完成 !

 625日、東京五反田のイマジカ第1試写室で、映画「あの日のオルガン」初号試写会が開かれ、私の胸に36年にわたってあたため続けて来た企画は、無事この世に生を授かりました。
 初号試写は本来、スタッフの最終チェックの試写ですが、この日はこの映画の製作に欠くことの出来なかった「市民プロデューサー」はじめ関りの深い方々もお招きして、にぎやかな誕生の日となりました。
 振り返って見れば、ここまでの道の長かったこと・・・。
 36年前、私が以前勤務していた共同映画で、この企画は生まれました。
 久保さんにお願いして3年かけて原作本も出版され、いよいよ、と思われましたが、残念なことに諸般の事情で実現には至りませんでした。
 私は当時、子どもたちを保育所に通わせていた父親でありました。
 子どもの命と向かい合ったこの製作企画には、大きな感動を覚え、製作断念の決定をとても残念な思いで受け止めました。
 それ以降、この企画は私の胸の中にその位置を占めることになりました。
 〝いつの日にか…〟そんな願いとなって。
 そんな長い夢を実現へと駆り立てたのは、今の社会の現状でした。
 子どもたちの健やかな成長に赤信号が灯り、子どもの命がこんなにも軽くあしらわれた時代は戦後なかったのではないかと思っていました。
 そんな現代社会に、あの戦火の時代に、それでも子どもの命を守り抜いた若き保母たちの史実は、大きな感動と共にかけがえのないものを語ると思ったのでした。
 こんな思いが、企画の実現へと私の背を押したのでした。
 そして、この日の誕生を支えて下さったのが、「市民プロデューサー」の方々でした。
 今、この企画が語るべきものにご賛同いただき、
100万円のご出資で映画製作を支えて下さった心優しき方々は、この日までに70人を数えるに至りました。
 試写室のシートに座って、スクリーンと向かい合った時、市民プロデューサーのお願いに全国を回った折に、お会いした方々のお顔が頭をよぎり、思わず胸が熱くなるのを覚えたのでした。
 そしてスクリーンに映し出された映画…。
 ドラマが進むにつれ、流れる涙はスクリーンを曇らせ、エンドが打たれた時、深い安堵の思いで、私の胸はいっぱいになっていました。
 〝子どもたちの命と平和〟かけがえのないものを、今生まれたこの作品は見事に語った様です。


a0335202_16261450.gif


[PR]
by cinema-tohoku | 2018-07-09 16:17 | 映画 | Comments(0)