タグ:ちえりとチェリー ( 8 ) タグの人気記事


a0335202_12121497.jpg
 このブログでも何回かにわたってご紹介して来ました「ちえりとチェリー」の被災三県での全国先行上映が次々と始まって来ていました。

 その一ヶ所一ヶ所には、子どもたちの健やかな未来を願う住民の方々の思いの結晶と、数々のドラマがあったのですが、そのひとつに宮城県栗原市の上映がありました。

 本年2月、上映実現の願いを携えて市役所を訪問した私達の思いを、栗原市長さんは熱く受け止めて、上映実現をお約束して下さいました。

 そして、市のご担当課が中心になって実施方法についての検討が加えられ、栗原市が選んだ上映方法は、市内の小学校1年生から4年生1,600名の全員鑑賞を実現し、子どもたちの心に命の輝きを灯そうとの方針でした。

 そして、先日その上映会が開かれ私も行って来ました。

 会場となった栗原市文化会館には、市内各所から子どもたちを乗せたバスが次々と到着し、会場は約700名の子どもたちでいっぱいに埋まりました。

 何せ元気いっぱいの子どもたち…しかも、授業が消えて映画鑑賞になったことへの浮き立つ様な思いもあって、上映前の会場の騒がしさは見事と云いかえてもよい程のものでした。

 そして、時は回り上映開始の時間に…。

 会場の客電が落ちるや、わくわくする映画への期待の表れか、一斉に大歓声が…。

 しかしながら、上映が始まるや、こんな子どもたちの反応は見事なまでに一変、会場は一転して水を打った様な静寂に包まれ、子どもたちは、スクリーンに繰り広げられるちえりの冒険を食い入る様にして見つめ、映画はそのままエンドを迎えたのでした。

 派手なバトルも、下品なギャグもない…ちえりたちが精一杯の思いを込めて「命の輝き」を見つめる54分のドラマを、栗原の子どもたちは、時には涙もぬぐいながら受け止めてくれたのでした。

 子どもたちの心の成長の危機が語られている今、この映画鑑賞会を通して子どもたちは、見事なまでの「感性」のきらめきを私に示してくれました。

 子どもたちの健やかな未来を巡って今問われている最大の問題点は、実は子どもたちの側にあるのではなく、この素晴らしい「感性」に何を伝えるのか…まさに課題は私達大人の側にあることもこの上映会は見事に語ってくれたのです。

 この映画に触れた全ての子どもたちの胸に、この作品の感動が生涯の記憶として残り、自らの心に「命の輝き」を育てる力となることを心から願った雨の栗原市の一日でした。

a0335202_17355722.jpg
会場は元気な子どもたちで満席



[PR]
by cinema-tohoku | 2016-07-11 17:36 | 映画 | Comments(0)

 私たちが人を評価しようとするとき、いくつかの指標を持ち出し、それに照らしてその評価を下しています。

 知性や情熱であったり、指導力や資力さえもがその評価の指標に使われています。

 改めて振り返ってみて、まこと不思議な人としての力を持った方と一本の映画の仕事を共にしていることに気づかされたのでした。

 フロンティアワークスのO氏・・・今私たちが全国展開に取り組んでいる「ちえりとチェリー」のプロデューサーがその人です。

 Oさんと初めてお会いしたのは2年前に遡ります。

 「ちえりとチェリー」の全国配給のご要請を携えて彼は、フロンティアワークスの社長と一緒に私の前に現れました。

 その時の素直な印象は“ちょっとオタクっぽい、そしていささか頼りなさそうなお方・・・”失礼ながらこんな第一印象を持ったことを覚えています。

 しかしながらそんな印象は、ご一緒の仕事が始まるや一変、これはなかなかの方でいらっしゃること気づかされたのでした。

 ふっくらとした頬に優しそうな笑みをうかべ、細い目を更に細くして彼は私の前に立ちます。

語られる言葉はあくまでもおだやかで、決して一方的に自説を主張せず、相手の話を注意深く聞いているのです。

 そして、Oさんと向かい合っているうちに妙に心がおだやかになり、いつの間にか彼の考えに寄り添ってしまっている自分に気づかされるのです。

 今までお会いしたこのことない、まことに不思議な人としてのお力を持った・・・Oさんの本当の姿はこんな方だったのです。

 そして私がOさんについてのこんな評価をする時の指標として、これも気づかされたのが「誠実さ」と「ねばり」だったのでした。

一見地味な、それでも人としての確かな力となり得るこの二つの特性を今後、自らにも課してみたいと思っています。


a0335202_13554651.jpg
Oさんはチェブラーシカに似ている…かも


[PR]

