閉塞感でいっぱいになってしまった様な現代社会…、それでもそこを乗り越えて新たな未来を拓く一つのカギが「地域社会」と「家族」の再生にあることに気付いた人々は、「じんじん」の地域上映の実現にその手を熱く重ねて下さいました。

 そして、そんな多くの方々の願いは、ここに至るまでにその上映の輪を、全国500ヶ所、20万人観客にまで拡げたのでした。

 この一人一人は、莫大な宣伝費によって“集められた観客”とは本質的に異なる、まさにより良き国の未来を願う“熱いお声”でもあったのでした。

 そして、そんな上映地の一つに神奈川県秦野市がありました。

 秦野市は「じんじん」の山田監督がお住まいの町、早い時期から上映実現に向けた動きがあり、私も市長さんとご面会、上映は市長さんのご賛同も得て成功に向けてすべり出したのでした。

 そして巡った試写会の日…ご覧いただいた方々からは交々に感動のお声が語られ、更にはこんな素晴らしい映画を秦野市で撮影してもらいたい…、こんなお声がごく自然に参加者から語られたのでした。

 そしてあれから2年…、秦野市民は夢を現実のものとするため、一歩一歩その夢を育んでいたのでした。

 こんな市民の夢を受け止めた市長さんが6月の定例記者会見の折に、これを発表、市としても全面的に応援をする…との動きとなって、「じんじん・2」製作の夢はその実現に向けてスタートを切ることになったのでした。

 剣淵町民が心を込めて発信した地域社会と家族再生の願いは、秦野市民にそのバトンが手渡されることになった様です。

 こんな、まさに“夢の様なお話し”は、来年「じんじん・2」となってその実を結ぶことになりそうです。

 来年又、スクリーンで銀三郎と再会できるかも…。

「じんじん・2」_a0335202_13224708.jpg


# by cinema-tohoku | 2015-07-03 13:26 | 映画 | Comments(0)

 623日「沖縄県慰霊の日」、あの凄惨を極めた沖縄戦の体験を語り継ぐため、沖縄県が制定した平和への祈りの日を、私は出張先の広島で迎えました。

 70年前、沖縄は戦いの日々を重ねていました。

 あの大戦中、唯一の日本領土で戦われた地上戦となった沖縄戦は、住民を巻き込んだものとなりました。

 この戦闘での犠牲者は20万人を数えましたが、何とそのうちの半数は民間人であったところに沖縄戦の実相と悲しさがあったのでした。

 私がこの歴史に初めて触れることになったのは、1980年公開された「太陽の子-てだのふあ」の製作配給にあたったことがその契機でした。

 この作品は、灰谷健次郎さんの原作をもとに、鬼才浦山桐郎監督がメガホンをとった作品でした。

 神戸の下町に肩を寄せ合うようにして生きる人々…その人々のつながりの中から、かつての沖縄戦の言語につくせぬその実相が蘇って来る...。

 あの戦争から何十年が過ぎても、人々の心に深く刻みつけられ、いまだ消えることのない傷あと…あの沖縄戦の真実を描き、いつまでも続く平和を願って製作された作品でした。

 この映画製作にあたって企画された「沖縄ロケ見学ツアー」で、私は初めて沖縄の地を踏んだのでした。

 沖縄の方々から語られる沖縄戦の実相、そして訪れた旧陸軍病院跡のガマ(沖縄の自然洞窟)の暗闇から迫る、非業の死を遂げた人々の悲しい叫び…。

 そして初めて訪れた私たちを暖かく包んでくれた人々のやさしさ…。

 この沖縄訪問は鮮烈な体験として、その後の私の歩みにも大きな影響を与えたものでした。

そして引き続いて沖縄との巡り合いとなったのは、住民を巻き込んだ沖縄戦の真実を誠実に劇映画として語ろうとした作品「GAMA-月桃の花」の配給を通した、沖縄の人々との出会いからでありました。

 この映画の製作を資金的にも支え、音楽も担当した海勢頭豊さんは、まさに南国のおおらかさとやさしさをそのお姿からも語る方でした。

 海勢頭さんの磁力に引き寄せられる様にして、彼が経営する那覇市の飲み屋にまで訪れたものでした。

 そしてもうお一人は、この作品の主人公のモデルとなった安里要江さんでした。

 安里さんは、ご不自由な足をかばいながらも、幾度にもわたって東北の上映地に足を運んで下さり、あの悲惨な体験をやさしい笑みを浮かべながら東北の人々に語って下さったのでした。

