人気ブログランキング |

「コロナ」

 参りました!
 「コロナウィルス」が国中にまん延して、そのあおりを受けて映画の上映会の中止や延期が相次いでいます。
 私たちが心を込めて製作、そして全国上映運動に向けた努力を重ねていた作品は「あの日のオルガン」でした。
 この作品、完成後の作品のご評価はとても素晴らしいものでした。
 しかしながら、全国上映スタートの頃、その作品評が上映の拡大や、観客数に、必ずしもつながらずに苦慮していました。
 それでもあきらめずに一歩ずつの歩みを重ね、やっとその上映に光が差し込んで来たか、に見えました。
 宮城県石巻では、1300名の感動の上映会…東京北区でも、会場に入りきれない程の1100名の上映会…山梨県南アルプス市、長崎県南島原市・佐世保市、いずれもが1000名の上映・・・。
 この経験に学んで更に全国に…そう意気込んでいた矢先の出来事でした。
 イベント自粛の影響で、日増しにその状況は悪化、結果としては進行中の上映は全滅となってしまいました。
 私たちの「スローシネマ上映運動」は、長い時間をかけた、ていねいな運動の積み重ねの上に上映が実現します。
 その上映が一瞬のうちに消えてなくなる・・・まさに身を切られる様な無念な思いにさせられています。
 今から9年前、私たちは東日本大震災に遭遇しました。
 あの時、石巻を舞台に完成したばかりの映画「エクレール~お菓子放浪記」をかかえて私たちは、手もあてられない程の被災地の惨状を前に立ち尽くしていました。
 それでもそこから立ち上がり、ここまで歩んで来られたのは、あの被害が東日本一帯に限られていたこともありました。
 それに引き換えるならこの度は全国・・・。
 果たして、この先にどんな道が拡がっているのか…不安な思いの毎日です。
 それでも…この大流行がいつの日にかは終息することを願って・・・今はただ耐えてみようと思っています。
 9年前、あの日から耐え忍びながらここまで歩んで来たのですから。
「コロナ」_a0335202_15242971.jpg
映画「あの日のオルガン」より


by cinema-tohoku | 2020-03-03 15:25 | 映画 | Comments(0)