「ほっ」と。キャンペーン

タグ:じんじん ( 11 ) タグの人気記事


a0335202_13454030.jpg
出雲大社も上映成功を祝ってくれている様でした


 長い長い時間をかけながら、一歩一歩ていねいに歩みを進めて来ました「じんじん」出雲市上映がやっと本番上映の当日を迎えました。

 改めて振り返って見るなら、事の発端は米子市で「じんじん」をご覧になって大感激したMさんが、恐る恐るご連絡をとって来て下さった一昨年前にさかのぼります。

 “とても素晴らしい映画…。出来れば出雲市での上映を実現して、一人でも多くの方々にお伝えしたいのだが、映画上映の経験もなければ、何の組織の裏付けもない…、こんな私でも上映が出来ましょうか。”と。

 その願いにお応えするべく、初めて出雲市をお訪ねしたのは一昨年の11月のことでした。

 それから数えるなら何と15ヶ月にのぼる、まさに「スローシネマ上映運動」の道のりでした。

 Mさんの心を込めたお呼びかけに賛同し「観る会」のメンバーに加わって下さった方は14人、絵本の読み聞かせ活動をやっている主婦、元教師、出雲で演劇活動をやっている方…。

 そんなお一人お一人のご賛同をていねいにつむぎながらこの日の本番の上映を迎えるまでには、これ位の長い時間にわたる運動の醸成期間が必要だったのかも知れません。

 朝方の雨もあがり上映が始まる頃には青空も…、緊張で前日は充分に眠れなかったと語るMさんと14人の仲間たちの心を込めた「じんじん」上映会には、600名にのぼる市民の方々が足を運んで来て下さいました。

 ドラマが終盤に差し掛かるや会場にはすすり泣きの声も聞かれ、上映終了後にはお金を払った「お客様」が主催者に深々とお礼をする…そんな素晴らしい上映会となりました。

 経験も組織もない、それでもたった一つ“多くの人に伝えたい!”そんな一人の女性の思いが600人の共感となって拡がった…これは見事な「スローシネマ」の典型の上映でありました。

 上映終了後、会場そばの中華料理店でささやかな、それでも心のこもった懇親会となりました。

 懇親会では、楽しかった、このままお別れするのが悲しい... 映画はお金を払って観るものだと思っていた。自分たちが上映会など出来ないと思っていたが、こんなすごいことをやれたんだ...。 等、感動に頬を染めたメンバーの声は、いつまでも出雲の冬空に響いていました。

a0335202_13454021.jpg
若い方々も目立った出雲市上映

a0335202_13453922.jpg
楽しかつた懇親会




[PR]
by cinema-tohoku | 2016-02-25 13:47 | 映画 | Comments(0)

a0335202_10332909.jpg
初冬の出雲市駅


 以前のブログでも書きました。

 島根県出雲市で「じんじん」上映を望むお声が上がり、それではまずは何人かで映画を観て、その上で皆のご意見が是非上映をしたい、とのことになるのなら...そんな願いを込めて「先ずもっての試写会」を開いたのは本年729日のことでした。

 幸い、ご覧の皆様方からは、とても熱い感動が語られ、全員一致で上映を決意、ここに集った20人の願いを更に多くの市民と共有するため「大きな試写会」実施に向けて一歩一歩準備を重ね、昨日は(129日)その試写会の当日でした。

 是非来て欲しい...とのご要請を受けて又遠出雲路をたどって参りました。

 幸い、12月にしては穏やかな陽気に恵まれた出雲、上映会場となった郊外の会場には多くの市民の方々が足を運んで下さいました。

 そして開かれた試写会は150人にのぼる方々のご参加で大成功をおさめ、上映運動は明年2月の本上映成功に向けてスタートを切ったのでした。

 それにしてもこの上映、まさに私たちの掲げた「スローシネマ」の典型。

 最初に上映のお声をあげた方は大きな組織の裏付けもない「じんじん」に感動したまさに一市民。

 そして、彼女のお呼びかけで集まった方々も、格段の運動のご経験もない、これもまさに一市民。

 そんな方々が一歩一歩、まさに道を探るようにして積み重ねて来た、ここまでの道筋でした。

 試写会上映中、車座になって実行委員の皆様と話し合いをしました。

 ここまでの丁寧な論議と道筋にやっと自信の片鱗をのぞかせながら、交々に確かな手応えを語る皆様の言葉に、2月の本上映の大成功を確信した私でありました。

 あせらず、ゆっくりと、そして丁寧に...納得のいく階段を一歩一歩登った先に実現する素晴らしい上映会...。

 「スローシネマ」はいよいよその力を全国に大きく拡げ始めたのかも知れません。

a0335202_10333086.jpg
沢山の市民が集まった試写会


a0335202_10332946.jpg
遠くに望む大山




[PR]

