人気ブログランキング | 話題のタグを見る

     明けましておめでとうございます

 新しい年が巡って来ました。新年早々から、石川県を襲った地震…。今年の先行きに不安を感じさせる年明けとなりました。被災された方々のご無事と、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。
 振り返ってみれば昨年は長く暗かったトンネルから抜け出して、やっとその先の光を見た思いの一年でした。
 「荒野に希望の灯をともす」は、私たちの暗かった道に希望の灯をともしてくれましたし、引き続いた「オレンジ・ランプ」は、その上映の輪を本年に向けて大きく拓いています。
 そして・・・私たちの配給のその次を担う作品が、昨年12月20日現像所で産声を上げました。
 思いを込めて願うなら、凶事の連鎖のその先に、慶事の連続が連なっている・・・そんな思いにもさせられたこの数年の歩みでした。
 コロナの3年間は、私にも3つの歳を重ねることを強いました。
 それでも、もうしばらくの現場での活動を強く心に誓った正月でありました。

 昨年から年賀状のごあいさつを廃止していました。
 毎年繰り返す年末の膨大な労力と出費にいささか辟易たる思いにさせられていたからでありました。
 そして本年も年賀状は無し・・、何ともおだやかな年末でした。
 これまで惰性で続けて来たいくつかのことを見直して見ることも必要なのかも知れません。
 昨年末から次から次へと明らかになった、現政権の腐敗の数々には、絶望的な思いにもさせられていました。
 それでも選挙の度に、国民は今の政治を選択し続けて来ました。
 まるで惰性の様に・・・。
 そしてその結果、その内部腐敗は止まることを知らないまでのものになっていたのだと思うのです。
 ここで立ち止まってもう一度見つめ直す必要があるのではないでしょうか。
 まるで惰性の様に続けて来た今の政治の選択についても・・・。
 “惰性に陥ることなく、常に新鮮な思いで課題に立ち向かう・・。”そんな思いも胸に刻みながら、新たな一年に向って参りたいと思っております。
 皆様方・・・本年も変らぬご指導とご援助をよろしくお願い申し上げます。
     明けましておめでとうございます_a0335202_10245052.jpg


by cinema-tohoku | 2024-01-01 10:00 | 映画 | Comments(0)