人気ブログランキング | 話題のタグを見る

前のブログ「棄民」にも触れました。

 「ソ満国境 15歳の夏」のドラマは、原発事故で故郷浪江を追われた中学生の視点から描かれています。

 私は、この作品の全国配給にあたって、一日でも早いうちに浪江町長さん、そしてそれを受け入れた二本松市長さんにお会いして、映画の完成もご報告申し上げながら、叶うことなら両首長さんのご賛同も得ながら全国上映をスタートさせたいと願っていました。

 幸い、こんな私の願いを受け止めた松島監督の計らいで、撮影の折お世話になった浪江町議のSさんにお引合せいたただき、Sさんのご案内で二本松に居を置く、浪江町役場二本松事務所に馬場町長さんをお訪ねしたのは、夏の盛りの厳しい太陽が照りつける日のことでした。

 突然の原発事故で故郷を追われ、全国に散り散りになった町民の心を必死の思いでつなごうとする拠点浪江町役場は、二本松市中心部から遠く離れた工業団地の一角に、確実にその存在を主張しながら建っていました。

 ご多忙のご公務の間をぬってご面会いただいた馬場町長さんは、おやさしい微笑みをたたえながら、それでも厳しい思いを込めて“今、私たち浪江町にとって一番大切なのは「絆」なんです…”こんな言葉を語って下さいました。

 あの日以来、18000名の町民は、全国46都道府県に散り散りになり、必ずしも先の見えない生活を必死の思いでつなぎながら生きている…、こんな町の現状を切々と語る町長さんのお話に、改めて福島県沿岸の町が置かれた現状の困難さと、4年経ってもまだまだ何も解決していない厳しい現実を知らされた思いでした。

 片や、来るべき東京オリンピックに向けて信じがたい程の莫大な建設費で新国立競技場を建設するとの報道に、何ともやりきれない思いにもさせられたのでした。

 この映画の全国上映を通して、全国に散る浪江町民に遠く離れた故郷をもう一度思いおこして欲しいと思いますし、又あの大惨禍から4年半…いまだに大きな困難を抱えながら生きている浪江町民の思いも全国に語らなければ…と思ったのでした。

 決して忘れてはいけないのだと…。

 こんな私の願いを馬場町長さんは受け止めて下さり、825日浪江町、二本松市合同での試写会開催となり、ここで両首長さんにもご覧いただけることになりました。

 一歩一歩、ねばり強くあきらめずに…被災地からのメッセージを語り続けてゆきたいものです。

福島県浪江町_a0335202_14452649.jpg
二本松市郊外に建つ浪江町役場

福島県浪江町_a0335202_14453119.jpg
広報「なみえ」より



棄民_a0335202_11153505.jpg
福島県二本松市の仮設住宅


 「ソ満国境 15歳の夏」は、原発事故で故郷浪江町を追われ、福島県二本松市の仮設に生活をする現代の15歳の中学生からドラマが始まります。

 中学の放送部に所属する彼らのもとに、中国から招待が届きます。

 中国に来て、70年前に展開された日本の15歳の少年たちの事実を一本の作品に作りあげて欲しいとの…。

彼らは中国に渡り、その事実に初めて触れ、大きな衝撃も受けながらもその中で、新たに自らの未来に向けて生きる力を手にして二本松の仮設に帰って来ます。

 ドラマは、こんな展開で進んで行くのです。

 この映画製作の企画が始まり、松島さんのもとに監督の依頼が来た時から、松島監督の心の中に常にわだかまっていた映画製作上の課題がありました。

 敗戦から70年目を数え、全人口の中に戦後世代が圧倒的な比率を占めることとなった現代、ただひたすらに70年前の出来事のみを描いて果たして現代の方々の胸に響く作品となるのだろうか…。