a0335202_12152051.jpg
製作スタッフも並び賑やかな仙台上映


 長い長い時間をかけながら準備を進めて参りました「ちえりとチェリー」の被災地3県での先行公開が、そのスタートを切りました。

 全国トップを切ったのは仙台、そして翌週には盛岡市・・・この作品はいよいよ全国への長い旅を始めることとなったのです。

 当日は、中村監督、プロデューサー始め製作関係の方々も遠路東北に足を運んで下さり、賑やかな発進の日となりました。

 ここに至るまでに「試写会」は数多く重ね、作品にお寄せいただく反響を一定は把握してはいましたが、それぞれ1,000名に登った多くの観客の方々とこの作品が触れるのはこの日が初めてのこと、観客の方々がどう受け止めて下さるのか、まさに探る様な思いでの開映となりました。

 映画が始まるや、ちえりが自らの想像の世界でチェリーと一緒に繰り広げる不思議な冒険の世界に観客は引き込まれ、まさに場内は水を打った様な静けさに包まれ、上映が終了するや観客の方々は、満場の拍手でこの作品の旅立ちを祝って下さいました。

 殊に当日は子どもたち・・・学齢にはまだ遠い3才、4才の小さな子どもたちもたくさん会場に足を運んで下さいましたが、身じろぎもせず、そして時には涙をぬぐいながら映画と向かい合う姿に、ホッと胸をなでおろした私たちでありました。

 子どもたちの成長の危機が語られ、日々ひたすらに刺激のみを伝えようとする映像の氾濫の中に育っている子どもたちが見せたこの作品への反応に、改めて子どもたちが持っている「感性」の素晴らしさと可能性を実感した上映会となったのでした。

 上映会終了後は、撮影に使われた人形も展示され、グッズの販売共々嬉しい大混雑のロビーとなりました。

 心を込めて製作されたこの作品に寄せた子どもたちの反響に、これから始まる全国公開成功への決意と責任を胸に誓った東北の初日でした。

a0335202_12152159.jpg
撮影に使った人形は大人気

a0335202_12152024.jpg
グッズの販売コーナー



[PR]
by cinema-tohoku | 2016-03-07 12:17 | 映画 | Comments(0)

a0335202_12130510.jpg
全てが奪われた大槌町


 「ちえりとチェリー」の被災地での上映準備もいよいよ佳境に入り、先日は岩手県釜石市、大槌町、山田町を巡って参りました。

 震災以降この地を訪れるのはこれが初めてのこと、いささかの緊張を胸にしながらの三陸沿岸への旅でした。

 このあたりは以前は、何度も何度も車で通った道...しかしながら車窓から流れる懐かしい風景は釜石の町に入るや一変...そして釜石から峠を超えて隣町大槌町を一望に出来る高台に立ち、そこから大槌のかつての市街地に入ったときはまさに息をのむ思いでした。

 海に向かってひらけた、かつての大槌町は既にその姿を消し、全く何もなくなってしまった平坦な大地の上を、かさ上げ工事のダンプカーが土ぼこりを巻き上げながら走るだけ...。

 町には人の姿もなく、あの人のにぎわいに溢れていた大槌町はその姿を一変させていました。

 町の中心部に唯一残る旧役場庁舎の前に立ち、改めて5年前の大惨禍の凄まじさにただただ両の手を合わせるばかりでした。

 あの日から間もなく5年...5年経ってもこの姿とは...。

 こんな変わり果てた町の姿に日々接する町民の思いに心を寄せた時、もはや我慢も限界を超え、町での再起をあきらめ、他の地に移り住む選択をした町民の思いが胸に迫って来る思いでした。

 こんな膨大な、そして長期にわたるかさ上げ工事ではなく、住民の日常生活に寄り添った別の町再建の道があったのではないのか...。

 そんな思いにもさせられたのでした。

 そして訪れた町役場、お忙しいお時間を割いてご面会下してさった平野町長さんは、満面の笑顔で私たちを迎えて下さいました。 

 実は、平野町長さんとは、平野さんが町職員であった頃からのお付き合い。

 映画の上映を通した町の活性化と子供たちの健やかな未来にご賛同いただき、これまでもいくつかの映画の上映に取り組んで下さった、平野さんはそんな好漢でした。

 震災以降の町の未来に、止むにやまれぬ思いで町長選に立候補し幸いご当選、一番大切な時の町政の舵取り役となったのでした。

 思わず話はあの日あの時のことに...あの時は大槌町の幹部職員が集って会議中、この中に平野さんもおいででした。

 迫り来る津波が目には見えていたのだが、いくら思い返してもあの時の音を思い起こせない...全く音の無い世界に立ち止まっていたのだと...。

 当時の町長さんを始め、貴重な幹部職員の何人かの命は奪われて行きましたが、幸い平野さんは自らの命を拾うことになったのでした。

 あの当時のことを振り返るなら今は、仲間も、そして復興に向けて一生懸命に努力する職員もいる...幸せなことですよ...、と語る平野町長さんの言葉に思わず胸が熱くなったのでした。

