人気ブログランキング |

2020年 01月 29日 ( 1 )

 松本から約15㎞、小さな、まるでおとぎの国の電車に乗って、山あいの終着駅新島々を訪れました。
 釜トンネルが開通するまでは、北アルプスの玄関口上高地へのルートは、島々から徳本峠を越えての道のり…数々の山岳紀行にも語られ、一度は訪れてみたいと思っていた駅でした。
 「オルガン」の長野県での仕事が相次ぎ、その狭間になった日曜日の空いた時間を利用しての新島々訪問には一つの目的がありました。
 新島々駅前にある一軒のカフェを訪れる…そんな目的でした。
 ことのきっかけは昨年末、「オルガン」の松本市上映のご希望が届けられ、それでは先ずもって映画をご覧いただくことから始めようと、松本を訪れた時のことでした。
 試写会が終わった後お食事の時に、この上映の中心メンバーのYさんから一冊のご本を頂戴しました。
 彼女の友人の方がお書きになった「ピアニストの兵隊さん」、そんな題のご本でした。
 帰路の列車の中で拝読して、心の中をさわやかな風が吹き抜けるような感動を覚えました。
 時代は「オルガン」と同じく、あの戦火の時代。
 あの厳しかった時を、一人の教師として子どもたちと向かい合いながら、精いっぱいの思いで、子どもたちを守り育てたのは、著者古畑博子さんの母上でした。
 ピアノを弾いて子どもたちと歌を歌うのが好きだった彼女が、戦後進駐してきた米兵とピアノの演奏を通して、その心を通わせ合った史実を描いたお話でした。
 あの戦火の時代、〝鬼畜米英〟の言葉で〝敵〟への恐怖心をあおり、戦争への道をひた走った日本でしたが、平和と音楽をそこに置いた時、人と人は国境を超え、信じあい、心を通わせ合えることを、このご本はやさしい語り口で私の胸に語って下さったのでした。
 そして、その著者古畑さんが新島々の駅前に小さなカフェを開いていることを知って、心暖まるご本をいただいたお礼をするべく訪れたのでした。
 古畑さんは予想通り、いっぱいの笑顔と、やさしいお言葉で私を迎えて下さいました。
 次の予定が迫り、ほんの短い時間のご面会でしたが、お店の名物、心づくしのカレーライスの美味しさも加わって、旅の連続で疲れた私の心に、いささかの栄養を注ぎ込んでいただいた時間となりました。
 きっと、国中のそこかしこにおいでの、こんな心やさしき方々の努力で、私たちの日本はかろうじて支えられているのかも知れない…。
 そんな思いを胸に、次の目的地伊那に向かったのでした。
       新島々_a0335202_17460210.jpg
新島々のカフェ

       新島々_a0335202_17412793.jpg
新島々駅