新年のごあいさつのブログに触れました。

 私の胸の中に長年にわたって暖め続けて来た企画が、急速にその実現に向けて動き出しました。

仮題ですが「疎開保育園物語」と名付けた作品です。

 
 時は1944年にさかのぼります。

 東京品川区戸越には、子どもたちの命を育む小さな保育所がありました。

 この頃には、戦争もいよいよ敗色が日増しに濃くなり、東京への空襲はもはや避けられないところにまで来ていました。

 そんな状況を背景に、幾度にもわたった議論の末に、戸越保育所は大きな決断を下したのでした。

 子どもたちの命を守るため、日本で初めての保育所の地方への疎開という決断を・・・。

 しかしながら、下は3才からのまだ学齢にはほど遠い子どもたち・・・、保育所は保護者たちに何度も説明会を行い、この決断は実現に向けて動き出したのでした。

 そして194411月、53名の子どもたちと、11人の年若き保母たちとの疎開保育所は、埼玉県平野村の荒れ寺で始まりました。

 いつ果てるとも知れない疎開先での生活の日々は、子どもたちにとっても、そして24時間保育を強いられた保母たちにとっても過酷な毎日でした。

 それでも子どもたちは保母を信頼し、つらくともその生活の中に楽しい思い出も刻みながら育っていました。

 そして、1945310日、東京大空襲の日がやって来たのでした。

 遠くに望む東京の空が赤く染まり、不安な思いで一夜を過ごした保育所は、翌日東京に一人の保母を派遣しました。

 茫然としたまま帰って来た彼女の語る報告に、保母たちは言葉もありませんでした。

 一夜にして沢山の方々の命が奪われ、子どもたちの家族にもその被害はおよんでいたのでした。

 なかでもあの年、やっと5歳を迎えていた健ちゃんは、両親と祖父、幼い妹までもが命を奪われ、一夜にして“孤児”になってしまっていたのでした。

 健ちゃんにその悲しい事実を告げる保母の胸は悲しみにつぶれ、必死にその話を受け止める健ちゃんの目には大粒の涙が光っていました。

それでも戦火から子どもたちの命を守ろうと決意した保母たちは、数々の困難を乗り越えて、19458月、一人の子どもの命も失わずに戦争の終結を迎えたのでした。

 

 日本の歴史の中にほとんど埋もれていたこの事実の映画化企画が初めてあがったのは1984年のことでした。

 映画化を前提としての原作も出版され、準備を進めていたのでしたが、実現出来ずに終わった要因は、学齢前の子どもたちに演技をつけられないのでは・・・との危惧からでした。

それでもこの企画は、私の胸の中に長い年月を経て住み続けていたのでした。

 世に出ることになったきっかけは、日本映画界に数々の足跡を残してきたプロデューサー李鳳宇(リボンウ)さんとの出会いからでした。

李さんとの会話の折にこの企画の話をしたところ、彼は大感激!

 原作を読んだ上で、彼の会社に計り、幸い製作は決定、映画化への道は急速に動き出したのでした。

 いつまでも続く平和と、子どもたちの輝く未来を願って・・・。

 長年の私の夢は、明年春一本の映画となってこの世に生を授かりそうです。

a0335202_16172830.jpg

疎開保育園の保母と子ども


[PR]
# by cinema-tohoku | 2017-02-09 16:09 | 映画 | Comments(0)

