人気ブログランキング |

       多様な上映

 「あの日のオルガン」上映運動実現の願いを携えて、三日月滋賀県知事とご面会したのは、昨年の5月のことでした。
 幸い上映運動へのご賛同をいただき、それ以降丁寧に時間をかけながら準備をして来た、滋賀県での「オルガン」上映運動は、琵琶湖畔のまち東近江市からスタートを切ることになりました。
 昨日は、市のお呼びかけに応えて、約30人の市内各団体の代表の方々がお集まりになっての「あの日のオルガン」東近江市上映実行委員会発会総会が開かれ、市からご提案の2000名市民参加の上映運動を全員一致で決定、滋賀県全県上映運動はいよいよそのスタートを切ることになりました。
 そして明けて翌日は、南国宮古島へ・・・東京でこの映画をご覧になった、たった一人の女性の〝宮古島での上映を実現したい!〟・・・こんな願いが一歩一歩、市内にご賛同の輪を拡げて、この日は上映成功に向けた試写会でした。
 東近江では、冷たい風にコートの襟を立てていたのに、南の島はもはや初夏の装い、あざやかな色彩の花々が咲き、野の緑はその色を深めていました。
 ホテルに荷を解き、コートを置いての試写会場までの30分の道のりは、うっすらと汗ばむには充分な陽気でした。
 それにしても、「オルガン」の上映は、まことに多様な形で展開しています。
 行政が呼びかけてご賛同の団体でつくられる実行委員会…この映画を観て欲しい、その一点で個人が手を結んだ実行委員会…大学保育科の先生が呼びかけて、地域につくられた上映運動…国際ソロプチミストが主催した上映…。
 この作品が、こんなにも多様な方々の共感を得ているのは、子どもたちの健やかな未来が、それ程危機的な状況におかれていることの証左なのかも知れませんし、又この作品が、観る者の胸に子どもたちの命の輝きを語らずにはいられない…そんな反映なのかも知れません。
 全国に向けた上映が始まって一年…、「オルガン」はまもなくその上映を300ヶ所に拡げて、子どもの命と平和への願いを響かせています。
 ゆっくりと、時間をかけながら、人と人との心をつなぎながら…。
       多様な上映_a0335202_17403425.jpg
沖縄の春を彩るハイビスカス


by cinema-tohoku | 2020-02-06 17:46 | 映画 | Comments(0)