 南アルプス市、山梨県の西端に位置し、市の名前にある通り、日本第二の高峰、南アルプスの北岳をその市域にもつ、美しい景観の市です。

 そんな南アルプス市から「じんじん」上映実現のご希望が届き、そのご相談で初めてこの町を訪れました。

 ご連絡をして下さった方は、市内で保育所の所長をお勤めのFさん、となり町での上映で「じんじん」をご覧になり大感激…是非南アルプス市での上映を…そんな思いを携えてご連絡をとって来て下さいました。

 保育園を経営する法人の理事長をお勤めのご主人様とご一緒に甲府駅までお迎えいただき、初のご対面…。

 無認可保育所から始めて30数年、子どもたちの健やかな未来を願ってご活動を続けて来られた歩みが、そのお姿にしっかりと染み付いている様な、とてもお優しい風情の素敵なお二人でありました。

 まずは、車で保育所へ…。

 着いた保育所では、今まさに子どもたちの和太鼓の練習が始まらんとするところでした。

 ご案内されて入ったホールには、たくさんの大太鼓と小太鼓の列…。

 よくもこれだけの数の太鼓を揃えられたものと感心しているうちに、いよいよ練習の始まり。

 口を一文字に結んで、しっかりと前を向いて、必死に太鼓をたたく子どもたちの姿に思わずジーン…。

 こんな素晴らしい子どもたちのまなざしの未来に、平和な、そして夢いっぱいの社会を手渡してやりたいと願わずには居れませんでした。

 お聞きすれば、これまでも数々の「文化活動」を地域で展開されて来られたお二人、私たちの掲げた「スローシネマの方針」にも全面的にご賛同いただき、南アルプスのふもとでの上映は実現に向けてスタートを切ることとなりました。

 思い起こせばこれまでも、全国にこんな心やさしき活動を続けている方々との出会いがあったのでした。

まだまだ日本は捨てたものではない…そんな思いにさせられた南アルプス市でした。

a0335202_14244454.jpg


[PR]

 仙台を発って遠路電車を乗り継いで、島根県出雲市にやって参りました。

 出雲市駅に降り立った時、不思議な空の大きさを感じたのは、駅前のホテルを除くなら街の中にほとんど大きなビルが無いせいだったのかも知れません。

 街の中心部には心地よい川が流れ、その瀬音が耳にやさしく響き、人の心を安らかにさせる素晴らしい街並みが続く…初めて訪れた出雲市はそんな顔で私を迎えてくれました。

 この街に生まれて、この街に育つなら、いつの間にかその心も安らかな、そしておおらかなものになるのでは…そんなことも感じさせる神話の街でありました。

 この度遠路、出雲にまで足を運んで来たのは、又又「じんじん」でした。

米子市で「じんじん」が上映された折、ご覧になった読書活動を続けていらっしゃる一人の女性から出雲市での上映を実現したい…こんなお電話があったのはもう一年も前のことでした。

 しかしながら、その時の私の素直な感想は、え~出雲市…。

 とは云え、とにかくお会いせねば…岡山まで行った折に足を伸ばしてお会いして、やっと今日の試写会にたどり着いたのでした。

 試写会には20名の市民の方々がお集まりになり、上映終了後の感想会では映画を思い出し、又自分の子どもを振り返り思わず言葉につまる…そんな方々が続出の誠に感動的な、そして熱い思いに包まれた試写会となりました。

 やっぱり出雲の住民は、安らかでそしてピュアなお心をお持ちでいらっしゃいました。

 幸い、全員の思いで出雲市での上映会が決まり、これで全国47都道府県全てでの上映が実現することとなったのでした。

 それにしても、ひたすらに経済性と効率性が求められる現代社会で、何と超非効率な仕事の典型だと思いながら、やはりこの作品に込めた作り手たちの思いをしっかりとお伝えすることの大切さを又学んだ試写会でした。