 以前もブログでご紹介しておりました、映画「母」が無事完成を迎え、試写会に行って参りました。
「母」は、これまでも数々の社会的なテーマを取り上げ、旺盛な製作活動を続けて来た、独立プロの老舗、現代ぷろだくしょんが、三浦綾子さんの原作を得て製作に取り組んで来た作品です。
 監督をつとめたのは、御年84歳になられる山田火砂子さん‥…この作品の東北地区配給をお引き受けして以来、何度かにわたってお会いして参りましたが、何せお元気!
お年相応にお足はいささか不自由になってはいるものの、頭とお口はまことにお達者、ご高齢を感じさせない情熱でこの作品の演出にあたられたのでした。
 拝見した作品は、主役をつとめられた寺島しのぶさんの名演につきるものでした。
 秋田県の片田舎、釈迦内村に生まれ、小林家に嫁いで4人の子どもを生み育て、ひたすら夫を信じ、子どもたちを愛しながらその生涯を生き抜いた小林セキの心を、名優寺島さんは見事に演じて私たちに語って下さいました。
 無学で、文字の読み書きも出来なかったセキ……それでも彼女の子どもたちに寄せた純粋な愛は、多喜二の命を奪ったあの時の不当な社会への怒りともなって、彼女を大きく成長させもしたのでした。
 そして、その人生の最後の時を、一人のクリスチャンとして静かに迎えたセキ…。
 そんな 人に向けたセキの無償の愛に彩られた一生を、寺島さんは見事にその演技で私たちに語ってくれたのでした。
 2月から全国、そして東北では5月から始められる「母」の上映。 皆様方のおいでを心よりお待ち申し上げております。

a0335202_11165798.jpg

山田監督と


[PR]
# by cinema-tohoku | 2017-01-25 11:51 | 映画 | Comments(0)

 新年あけましておめでとうございます。

 正月の松も取れようとする時に新年のごあいさつとは、何とも間の抜けたことになってしまいました。

 何かとバタバタしておりまして、新年のごあいさつが遅れましたことをお詫び申し上げます。

 一年が超特急で過ぎて行き、又新たな年が巡って来ました。

 昨年を振り返ってみて、今はやりで漢字をあてるなら、それは迷うことなく「忍」でありました。

 昨年は、私たちシネマとうほくにとって極立って困難な日々が続き、まさに、来るべき春を信じて耐え忍んだ一年でした。

 そして新たな年明け・・・・幸い、今年は久し振りに有望な作品が並び、大きな期待を抱かせる年明けになりました。

 今年、私たちが先ずもってお届けする作品は「母」。

 三浦綾子さんの原作を、84歳の年齢を数えることになった山田火砂子さんが監督、小林多喜二の母親役を寺島しのぶさんが演じる作品です。

 世界全体を覆う閉塞感が、新たな右翼的潮流も引き寄せ、未来に向けて漠たる不安を感じざるを得ない昨今、平和を願い、来るべき明日を信じて29歳の短い人生を駆け抜けた小林多喜二、そして我が子多喜二をひたすら愛し、多喜二の魂と共にその一生を歩んだ母セキの姿は、今日極めて大きな意義を語る作品となったのではないかと思えるのです。

 作品は無事完成を迎えて、東北では5月の塩釜市を皮切りに一斉に公開の準備が始められました。

 そして、本年秋から全国公開の予定となっているのが、私たちも製作に参加する映画「君の笑顔に会いたくて」です。

 宮城県名取市在住の保護司大沼さんをモデルに、子どもたちの輝く未来を願って製作準備中の作品です。

 幸い、地元宮城県では多くの方々のご賛同につながり、3月には製作支援県民運動組織の発足、そして9月から上映スタートの段となっています。

 そして更にその先に、本年秋クランクイン予定で動き出した企画が生まれました。

 詳しい内容は追ってご紹介しますが、この企画は私が、積年の思いを重ねてきたものでした。

 順調に行くなら明年春からの公開となる予定です。

 いつになく、作品が見事に並んだ一年・・・・これが「初夢」に終わらない様に、まさにフンドシをしめて今年一年を頑張る決意です。

 皆様方の変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

a0335202_12105567.jpg
映画「母」


[PR]
# by cinema-tohoku | 2017-01-16 16:58 | ご挨拶 | Comments(0)

前回のブログで「君の笑顔の会いたくて」の初山監督について触れました。

今回は、脚本を担当する西井史子さんについて・・・。

西井さんは奈良県にお生まれになり、一般企業の経験を経て、脚本家への道を歩まれた方です。

初山監督とメインスタッフの件で、ご相談していた折に、脚本家の候補として監督から出された西井さんのお名前に私はビックリ!

