東京大空襲


東京大空襲の大惨禍から70年目の3月が巡ってきました。

1945年、敗戦間近の3月9日未明から10日にかけて東京を襲った325機のB29は、たちまちのうちに東京を火の海に変え、一度にして10万人の民間人の命を奪ったのでした。それはまさに地獄絵図とも言える悲惨な光景となり、東京下町は一夜にして焦土と化したのでした。

そんな惨禍を二度と繰り返させない…。そして不幸にも生命を奪われた数多くの方々の慰霊を願って心ある民間の方々が「東京大空襲」を語りついできましたが、そのお一人に海老名香葉子さんがおいででした。

海老名さんは沼津の疎開地で赤く燃える東京の空をみつめ不安な一夜を過ごしました。
そして彼女にはあまりに過酷な現実が突きつけられたのでした。東京大空襲は不幸にも海老名さんの家族の絆を奪い、一夜にして彼女は戦災孤児となってしまったのでした。

その後、幸いにして彼女は人の情に支えられ、初代林家三平師匠とご結婚され一門を支える女将さんとしてご活躍をしてきました。それでも心の中には「東京大空襲」で生命を奪われた数多くの方々への慰霊の思が途絶えるとはありませんでした。

そして2005年意を決してまさに私費を投じて東京上野に東京大空襲の慰霊碑「哀しみの東京大空襲」「時忘れじの塔」を建立、毎年3月9日に慰霊の集いを行ってきたのでした。
a0335202_09535973.jpg

私は、東京大空襲をテーマに撮った海老名さん原作のアニメ「明日元気になーれ」の全国配給を担当したことがきっかけで海老名さんとお会いして、キャンペーンでご一緒に全国を回り、その中で彼女の平和への熱い願いに胸を熱くしていました。
それ以降私も毎年3月9日の慰霊の集いに参加して参りました。集いには毎年大勢の方々がご参加され、いつまでも続く平和を願って手を合わせていました。

そして本年3月9日、巡り来る70年目の集いは上野の山で開催されます。
a0335202_09540273.jpg

[PR]
by cinema-tohoku | 2015-03-09 10:20 | その他 | Comments(0)