昨日は「立冬」・・・、暦の上では冬を迎えるというのに、ここ東京は季節はずれの暖かさ・・・思わず上着をぬいで手にかかえました。
 台風、集中豪雨、地震・・・昨今の「異常気象」は、もはや異常とは言えない、日常のものになってしまった様です。
 この先に、漠たる不安も感じさせる自然現象が続いています。
 自然が異常になると、人の心も異常になってしまうのでしょうか。
 事は10月31日のことでした。
 甲府から東京に戻り、私が以前勤務していた会社の社長と久しぶりに旧交をあたためようと、待ち合わせをしたのが渋谷駅でした。
 夕刻に渋谷に到着、そしてそのあまりのすさまじさにしばし立ちつくしたのでした。
 そうです、この日はかの「ハロウィン」なるその日だったのでした。
 この頃には、駅前のハチ公前広場は、立錐の余地のない人、人、人で埋まり、その一人一人に目をやるなら、そのすさまじい姿に絶句でありました。
 そして刻一刻と、その人の波は大きくふくらんで行ったのでした。
 本来は〝秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教行事〟とのことですが、この祭りの本来の意義は全て放り投げ集まる若者の姿は、ただひたすらに刹那的な快楽と、バカ騒ぎを求める悲しい姿としてしか、私の目には写りませんでした。
 消費文明のみをあおるマスコミにおどらされて、「理性」や「知性」とは真逆な道をたどるあわれな姿にも感じさせられたのでした。
 明けて今朝のニュースは、アメリカの中間選挙の結果を報じていました。
 反知性とフェイクに塗り固められたトランプ政権にストップをかけたのは、立ち上がったアメリカの若者たちであったと・・・。
 このあまりの落差にぼう然としながら、それでもあきらめてはならないのだと思うのです。
 私の手の中にある文化としての映画を、今を生きる一人一人に、そして若者たちにも今だからこそ伝えなければ・・・。〝人の情〟や〝人の道〟を映画を通して学んできた私たち世代なのですから・・・。
 そんな思いにさせられた渋谷の一夜でした。
a0335202_12085972.jpg
映画「あの日のオルガン」より


[PR]
# by cinema-tohoku | 2018-11-16 12:09 | その他 | Comments(0)
 紅葉が盛りを迎えた北海道にやって来ました。
 空路札幌にはいり乗り換えて小樽へ・・・。
 これまで幾度か訪れていたのですが気が付きませんでした。
 小樽に向かう途中の駅には、「星置(ほしおき)」「ほしみ」・・・満天の星空の輝きを思わせる素敵な駅名があったことに気付かされました。
 そんな発見に心を和ませながら、訪れた小樽地区保護司会の皆様は、やさしい笑顔で私を迎えて下さいました。
 そして明年、発足70年を迎える小樽地区保護司会の記念上映会として、「君の笑顔に会いたくて」の上映を決意して下さいました。
 ご相談はトントンと進み、仕事が早めに終わったので、小樽の山手の一角にある「小林多喜二文学碑」を訪れてみようと思いました。
 この碑は、1964年多喜二の同窓生が発起人となって募られた資金で、小樽を一望する山の一角に建立されたものでした。
 小林多喜二・・・秋田県で生まれ小樽に移り住み、その中で社会の諸問題と向かい合い、人の幸せに寄り添いながら、その短い生涯を駆け抜けるようにして熱く生きた文学者です。
 日本映画の名匠今井正監督の手で製作され、1974年公開となった映画「小林多喜二」は、私が以前勤務していた会社の配給によるものでした。
 小林多喜二の名前は、それまでにも知ってはいましたが、この作品の配給に誠実にあたるため全集を買い求め、それを読みながらこの仕事に向かっていったことを記憶しています。
 そして多喜二の、人に寄せた心のやさしさと、時代の矛盾を解くため、身を投じてそれにあたった情熱に、私の胸を熱くしたことも思い出したのでした。
 もはや晩秋を迎え、雪虫も飛び交い始めた小樽の山を、落葉を踏みしめながら一人歩き、過ぎ去った若かりし頃の自らとしばし向かい合ったのでした。
 そしてたどり着いた高台に建つこの碑は、大地に根を張った確かな存在感を語っていました。
 夕刻が忍び寄り始めた碑の前に立ち、思わず両の手を合わせた私でした。
 人の幸せに寄り添いながら、もうしばらくは私も努力を重ねる決意も込めて…。
a0335202_14552857.jpg
小林多喜二文学碑
a0335202_14554463.jpg
夕やみの迫る小樽運河