 振り返ってみれば「文化」や「子育て」は効率性とはまさに相反する概念。

 丁寧に時間もかけながら、人の心と手によって織りなされるものであるべき…などと自らを納得させて帰路についたのでした。

 私のふるさと岩手県からは、矢巾町の中学2年生の悲しい叫びが伝わってきました。

 まだまだ「じんじん」に仕事をさせなければ…。

a0335202_16515323.jpg
心安らぐ街出雲市
a0335202_16515376.jpg
出雲市試写会の様子




[PR]

a0335202_13224573.jpg


 「じんじん・2」製作の夢が動き出しました。

 「じんじん」はその完成から3年を迎えましたが、上映は止まるところを知らず全国に大きく輪を拡げていました。

 人口はたった3500人…、その始めはほんとうに小さな剣淵町から発信された、これも始めは小さな願いがここまで大きく育つことを誰が想像したでしょうか。

 閉塞感でいっぱいになってしまった様な現代社会…、それでもそこを乗り越えて新たな未来を拓く一つのカギが「地域社会」と「家族」の再生にあることに気付いた人々は、「じんじん」の地域上映の実現にその手を熱く重ねて下さいました。

 そして、そんな多くの方々の願いは、ここに至るまでにその上映の輪を、全国500ヶ所、20万人観客にまで拡げたのでした。

 この一人一人は、莫大な宣伝費によって“集められた観客”とは本質的に異なる、まさにより良き国の未来を願う“熱いお声”でもあったのでした。

 そして、そんな上映地の一つに神奈川県秦野市がありました。

 秦野市は「じんじん」の山田監督がお住まいの町、早い時期から上映実現に向けた動きがあり、私も市長さんとご面会、上映は市長さんのご賛同も得て成功に向けてすべり出したのでした。

 そして巡った試写会の日…ご覧いただいた方々からは交々に感動のお声が語られ、更にはこんな素晴らしい映画を秦野市で撮影してもらいたい…、こんなお声がごく自然に参加者から語られたのでした。

 そしてあれから2年…、秦野市民は夢を現実のものとするため、一歩一歩その夢を育んでいたのでした。

 こんな市民の夢を受け止めた市長さんが6月の定例記者会見の折に、これを発表、市としても全面的に応援をする…との動きとなって、「じんじん・2」製作の夢はその実現に向けてスタートを切ることになったのでした。

 剣淵町民が心を込めて発信した地域社会と家族再生の願いは、秦野市民にそのバトンが手渡されることになった様です。

 こんな、まさに“夢の様なお話し”は、来年「じんじん・2」となってその実を結ぶことになりそうです。

 来年又、スクリーンで銀三郎と再会できるかも…。

a0335202_13224708.jpg


[PR]
by cinema-tohoku | 2015-07-03 13:26 | 映画 | Comments(0)


a0335202_10172837.jpg
千曲市...長野県北部に位置し、島崎藤村が「千曲川旅情の歌」にうたった清流千曲川が町の中を流れる、とても心安らぐ町です。

そんな町に昨夜は、心を込めて「じんじん」上映に取り組んで下さった、心やさしき方々が集い、しばしの反省会に楽しい話の花をさかせていました。

この町の上映は、二人の市民の思いから始まりました。

お一人は、古くから市中心部で書店を営んでらっしゃった店主さん、そしてもうお一人は、とてもお元気な女性市議の方でした。

お二人は、別々の場での試写会で「じんじん」をご覧になり、大感激!何とか千曲市での上映の実現を...そんな熱い思いで私に連絡をとって下さいました。

それでは一緒にお会いして上映のご相談を、と設定された初めての打ち合わせには4人の市民の方々がお集まりになりました。

この映画を一人でも多くの千曲市民にお伝えしたい...熱い思いはありながら、もちろんのこと映画を上映した経験など皆無の4人...不安な思いで私を見つめる皆様方に私は、こんな上映運動をご提案したのでした。


これまで、いわゆる「上映実行委員会」をつくろうとした時、しごく当然のようにどんな組織にお声をかけようか...こんな発想からその動きが始まるのが一般的でした。

しかしながら、組織と組織との上映運動となるなら、そこには「大人の判断」としてのバランスや、その組織に対する好悪の感情など、本来の上映の意義とはかけ離れた考えが優先して実行委員会づくりが語られてきました。

しかしながらこの作品のテーマは「地域社会と家族の再生」、このテーマはそれぞれのよって立つお立場をこえて共有できる普遍性をもったテーマではないか。

とするなら、組織や肩書きよらずに“一人でも多くの方々にお伝えしたい...”この一点で、個人の資格で手を結んだ上映運動を展開してみては...。

こんな「個人結集型」の上映運動をご提案したのでした。


最初はいささかの不安と戸惑いをにじませていらっしゃいましたが、上映までの道筋をお話しすることでご納得、市民がその手を横に携えた上映運動は始まったのでした。

まず第一歩は、実行委員会づくりのための試写会でした。

4人の方々が、周りのお仲間にお声をかけ観ていただいて、その上でご賛同いただけるなら、このお一人お一人が手をつないだ実行委員会をスタートさせよう...そんな思いで開いた「先ずもっての試写会」には30人程の市民の方々がおいでになりました。