 より今日的な視点をこの作品に盛り込むことは出来ないのか…。

 そんな思いが松島監督の胸に去来していたのでした。

 そんな折に発生したのが、2011311日の大惨禍でした。

 監督は、突き動かされる思いで被災地福島県を訪れ、いつか通ううちに浪江町を追われ二本松市の仮設住宅で暮らす方々と繋がり始めました。

 こんな折、まるで新たな創作イメージが天から降って来たかの如く監督の胸に届いたのでした。

あの時の「満蒙開拓」はまさに国策でありました。

「満州国」は新天地…こんな宣伝にあおられ数多くの日本人が海を渡りました。

 そして89日、圧倒的なソ連軍が国境を破った時、そこには本来国民を守るべき軍隊は既に後方に撤退し、ソ連軍の前にはまさに裸同然の民間人のみが残されていたのでした。

 あの時国は、国民を捨てたのでした。

 「原発推進政策」…これもまさに国策でありました。

 そして18000浪江町民は今故郷を追われ、全国46都道府県に散り散りになりながら、未来の見えない生活を強いられているのです。

「棄民」…まさにこの言葉でこの2つの物語は監督の胸の中で一つのイメージにつながることになったのでした。

 そして、二本松市の仮設にお住まいの浪江町民、又、二本松市の全面的なご支援もいただきながらこの作品は完成を迎えたのでした。

「国」とは本来国民を守るべきもの…、しかしながらこの70年の日本の歴史の中に繰り返された2つの悲劇を見つめた時、「国」とは?…この作品はこんな問いも観る者に語りかける作品ともなりました。

 日本の未来を巡って重大な議論が交わされている今日、一人でも多くの方々にこの作品をお届けしたいものです。

棄民_a0335202_11154344.jpg
除染作業のシーン



# by cinema-tohoku | 2015-08-05 11:19 | 映画 | Comments(0)

 仙台を発って遠路電車を乗り継いで、島根県出雲市にやって参りました。

 出雲市駅に降り立った時、不思議な空の大きさを感じたのは、駅前のホテルを除くなら街の中にほとんど大きなビルが無いせいだったのかも知れません。

 街の中心部には心地よい川が流れ、その瀬音が耳にやさしく響き、人の心を安らかにさせる素晴らしい街並みが続く…初めて訪れた出雲市はそんな顔で私を迎えてくれました。

 この街に生まれて、この街に育つなら、いつの間にかその心も安らかな、そしておおらかなものになるのでは…そんなことも感じさせる神話の街でありました。

 この度遠路、出雲にまで足を運んで来たのは、又又「じんじん」でした。

米子市で「じんじん」が上映された折、ご覧になった読書活動を続けていらっしゃる一人の女性から出雲市での上映を実現したい…こんなお電話があったのはもう一年も前のことでした。

 しかしながら、その時の私の素直な感想は、え~出雲市…。

 とは云え、とにかくお会いせねば…岡山まで行った折に足を伸ばしてお会いして、やっと今日の試写会にたどり着いたのでした。

 試写会には20名の市民の方々がお集まりになり、上映終了後の感想会では映画を思い出し、又自分の子どもを振り返り思わず言葉につまる…そんな方々が続出の誠に感動的な、そして熱い思いに包まれた試写会となりました。

 やっぱり出雲の住民は、安らかでそしてピュアなお心をお持ちでいらっしゃいました。

 幸い、全員の思いで出雲市での上映会が決まり、これで全国47都道府県全てでの上映が実現することとなったのでした。

 それにしても、ひたすらに経済性と効率性が求められる現代社会で、何と超非効率な仕事の典型だと思いながら、やはりこの作品に込めた作り手たちの思いをしっかりとお伝えすることの大切さを又学んだ試写会でした。

 振り返ってみれば「文化」や「子育て」は効率性とはまさに相反する概念。

 丁寧に時間もかけながら、人の心と手によって織りなされるものであるべき…などと自らを納得させて帰路についたのでした。

 私のふるさと岩手県からは、矢巾町の中学2年生の悲しい叫びが伝わってきました。

 まだまだ「じんじん」に仕事をさせなければ…。

島根県出雲市_a0335202_16515323.jpg
心安らぐ街出雲市
島根県出雲市_a0335202_16515376.jpg
出雲市試写会の様子




 もう一つ、昔観た映画の思い出を…。

 以前「春…そして旅立ち」にも書きましたが、私は1971年大学卒業の時、大きな決断をして映画の道に自らを導いて参りました。

 そこにはまさに、青春なるが故の感動があり、悩みがあり、そして挫折もありました。

 そして、そんな時代を共有した友もいたのでした。

 私は、1967年東京の大学に入学しました。

 幸い、父親の会社の子弟寮が東京にあり、入学と同時に私はこの寮の寮生となったのでした。

 そしてそこには、同じ時代を生きる、同じ釜の飯を食った仲間たちもいたのでした。

ギターが得意で、一緒にいると不思議に人の心を安らかにさせたI、哲学科に籍を置き、常に時代に迷いながらも最後は天職たる教師に自らの道を拓いたF、そして一旦は大学を卒業しながらも映画への道を志して、東京の専門学校に入学したKさん…。

