人気ブログランキング |

       コロナ禍のベートーベン

 前回のブログでご紹介していました「ベートーベン全交響曲シネコンサート」が開かれました。
 昨年は、ベートーベン生誕250年、バーンスタイン没後30年にあたる記念の年、本来であれば昨年企画されるべきものだったと思うのですが、コロナ禍に翻弄されて機を失していましたが、改めて今、ベートーベンの名曲が地域に元気を伝えることができれば・・・そんな思いで実現した映画会でした。
 映画は、レナード・バーンスタイン指揮による、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会を映画フィルムに収録したものでした。
 交響曲1番から9番までの演奏を5本の作品にまとめ、全ての上映時間は400分に及ぶ大長編・・・果たしてこの企画にどれほどの方々においでいただけるものか・・・いささかの不安を抱いての上映当日でしたが、多くの市民の方々にご参加いただき、ベートーベンの名曲が観客の胸を熱く打つ、素晴らしい上映会となりました。
 寄せられたアンケートには
 〝2日間かけて全演奏観ました。団員の方の顔を覚えるくらい(笑)。とても良い企画でした、ありがとうございました。〟
 〝第9合唱は、まさに祈りですね。〟
 〝人間の到達の素晴らしさをベートーヴェンにあらためて・・・。生き方を変えねば、目覚めよ!!〟
 〝コロナ禍のつらい時、このようなコンサートを企画していただき本当にうれしいです。力をもらいました!〟
 等々、熱い熱いメッセージが。
 コロナ禍で沈滞した空気が社会をおおっている今、ベートーベンの名曲  はスクリーンを通して、観客の胸に生きる力を語ったようです。
       コロナ禍のベートーベン_a0335202_17225965.jpg

by cinema-tohoku | 2021-03-02 17:23 | 映画 | Comments(0)