上映終了後の話し合いでは交々に感動の声が語られ、上映実行委員会の発足へとつながっていったのでした。

そして、実行委員会が発足し、その最大の活動として取り組んだのが、「もっとおおきな試写会」の実現についてでした。

30人の実行委員が、又それぞれお一人お一人の周りの友人知人にお声をかけて試写会にご参加いただこう、そしてご覧になった上で上映の成功にご賛同いただけるなら、この方々に前売券をお預かり(買い取りではなく余った券は返す)いただき上映成功をめざそう...。

こんな願いで開催した試写会には200人の方々がご参加、前売券はこの方々の手にゆだねられ市内に大きく拡がって行ったのでした。

そして迎えた上映会には800人にのぼる市民の方々がご参加になり、上映は大成功のうちに幕を閉じたのでした。

ひたすらに、そのよって立つお立場の違いを強調するのではなく、それぞれの違いを前提にしながらも、お互いの一致するところでつながろうとした千曲市上映の成功は、民主主義の本来あるべき姿も語ってくれたのではないかと思えるのです。

心やさしき方々の明るい、そして確信に満ちた笑い声は「アンズの里」に夜更けるまで響いていたました。


a0335202_10172210.jpg
反省会の一コマ



[PR]

「じんじん」ご覧の方はおわかりかと思います。

ラストシーンの前に剣淵町での「創作絵本コンクール」の発表会があり、最終選考に残ったいくつかの創作絵本が舞台で読み上げられるシーンがありました。

その絵本の一つに「ゆきうさぎ」がありましたが、この絵本の作者Oさんと昨夜埼玉県入間市でお会いすることになりました。

埼玉県の「じんじん」は見事な上映を全県に展開していました。

県内のトップ上映を引き受けた滑川町では、熱いお心をお持ちの町長さんを先頭にご賛同の団体が実行委員会をつくり、トータルで2400名に登る素晴らしい上映で県内上映のスタートを飾って下さいました。

それ以降も上映運動の輪は県内におおくきつながり、ここまでに「ご当地」北海道を除くなら、全国トップの観客数を重ねていましたが、そんな流れの中で、実現したこの度の入間市試写会でございました。

試写会には市長さんをはじめ、上映の趣旨にご賛同いただいた30名程の市民の方々がご参加になられスクリーンに見入っていました。

ラスト近くになって会場に入った私の目に、ハンカチでさかんに流れる涙をぬぐう女性の姿が飛び込みました。

上映終了後ご紹介いただいた「ゆきうさぎ」の作家Oさんがまさにそのお方だったのでした。

てっきり今日が初めての「じんじん」との巡り合いかと思ったら、何と東京新宿での劇場公開の時から、既に何度にもわたってご覧いただいていたとのこと、「観る度に涙が流れて…」お優しいお姿のOさんはこんなことを私に語って下さいました。

ほんの短い間の巡り合いではございましたが、絵本作りに熱い思いを語るOさんの言葉一つ一つに、いつの間にか連日の旅に疲れた我が身を癒された、そんな思いにさせられた出会いでした。

人の心を感動させる「じんじん」は、こんなやさしい沢山の人の手に織り成されて世に出たことを実感した入間市の一夜でした。




映画「じんじん」より、絵本製作のシーン
a0335202_10174862.jpg
a0335202_10174786.jpg


[PR]

子供たちの未来は地域社会、そしてひいては国の未来そのものです。

地域の未来を語ろうとした時、そこにはごく当たり前の様に子どもたちの健やかな成長がその前提として語られます。

しかしながら今我が国では、こんな子どもたちの健やかな未来に黄信号が灯っているのです。

これまでにも子どもたちの未来を危惧せざるをえない事件は多々生まれて来ていましたが、川崎市で起きた少年殺害事件ほど、社会に大きなショックを与え、子供たちの未来に危機感を抱かせた事件はなかったのではないかと思われるのです。

この様な事件が起きると、これまで展開されてきた世の論議は、事の本質とは相容れない「犯人探し」であり、ほころびをつくろう様な「対症療法」だったのではなかったでしょうか。

