古希

 人生、年を積み重ねて、その数何と70年を数えることになりました。
 この私が70歳…信じ難い思いで迎えたその日を、遠く離れた息子と娘は電話で、そして仙台に生活する娘家族は我が家を訪れて、心優しく古希の日を祝ってくれました。
 私たち世代は、戦後ベビーブームの世代、まさに団塊の中核とも呼ばれた世代でした。
 振り返るなら、子ども時代は今の基準で語るなら、まさに国民は全てが貧しい生活を送っていました。
 その日々の生活の中に〝ぜいたく〟は皆無・・・それでも地域社会と家族の絆はしっかりと私たちを支え、今日よりきっと素晴らしい明日が来る・・・貧しくとも希望で胸をいっぱいにふくらませながら送っていた少年時代でありました。
 そして、中学から高校に差しかかる頃は、まさに激烈な競争社会を経験し、東京の大学に進学、寮での生活を通して、稚拙ながらも初めて社会と向かい合うことになりました。
 時はまさに「70年安保」の時、時代から〝君たちはどう生きるか〟・・・と問われながら過ごした4年間…、そして卒業後の進路を、親の反対を押し切って映画の道に進めたのは、愚直なまでに誠実に生きようとした東北人の魂の故だったのかも知れません。
 それ以降、東京の共同映画からの独立と、シネマとうほくのスタートもありながら、映画の製作と上映を通した、人の世の幸せを願って歩み続けてきたのでした。
 こんな私たちに大きな危機が訪れたのは、7年前の東日本大震災の時でした。
 あの日の直前に完成していた「エクレール~お菓子放浪記」は、宮城での上映の道を断たれ、もはや会社を支えることは不可能とも思われながら、耐えに耐えながらここまで歩んで来られた要因は、あの時全国のたくさんの方々から頂戴した“人の情け”であり、ともするとくずれそうになる私を支えた家族の暖かい手でもありました。
 そして、70歳を迎えて、「君の笑顔に会いたくて」が全国展開をし、「あの日のオルガン」が完成を迎えました。
 まだ、前線で、しばらくは・・・そんなお声に支えられながら、古希から先に、まだ私の道は続いている様です。
 支えて下さった、たくさんの方々の願いに応えるためにも…。
a0335202_13572495.jpg
あの日のオルガン



[PR]
by cinema-tohoku | 2018-08-07 17:43 | その他 | Comments(0)