私たちは夜が明けるまで語り合い、登山をし、そしてそこにはいくつかの恋もありました。

 そんな私たちはいつの間にか、Kさんを中心に地域に向けた映画サークルをつくるに至っていたのでした。

 私たちは16mm映写機を担いで数々の映画の上映会を行い、映画を通して人と巡り合い、そしてこれまで知ることのなかった数々の世界も学んでゆきました。

 そんな活動の中で巡りあった映画の一つに「若者たち」(1967年俳優座製作)がありました。

 親と死に別れ、都会の片隅で肩を寄せ合って生きる5人の兄弟…。

 そこには時代と向かい合う若者たちの喜びが、葛藤が、そして挫折がありました。

 この作品の上映を私たちは、無謀にも松戸市民会館大ホール(1000席)を会場に取り組み、会場を満席に埋める大成功をおさめたのでした。

 そして、この日スクリーンを見つめる私の目には涙が次から次へとあふれたのでした。

 若者たちが押しつぶされそうになりながらも精一杯時代へと向かい合い、そこから自らの未来を切り拓こうとする姿に、私の胸は熱い感動でいっぱいになったのでした。

 ちょうど卒業の年を迎え、自らの社会での道を悩みながらも探っていた私にとって、この感動は自らの人生を決める大きな契機ともなったのでした。

 「君の行く道は果てしなく遠い、だのに何故歯をくいしばり…」

 人の一生に影響を与える…、そんな作品をお届けしてゆきたいものです。

若者たち_a0335202_15045849.jpg
映画「若者たち」(1967年俳優座製作)



# by cinema-tohoku | 2015-07-21 15:07 | 映画 | Comments(0)


「二十四の瞳」と平和への願い_a0335202_11131061.jpg
 これまで私は一体何本の映画を観て来たのでしょうか。

 それを今計るすべはありませんが、ここに至るまで数々の映画を通して自らの心を育んできたことを実感しています。

 そんな数々の作品の中で一番私の心に残っている作品をあえてあげるなら、それは「二十四の瞳」なのです。

 小学生の時、先生が学年全員を引率して街の映画館で観せてくれた時の感動を今でもありありと思い出すことが出来ます。

 子どもたちのいたずらで足を怪我し、学校を休んでいた大石先生に会いたい一心で、遠い道のりを大石先生の家に泣きながら向かう子どもたちの姿に涙…、そしてラストシーン、戦争で失明した磯吉が小学生の頃の記念写真を指でたどる姿に又又涙…。

 とにかく数々の感動で胸が熱く満たされたことを、今でもありありと思い出します。

 しかしながら、改めてこの作品の概要を振り返ってびっくりさせられました。

 この作品の公開年はなんと1954年、おそらくこの年に私が観たのだとするなら私たちは当時小学一年生、又この作品はなんと156分におよぶ長尺の作品、そして何より、木下惠介監督渾身の思いを込めた「平和」へのメッセージが込められた作品なのでした。

 あの頃の先生たちはきっと、本当に素晴らしい作品は、たとえ学齢が低くとも子どもたちの胸に届くことを信じて、確信を持って私たちと向かい合っていましたし、又そんな先生たちの思いを受け止め、いつまでも続く平和への願いをしっかりと胸に刻み付けた私たちでもありました。

 何と大らかな、そして信頼に満ちあふれたあの時代の中に、心を成長させていた私たちでありました。

 このブログを書いている今日は、715日です。

 先ほど国会の委員会で安保関連法案の強行採決が行われた…との報に接して暗澹たる思いにさせられています。

 何と憲法違反の声さえ無視して、日本を再度戦争の出来る国に変えようとする現政権のありようには強い危惧の念を抱かざるを得ません。

戦後の民主主義の時代に育ち、数々の映画を通して「平和の尊さ」を心に刻んで来たのですから…。

「二十四の瞳」と平和への願い_a0335202_11131082.jpg


# by cinema-tohoku | 2015-07-17 11:21 | 映画 | Comments(0)