[PR]
 ここしばらく、「あの日のオルガン」全国上映のしくみづくりで東京出張が続いていました。
 幸い多くのご支援を得ることが出来、作品は完成し、二転三転しながらも全国公開の大筋がほぼ見えて来たので、「全国上映運動」づくりに久しぶりに関西を訪れました。
 昨日は、神戸、大阪で保育団体との話し合い、その後京都に移動して、今日の朝は久しぶりに京都で迎えました。
 いささか疲労気味の我が心身のリフレッシュも願って朝の散歩へ・・・1時間半程かけて京の町を巡りました。
 夏のあの殺人的な酷暑もどこへやら・・・空一面を彩る鱗雲は、京都の町への秋の訪れを告げていました。
 宿を出た足はいつの間にか東に向かい、歩きながら、ほどなく私の胸にはその目的が形になっていました。
久しぶりに清水寺を訪れようとする思いが。
 そして、清水寺の境内の一角に立つ「記念碑」を訪れる目的が・・・。

 1998年、いくつかの夢を描きながらシネマとうほくを設立した時、私の胸には一本の映画製作の夢が明らかな形となっていました。
 私を生み育てた岩手の地に刻まれた、北の誇りをこの映画を通して語ろうとする夢が・・・。
 思いを込めて製作に取り組んだ作品は、長編アニメーション「アテルイ」でした。
 今から1200余年前、東北の地は遠く縄文から受け継いだ文化を引きつぐ平和な、そして豊かな地でした。
 その頃、近畿に拠点を持った強大な国家ヤマトは、その版図を全国に拡げていました。
 そして、最後までヤマトの意図になびかなかった北の地を我がものとするため、強大な軍勢を送って来たのでした。
 北の民を「エミシ」とさげすみながら・・・。
 その不当な侵略に抗して、故郷の生活と誇りを守るために立ち上がった勇者達がいました。
 そして、その先頭に立ったのが、若き勇者アテルイでした。
 地の利を生かしたエミシの騎馬軍団は、圧倒的なヤマトの軍勢を相手に見事な戦いを続けましたが、その戦いは長期におよび、北の民をヤマトによって根絶やしにされることから守るため、アテルイはヤマトの指揮官坂上田村麻呂に降伏を申し出、盟友のモレ共々500騎で京に連行され、802年河内国杜山(現枚方市)で惨殺されたのでした。
 そんな北の勇者たちを顕彰しよう・・・そんな声が岩手を中心にあがったのは、アテルイ没1200年の記念の年のことでした。
 この年に、私たちのアニメ「アテルイ」は完成し、西の地には坂上田村麻呂が願主となって建立された清水寺の一角に、北の地の英雄を顕彰する碑が森貫主様の揮毫で除幕されたのでした。
 それ以降、京都を訪れた時間をぬっては、碑に手を合わせて来ていました。
 久しぶりに訪れた清水寺には、変わらずに「アテルイ・モレの碑」が秋の空を背景に北の誇りを語っていました。
 36年来の思いがかなって完成した「あの日のオルガン」の成功と、アテルイたちが命をかけて守ろうとした平和への願いを込めて、思わず両の手を合わせた京都の朝でした。
a0335202_11083461.jpg
京都の空を彩る鰯雲
a0335202_11085839.jpg
阿弖流為 母禮の碑