しかしながら、18歳の少年が年少者である13歳の少年の生命を不当に奪ったことに目をやるなら、又、この手の議論でこの事件をいつの間にか人の記憶から遠ざけてしまって良いのか不安な思いにもさせられるのです。

力を持った者が自らより弱者である者を不当に虐げる

この事件の本質の一つはこんなことにあるのではないかと思うのです。

そして振り返ってみて、この事件が現代の社会そのものをまるで鏡の様に写し出したものであることに気付かされた時、私たちは腹を据えてもう一度この事件としっかりと向き合わなければならないのではないかと思われるのです…。

今や社会不安を生みかねないところにまで拡がった貧困の拡大、非正規雇用の固定化、そして自己責任を声高に叫び、人をひたすら傷つける連鎖の拡大…。

私たちの社会はいつの間にか、弱きものをひたすら傷つけ、社会の片隅に追いやろうとする、そんな社会になってしまったのかも知れないし、この度の事件は、そんな社会の反映として生起したものなのかもしれないとさえ思えるのです。

傷つけあう社会から、支え合う社会へ・・・。

今私たちは真剣にこのことを語り合ってゆかなければならないと思えるのです。

そう考えた時私たちの手にこんな社会を解き、新たな未来に導く「小さな鍵」があったことに気付かされるのです。

映画「じんじん」…ひたすら人と人とが信じ合い愛し合い、そこから地域社会と家族の再生を語ろうとするこの作品は、今更に大きな光を放っているのかも知れません。

a0335202_11312721.jpg


[PR]


長野県上映の素晴らしいトップを飾ってくれたのは、北アルプスの山々に抱かれた人口28000人余りの大町市でした。

全ての始まりのきかっけは、牛越市長さんとお会いしたことからでした。

牛越市長さんはとても熱いお心を持った方でした。

今や映画館が姿を消してしまった大町市に、「じんじん」を通して人と人との心を通わせたい…。そんな願いは、試写会を経て賛同の市民の手による「上映実行委員会」の結成へと導いたのでした。

映画に感動した、それぞれの会派を超えた実にユニークな市議会議員の方々、皆に押されて実行委員長を引き受け、見事にその重責を果たした責任感いっぱいの女性、そして大町市の上映のきっかけをつくった心熱き地元書店の社長…。

多彩なメンバーによる論議は、上映の成功に向けてその回を重ねていったのでした。

そして、そんな中から出てきたのは、「じんじん」にご出演の若村麻由美さんを巡る話題でした。

若村さんは、小学生の時、大町市(旧八坂村)が行っていた「山村留学」に参加し、二年間大町市で過ごした経験をお持ちだ…、ついてはなんとかこの大町上映会においでいただき、そんなお話をしていただけないか…。

そんな「夢」も語られながら、実行委員会の願いは一歩一歩、市民の願いとして拡がって行ったのでした。

迎えた上映会当日、熱い大町市民の願いに応えて、舞台挨拶に駆けつけてくれた若村さんをお招きした上映会は会場を満席に埋めた市民の感動で包まれました。

そして、大町市民が心を込めて投じた長野県内各地への上映拡大の願いは、今波紋となって県内に大きく大きく拡がり始めたのでした。


a0335202_10454677.jpg
大町市上映会&トークショーのチラシ



a0335202_10454534.jpg
会場の様子。満席です!




[PR]

7月9日、南木曽を襲った土石流は無慈悲にも中学一年生の命を奪ってしまいました。

悲しみが町を覆い、上映は実現出来ないこととなってしまいました。


それから一ヶ月、先生から再度ご連絡がありました。

あれ以来悲しみに沈んでしまった町と向かい合い、今だからこそ上映を実現して家族の素晴らしさを町内に語りたい・・・もう一度上映に向けて立ち上がりたい、との生徒たちの熱い思いを先生は語って下さいました。

こんな子どもたちの声は町を勇気づけ、これに賛同した町民が「上映応援団」をつくり子どもたちの夢は実現に向けて再び動き出したのでした。

そして迎えた上映当日、生徒たちの熱い願いに感動した大地康雄さんも上映会に駆けつけて下さり、感動の輪は、850名の町民のご参加にまで拡がることとなったのでした。

自ら生まれ育った町の未来を願う子どもたちの声は、木曽谷に明るく強く響きわたっていました。


a0335202_10580299.jpg
上映会の様子


a0335202_10575852.jpg


a0335202_10580450.jpg
南木曽中学校のみなさんと大地さん






[PR]