そして、私たちの語る「ちえりとチェリー」大槌町上映についてもその実現を約して下さいました。

 5年を経てなお、まだこの現状にある被災地への思いと、そこへの支援の手を更に重ねなければならない...そんな思いを強くした岩手県沿岸の一日でした。


a0335202_12130583.jpg
旧大槌庁舎



[PR]

a0335202_11223056.jpg
 震災からの復興と子どもたちの健やかな未来を願って、岩手県に引き続いて昨日(1029日)宮城県上映運動のスタートが切られました。

 この日はこの作品の宮城県上映にご賛同された方々が河北新報ホールにお集まりになり、県内初となる試写会、「ちえりとチェリー」が繰り広げる少女の想像の世界を堪能しました。

 昨日の試写会でも感じたのですが、この作品は不思議な作品と思えるのです。

いわば“山あり谷あり”の物語りではありませんし、どちらかというと感情の高ぶりをあえて抑えながら淡々と語られる作品なのです。

 それなのに、観ているうちに不思議に作品の中に引き込まれ、いつの間にか主人公の「ちえり」に感情移入している自分に気づかされるのです。

 人形アニメーションが持つ、不思議なやさしさのせいなのかも知れませんが、何より、この作品完成に込めたつくり手たちの熱い熱い思いがいつの間にか伝わっているからなのかも知れません。

 昨日もご覧になった方々は、涙をぬぐい、上映終了後は交々に熱い感動が語られる試写会になりました。

 映画の感動が余韻として残っていたのか、その後開かれた呼びかけ人会議では活発なご意見が交わされ、宮城でも上映の運動はスタートを切ることになったのでした。

 こんな熱い思いを持ったつくり手たちの結晶を、東北被災地の多くの親と子どもの胸にお届けしたいものです。

 そして、被災地から全国に大きく育てて送り出したいものです。

a0335202_11284571.jpg
仙台での呼びかけ人会議の様子



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-11-05 11:30 | 映画 | Comments(0)

a0335202_09560231.jpg

 以前のブログでもご紹介しておりました、人形アニメーション「ちえりとチェリー」が、被災地の復興と子どもたちの健やかな心の成長を願ってその上映の準備をスタートさせました。

 本年3月、宮城県石巻市で全国初めてとなる被災地からの発信上映を開催、それ以降全国上映実現への努力を重ねて参りましたが、石巻上映以降、この作品の上映の意義を更に大きく語ることになった悲しい事件が起きていました。

 岩手県矢巾町では、中学2年の少年が不当な“いじめ”によって、たった13年にしかならないあまりに短かった命を自ら絶ちました。

 そしてもう一件は、この事件を追うようにして明らかになった仙台での、これも“いじめ”に起因する中学生の自殺でした。

 私たちが地域社会と国の未来を見つめた時、そこには当然のように未来へのバトンを受け継ぐべき子どもたちの成長が前提となっています。

 そんな子どもたちの未来が閉ざされた時、それは国の未来そのものの危機であるのではないでしょうか。

 今の時代に生きる私たち大人は、こんな子どもたちの心からの叫びを受け止めて、真剣にこの問題と向き合わなければならないところに来ているのではないかと思えるのです。

 “子どもたちの心に命の輝きを取り戻すために・・・”

 そして今、そんな願いを込めた「ちえりとチェリー」はこの世に生を授かり、全国に向けて上映を発信させようとしているのです。

 全国公開に向けた第一歩は、岩手、宮城、福島の被災3県からおこしてゆくことになりました。

 被災地の復興と子どもたちの心の成長を願った私たちの上映企画は被災3県に輪となって拡がり、上映成功に向けた「上映運動」はスタートをきったのでした。

 あの日から5年を迎える明年春、こんな願いは全国に向けて誇り高く発進することになります。


[PR]
by cinema-tohoku | 2015-10-26 09:56 | 映画 | Comments(0)