 そんな沖縄の「悲しさ」と、それでもその底流に流れる「やさしさ」の沖縄…。

 そして今又、米軍基地の重さにつぶされそうになりながら、それでも必死の思いで本土に向けて平和への願いを語りかけようとする沖縄の声を、私は夕闇に浮かぶ原爆ドームを見つめながら受け止めました。

 作家の瀬戸内寂聴さんが、ご高齢のお体をおして国会前に立たれ、私たちに向かって訴えられました。

 「戦争にいい戦争は絶対にない。戦争はすべて人殺しです…。と。

 今、もう一度立ち止まって沖縄の悲しさを受け止め、そしてそこから私たち日本がこれから辿るべき道をしっかりと見つめ直す必要があるのではないかと思われるのです。


沖縄県慰霊の日_a0335202_16242076.jpg
623日広島にて


沖縄県慰霊の日_a0335202_16221921.jpg

「太陽の子 てだのふあ」
沖縄県慰霊の日_a0335202_16235240.jpg
「GANA 月桃の花」




# by cinema-tohoku | 2015-06-29 16:30 | その他 | Comments(0)

 仙台を発って今日で七日目を数えました。

 又、長い旅が始まった様です。

 私には2つの仕事があります。

 一つはシネマとうほくの社長として、シネマとうほくの健全な運営を計る仕事、そしてもう一つがJSNの理事長として、全国配給をお引き受けした作品の全国上映を成功させ、映画製作者への配給としての責任を果たす仕事です。

 そんなJSNの仕事が、又私を長い長い旅に送り出した様です。

 2011311日の大惨禍が、それまでの私の仕事を大きく変えてしまいました。

 あの時私は「エクレール・お菓子放浪記」を完成させていました。

 心を込めて製作したこの作品は20112月無事にこの世に生を授かり、その全国上映開始の直前でした。

 殊にこの作品の舞台となった宮城県そして東北各県では上映の準備も整い、まさに発信の合図を待つばかりになっていました。

 そこに押し寄せた巨大な波の壁はこの東北の上映の全てを破壊し、その後の私の人生も大きく変えてしまった様でした。

 東北での上映は到底不可能となり、被災地に呆然と立ち止まっていた私たちは、それでも大きな決意を込めて立ち上がりました。

 東北での上映が叶わなくなっても、東北被災地の心とそれへのご支援を語りながらこの作品を全国にお届けしようと…。

 それ以来、私の全国行脚の旅は始まったのでした。

 来る日も来る日も全国を巡る旅は果てしなく続き、その総距離数は果たして何kmを数えたのでしょうか。

 まるで非業の死を遂げた方々の虚しさを背負っている様に、私の背は鉄板の様にパンパンに張っていました。

 それでも有難いことに「エクレール・お菓子放浪記」に込めた被災地支援の心は確実に一歩一歩拡がり、結果としてこの作品は公開から2年かけて全国47都道府県820ヶ所45万人観客の心の輪となってつながることになったのでした。

 そして、これに引き続いて全国配給の仕事をお引き受けすることになったのが「じんじん」でした。

 大地康雄さんの熱い思いに感動した札幌に会社を置くプリズムのF社長からのこれも熱いご要請を受けてのことでした。

 プリズムのF社長とは以前から親交があり、彼のビジネスに向かう姿勢には感銘も致しておりました。

 そんな彼からの要請でありました“なんとかこの作品の全国配給を引き受けて欲しい。鳥居さんが引き受けてくれるなら、映画製作を決意すると...”彼の熱意に押し出される様にして全国配給をお引き受けし、「じんじん」を携えて全国への旅は、間をおかず又始まったのでした。

 今振り返って見るなら、この旅の毎日は「エクレール・お菓子放浪記」の時よりも過酷なものでありました。

 仙台の我が家を発っての旅は、10泊をそして12泊を数えてゆきました。

 いささかの喜びと、そしてそれを上回る程の落胆と日々一人で向かい合いながら、やっと一日の仕事を終え、旅先の居酒屋のカウンターで一人盃を傾けながら自らをなぐさめてため息をつく…。