[PR]
 一本の映画が完成すると、一般的にはいくつかの試写会を経て公開に至るものです。
 この試写会は、通常は「マスコミ試写会」と呼ばれ、芸能マスコミ、報道関係者や映画評論家等に向けて都内の試写室を使って数回から10数回行います。
 これとは別に、監督や俳優の舞台挨拶を交えた「完成披露試写会」を開く作品もあります。
 6月に完成した「あの日のオルガン」の試写会は、これら通常のものとは異なった仕組みで今展開中です。
 先ず最初に一般の方々にご覧いただいたのは8月5日の大阪市、保育関係団体の夏の研究集会での試写会でした。
 この試写会には、会場を満席に埋めた700名の方々(そのほとんどは保育士さんだったと思います)に、この作品を全国で初めてご覧いただくこととなりました。
 場内が暗転して上映がはじまるや、会場からは笑いが…笑いが…、ドラマ中盤に差しかかるや、一転して場内にはすすり泣きの声が…そして、上映終了後、観客の方々は満場の拍手でこの作品を受け止めて下さいました。
 その後試写会は、感動のお声を綴りながら、8月26日、9月1日の保育関係者の集会での試写会に引きつがれて行きました。
 又、通常行われる「マスコミ試写」に先立って、松竹試写室を使った「特別内覧試写会」は、昨日までに2回行われました。
この試写会は、映画製作を支えた「市民プロデューサー」の方々や、ご後援団体の方々、又これからの上映を支えて下さる方々をお招きしてのものでした。
 上映終了後は、目を真っ赤にしながら、交々に感動のお声を語るご参加者の言葉に、早々と映画上映の大成功も予感させる試写会となりました。
 そして、ここまでの試写会ご参加者は、何と1,500名にのぼったのでした。
 更に、「あの日のオルガン」試写会は、10月からの9回予定の「マスコミ試写会」、そして、その後に予定される出演者勢ぞろいの「完成披露試写会」に引きつがれ、明年2月の公開を目指して行くことになります。
 観ていただくことで、この作品は拡がっていく・・・こんな私達の確信は、異例な試写会の運びとなり、そしてそこから語られた感動のお声は、一歩一歩確実にこの作品を育て始めて来ているのかも知れません。
 “子どもの命と平和〟を願うお声を、ご覧いただいた方々の胸に刻みながら・・・。
a0335202_10415465.jpg
「あの日のオルガン」



[PR]
# by cinema-tohoku | 2018-09-12 10:43 | 映画 | Comments(0)
「あの日のオルガン」市民プロデューサーのお一人で、東京恵比寿で精神科医師として、心を病んだ方々と向かい合っていらっしゃるYさんのフェイスブックに映画原作本のご感想がアップされました。
ご本人のご許可をいただいて掲載させていただきます。
皆様も是非お読みになって下さい。

夏休みの極私的課題図書、『あの日のオルガン~疎開保育園物語』(久保つぎこ著、朝日新聞出版)。映画化に際し36年ぶりの復刊であります。ちびちび読んで終戦記念日にようやく読み終わりました。

敗戦の前の年、1944年4月に幼稚園閉鎖令が施行され、同年8月からは小学3年生から6年生までの集団疎開が始まるのだが、保育園はといえば、「戦時託児所」と名前を変え、その数を増やした。就学前の幼児の「疎開保育所」が地方に開設されたのは、終戦のわずか2ヶ月前、東京大空襲の後のことだった。

そんな時節にあって、44年11月に幼児疎開を単独で決行した民間の保育所があった。戸越保育所(現・品川区)と愛育隣保館(現・墨田区)である。このふたつの園から幼児53名と職員11名(うち保母8名)が、旧国鉄桶川駅から6km離れた高虫の荒れ寺に疎開したのである。

幼くして親元を離れた幼児は3歳から5歳、親に代わって子どもたちの保育にあたる保母は19歳から27歳。日々の激務と負わされた責任の重さからか、終戦までの約9ヶ月間、保母たちは全員が無月経であったという。

童話作家であり新劇の女優であり3人の子を持つ母親であった久保つぎこは、丁寧な取材と調査を重ね、3年の歳月をかけてこの本を書き上げた。登場する人物、とくに若い保育士たちが活き活きと描かれているのは、著者の経歴と経験によるところが大きい。インタビューの言葉ひとつひとつにリアリティがある。

内容が内容だけに反戦・非戦の想いがこめられているのは言うまでもないが、読み進むうちに、子どもを育てること、子どもが育つこと、人が生きることの根本を問われている気がしてくる。

疎開保育園の子どもたちは、終戦の日まで全員が無事であった。しかし、その中には45年の3月と5月の空襲で、親きょうだいをすべて失った子どももいた。そして、疎開せず東京の親元で暮らしていた幼児たちの、いったい何人が戦火に焼かれたことか。

1982年に出版された本書の原題は「君たちは忘れない」だったそうである。忘れないだろう、忘れてほしくない。私たちも決して忘れない。世界に平和を。Love & Peace.
a0335202_10203036.jpg
「あの日のオルガン」

[PR]
# by cinema-tohoku | 2018-08-24 10:27 | 映画 | Comments(0)