「ちえりとチェリー」や「チェブラーシカ」は人形アニメーションの手法によるアニメーション映画です。

ここで人形アニメーションについて…。


a0335202_13442804.jpg
人形アニメーションの手法で作られた「ちえりとチェリー」の場面写真


全ての映画は一秒間に24のコマがスクリーンに映し出されています。

実写作品は、動いている対象物を撮影カメラでシャッターを落としながら一秒間を24のコマに分けて撮影し、これを映写機でスクリーンに映します。

2Dアニメ(以前はセルアニメともいいました)は、描き上げた動画を一コマずつ撮影し、スクリーンに一秒に24コマ映し出し動きを伝えます。

そして人形アニメの制作は、先ず人形づくりからこの作業は始まるのです。

これは、実に精巧な人形で、関節には金属製の骨格が入っていて、その全てが手で動かせるようになっています。

そして、その人形を手作業で少しずつ、まさに少しずつ動かしながらカメラでコマ撮りしていくのです。

そして完成した作品は、2Dアニメにはない人の手のぬくもりが伝わる不思議な世界を語ってくれるのです。

あまりに手間と時間が(しかるにお金も)かかる長編人形アニメの製作は、サンリオが製作し、1979年に公開された「クルミ割り人形」以来ではなかったと記憶しています。

「ちえりとチェリー」は、日本では久しぶりに制作された長編人形アニメーション映画だったのです。

被災地を支えようとする、たくさんの心優しい手に包まれながら…。


[PR]
by cinema-tohoku | 2015-03-25 13:48 | 映画 | Comments(0)

アニメーション制作会社フロンティアワークスの方々が一本の作品と被災地支援の熱い思いを持って私を訪ねてきたのは、あの大惨禍から間もなく4年を迎えようとしていた20149月のことでした。

a0335202_14033209.jpg

その作品は「ちえりとチェリー」

揺れ動く少女の心と、そこからの自立を見事な技術で描いた人形アニメーション映画でした。

この作品の制作に向けた動きが始まったのは今から5年前、子どもたちの健やかな心の成長が危惧される現代に子どもたちの未来を願ってこの作品は企画されたのでした。

そして、その製作準備に入っていた時に起きたのがあの大惨禍でした。

被災地から伝えられる悲惨な映像に監督始め製作スタッフ一同は大きなショックを受け、これから製作するこの作品が東日本大震災と無縁であってはいけない…そんな思いで作品は再び構成されていったのでした。そして生まれたこの作品を、東日本大震災の復興に役立てて欲しい…、そんな思いを彼らは私に熱く熱く語ったのでした。

拝見した作品は、素晴らしい完成度で見事なメッセージを語っていました。

生命の輝きを見つめながら、その未来に向けて歩みだす子どもの心の自立を…。

JSNとしての配給をお引き受けし、「ちえりとチェリー」公開の夢は幾度かの議論の中から浮かび上がってきました。

大きなテーマは「被災地の心の自立」「変わらず被災地を支える全国の心」、あの日から4年を数える本年3月、被災地から全国に向けたこのテーマの発信上映会を行い、その呼びかけに応えていただき、明年3月までに全国500ヶ所の上映をつなごうとする大きな大きな夢は描かれていきました。

そして迎えた発信上映会は、間もなくあの日から4年を迎えようとする石巻市で38日に行われたのでした。

極めて短い準備期間にも関わらず、当日は350名の親と子どもたちが会場を訪れてくれました。

この上映準備にあたった石巻の子どもたちからの全国上映成功に向けたメッセージが舞台から語られ、そして始まった全国初の「ちえりとチェリー」の上映はまさに感動的な上映会となりました。

「チェリー」が自らの生命と引き換えにして、新たな生命を守ろうとするシーンでは多くの観客が涙をぬぐい、更に会場には号泣する子どもたちの声が響き、上映会場は大きな感動に包まれたのでした。

被災地にとって「真の心の自立」が求められる今、この作品は石巻の子どもたちの心にこんな願いを見事に語ってくれたのかも知れません。

「ちえりとチェリー」の全国上映成功への願いは被災地石巻から発信されました。

どうぞこの手に皆様方の手をつないでいただき、全国に拡がる大きな心の輪に作り上げていってほしいのです

a0335202_13552237.jpg
「ちえりとチェリー」石巻上映会チラシ


a0335202_13550597.jpg
a0335202_15460671.jpg
上映会場に展示された「ちえりとチェリー」の人形に興味しんしん。



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-03-20 14:10 | 映画 | Comments(0)