 そんな毎日をよくも無事に走り抜けて来たものでした。

 幸い「じんじん」は今、完成から三年を数え、その上映は500ヶ所、観客は20万人を超えるところにまで育って来ました。

 いずれの作品もまさに我が手で育てあげた大切な子どもでもありました。

そして、こんな私の動きはいつの間にか全国同じ志をもった配給会社の共感となり、昨年、この思いを一つに合わせて「JSN」が発足することになったのでした。

 そして又、長い旅の毎日が始まりました…。

私たちが掲げるスローシネマによる全国配給は、つくり手、配給社、そして上映に立ち上がった方々の思いを一つに結んで完結するものです。

製作者の思いを地域の方々にしっかりとお伝えし、そしてその作品の上映が地域の未来に拓く夢も語り、それを受けて地域の方々に上映実現に向けて立ち上がっていただいて、初めて上映は実現していくのです。

 各市町村に足を運びそんな思いを直接お伝えしなければ…。

 いつか開く心やさしき国の未来を願っての長い長い私の旅は、まだまだその先に続いている様です。



旅…そして又旅…_a0335202_13243485.jpg
大山町への駅- 御来屋駅


旅…そして又旅…_a0335202_13243539.jpg
早朝の鳥取市街





 616日、京都の地にJAN加盟各社が集い第2回総会が開催されました。

 協同組合 ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(略称JSN)は昨年9月結成されました。

 観客に寄り添った日本映画の未来を、そして映画の上映を通した地域コミュニケーションの再生を願って船出をしたJSNでしたが、この一年足らずの間に、その願いは映画の作り手の方々の願いにもつながった様でした。

 年が明けてから間もなく、多くの映画製作者や監督から全国配給のご依頼が相次ぐ様になって来ました。

いつまでも続く平和を願った作品、崩壊が語られる様になってしまった家族の再生を語ろうとする作品、そして高らかに人権を謳い上げる作品

 まさに多様な作品が、JSNの手を通して多くの観客のもとに届くことを願って、私たちのもとに持ち込まれて来たのでした。

 配給業務の生命は優れた作品を確保すること、私たちにとってこの動きは嬉しいことではありましたが、JSNの配給の展開はまさに手作り、一気に多くの作品を手がけることは到底不可能であり、心を込めたご依頼があっても、全体を見据えたスケジュールも含め、残念ながらお断りせざるを得ない作品もございました。

 こんな現状を前に、時期的にはいささか早かったのですが前倒しで総会を開き、こんなご期待に応えることの出来るJSNを作り上げるため開かれた総会でした。

 この間、新たに発足し、正式にJSNに加盟した「シネマソラ」の歓迎の意も兼ねてあえて開催地は、その所在地の京都に設定した総会には、どうしても参加が叶わなかった2社を欠きながら加盟11社から13名がご参加、日本映画と地域社会の未来に向けた熱い議論が交わされたのでした。

 殊に、2015年度のスタートを切る配給作品「ソ満国境15歳の夏」を巡っては、既に上映に向けた動きを始めた各社からその報告がされ、戦後70年を記念し、平和への熱い願いを語るこの作品の反響の素晴らしさは、参加者一同全国配給成功に向けた確信ともなった様でした。

 又、この作品に関わってその原作をお書きになった田原和夫さんが、ご多忙なお時間を割いてこの総会にご参加して下さり、70年前のあの悲惨だった体験を生々しく私たちに語って下さいました。

 誠実に、そして力を込めて語られる田原さんのお言葉の一つ一つは、私たちが今、この作品を通して一人でも多くの方々にお伝えしなければならないものを、確実に私たちの胸に刻みつけて下さった様でした。

 数々の夢を、そして必ずやそれを実現する決意を確認し、総会は大成功のうちにその幕を閉じ、引き続いて夜が更けるまで続いた懇親会で、そんな願いは更に熱く一人一人の胸に深く定着したのでした。

 新たな年度に旅立つ私たちへのご指導ご援助を心からお願い申し上げます。

JSN第2回総会_a0335202_17062400.jpg
総会の様子

JSN第2回総会_a0335202_17062495.jpg
「ソ満国境 15歳の夏」原作者の田原和夫さん