土佐の高知の...


 昨年秋に発足した協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワークは全国配給の志を共にする13の会社で構成されています。

 その一社に四国4県を担当する、シネマ四国があります。

社長はT氏、まるで相撲取りを思わせる様な風貌ですが、とても誠実な、そして朴訥な人柄を備えた人でした。

 そんな彼が急な大病を患って緊急入院となり人生の大ピンチに陥ってしまったのです。

 病とは全く無縁と思われる様な健康体であった彼が...。

 この事態は彼にとっても、そしてJSNを束ねる立場の私にとってもショックなことでした。

 実は、前回のブログでご紹介した「きみはいい子」の高知県での全県規模の上映運動の準備を内々に進め、まさにこの時はスタート直前の時でもあったのでした。


「きみはいい子」の原作者中脇初枝さんは徳島に生まれ、2歳の時から高知県四万十市で育ちました。

前回のブログでもご紹介した、心やさしき地域の人々と素晴らしい自然、そして地域社会を見事に彩る歴史と文化の中に包まれ、中脇さんはその感性を大きく育ててゆきました。

そして高校3年生の時に発表した小説「魚のように」で、第2回坊ちゃん文学大賞を受賞し、17歳で作家としての道を踏み出すことになったのでした。

そんな高知県が生んだ中脇さんが、現代社会の中で傷つき苦悩する人々と向かい合いながら、その先に一すじの希望を語ろうとしたこの原作、そしてそれをもとに映画化された作品に触れた時、T氏は心やさしき高知の心を県内全域に語るべく全県上映を決意したのでした。

それなのに...。

一報の電話をもらい、電話から語られる彼の苦悩の言葉を耳にして電話を切った時、私の心には一つの決意が芽生えていました。

彼の思いを受け止めて、彼に変わってこの作品の高知県全県上映を実現しようと...。

そしてそんな思いを携えて高知県を訪れていました。

突如の病を患っているT氏の夢を叶えるべく...。

私の土佐もうではこれから始まります。


a0335202_13284488.jpg
朝日に映える高知城


a0335202_13284367.jpg
高知駅前には、幕末三志士の像が



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-09-30 13:32 | 旅と出会い | Comments(0)