西井さんは、私にとって忘れることの出来ない製作作品となった「エクレール~お菓子放浪記」の脚本をご担当いただいた方だったのでした。

あの時、東京秋葉原で行われた初めての顔合わせに現れた西井さんのお姿に、ビックリさせられた記憶が今でも鮮明に残っています。

西井さんは、勝手ながら私が描いていた脚本家のイメージとは全く異なるお姿だったからです。

ご年齢は不詳ながら、そのお顔は愛くるしい程の若さに彩られ、語られるお言葉はまるで少女の如き響きとなって私の耳を打ったのでした。

この人が果たして・・・いささかの不安は、その後の脚本の作業で霧散・・・。

とにかく粘り強く彼女は稿を重ねて下さり、見事な決定稿は完成を迎えたのでした。

不思議なご縁で又、ご一緒の仕事となったのですが、彼女は変わらぬ粘りと情熱で完成台本に向けた仕事にあたって下さっています。

私たちが思いを込めて製作にあたるこの作品の、メインスタッフの2名がいずれも私にとってご縁のあった方々・・・。

不思議な運命が、作品の大成功へと私たちを導いてくれているのかも知れません。

a0335202_15311488.jpg

エクレール~お菓子放浪記


[PR]
# by cinema-tohoku | 2016-12-16 15:34 | 映画 | Comments(0)
 「君の笑顔に会いたくて」の製作準備が進んでいました。

 この作品で監督をつとめることになるのが初山恭洋さんです。

初山さんは北海道にお生まれになり、映像の世界を志し、テレビ・映画界の重鎮深町幸男監督に師事、その後多くのドラマや映画にその演出の腕を磨いて来られた方です。

 私は、2008年に公開となった、映画「那須少年記」の配給で初めてご一緒することになりました。

 風に吹かれれば倒れてしまいそうな細いお体ながら、メガネの奥の瞳に熱い力をたたえて初山さんは私の前に現れました。

 お話をして、その誠実さに心地良い思いにさせられたものでしたが、作品の演出にあたっても彼は、誠実な姿勢で、これにあたったのでした。

 「那須少年記」は、戦後まだ間もない頃の栃木県那須地方を舞台に、大きな、そして美しい自然に育まれながら、その未来に向けて傷つきながらも成長する少年たちの姿を描いた作品でした。

 当然ながら、この作品には多くの少年、少女が出演していました。

 その役を演じたのは、今やすっかり中堅俳優として大活躍の太賀や、まだデビュー間もなかったAKB48の前田敦子など・・・。

 初山さんは、こんな少年、少女たちの実際の心の成長をもねらって、皆で那須に合宿生活、そして撮影にあたっては「順撮り」の手法でこれにあたっていたのでした。

 映画の撮影は普通のケースでは、シナリオの各シーンを順番に撮るのではなく、設定された情景のシーンをそれぞれに全て撮って、後で編集でつないで完成となります。

 その方が、同じ場所に何度も足を運ぶ必要もなく、製作費の節約が計られるからなのです。

しかしながら初山さんは、合宿の期間中に成長するであろう子どもたちの心を信じて、映画ではまれな「順撮り」でこの撮影に望んだのでした。

 彼のねらいは見事に映像化され、担任の先生を守るため、子どもたちが立ち上がったラストシーンでは、彼らは見事な「感動的な演技」でこれに応えてくれたのでした。

 そして、それからずい分の時間が経って又、初山さんとご一緒することになったのです。

 私たちも製作の一翼を担う、そしてここ宮城から発信する心やさしき企画で・・・。

 きっと彼は、その持ち前の誠実さで、私たちの期待に見事に応えてくれることでしょう。


a0335202_11085374.jpg

那須少年記


[PR]
# by cinema-tohoku | 2016-12-15 17:18 | 映画 | Comments(0)