「じんじん」ご覧の方はおわかりかと思います。

ラストシーンの前に剣淵町での「創作絵本コンクール」の発表会があり、最終選考に残ったいくつかの創作絵本が舞台で読み上げられるシーンがありました。

その絵本の一つに「ゆきうさぎ」がありましたが、この絵本の作者Oさんと昨夜埼玉県入間市でお会いすることになりました。

埼玉県の「じんじん」は見事な上映を全県に展開していました。

県内のトップ上映を引き受けた滑川町では、熱いお心をお持ちの町長さんを先頭にご賛同の団体が実行委員会をつくり、トータルで2400名に登る素晴らしい上映で県内上映のスタートを飾って下さいました。

それ以降も上映運動の輪は県内におおくきつながり、ここまでに「ご当地」北海道を除くなら、全国トップの観客数を重ねていましたが、そんな流れの中で、実現したこの度の入間市試写会でございました。

試写会には市長さんをはじめ、上映の趣旨にご賛同いただいた30名程の市民の方々がご参加になられスクリーンに見入っていました。

ラスト近くになって会場に入った私の目に、ハンカチでさかんに流れる涙をぬぐう女性の姿が飛び込みました。

上映終了後ご紹介いただいた「ゆきうさぎ」の作家Oさんがまさにそのお方だったのでした。

てっきり今日が初めての「じんじん」との巡り合いかと思ったら、何と東京新宿での劇場公開の時から、既に何度にもわたってご覧いただいていたとのこと、「観る度に涙が流れて…」お優しいお姿のOさんはこんなことを私に語って下さいました。

ほんの短い間の巡り合いではございましたが、絵本作りに熱い思いを語るOさんの言葉一つ一つに、いつの間にか連日の旅に疲れた我が身を癒された、そんな思いにさせられた出会いでした。

人の心を感動させる「じんじん」は、こんなやさしい沢山の人の手に織り成されて世に出たことを実感した入間市の一夜でした。




映画「じんじん」より、絵本製作のシーン
a0335202_10174862.jpg
a0335202_10174786.jpg


[PR]

a0335202_15294707.jpg

この変わった題名の長編ドキュメンタリー作品は、より良き高齢者社会を願って製作されました。

製作を手がけた仙台放送は、東北大学の川島隆太先生と以前から報道を通して接点がございました。

そして、川島先生が開発した「脳トレ」を通して認知症を改善・予防しようとするプログラムを、アメリカオハイオ州の老人介護施設にカメラを持ち込み、「学習療法」を通して認知症を改善に導く記録としてまとめたのがこの作品でした。

完成後、全国30程の劇場で公開され、この種の作品としては異例なヒットとなりましたが、更に多くの市町村での上映を願って、JSNに全国配給のご依頼が持ち込まれて参りました。

作品を拝見して、配給をお引き受けはしたものの、当初は「学習療法」についての知識がなかったこともあり、上映は「学習療法」導入施設や医療機関内部での小規模上映をイメージしていました。

こんなイメージを一変させたのは、くもん学習療法センター方々との出会いからでした。

公文は、以前から川島先生と共同して「学習療法」をたちあげ、全国の介護施設や自治体に向けてその啓発にあたっていました。

仙台放送に連れられお会いしたくもん学習療法センターのI氏は、JSNの配給に向けた私たちの考えをお伝えするや、こんなことを私に語って下さいました。


“鳥居さん、あなたたちのやって来たことはまさに地域コミュニティの再生そのものではないか…。私たち公文も学習療法にあたって同じ考えで取り組んできた…。“


と熱く私に語ったのでした。そして


“これまで認知症は高齢化社会にとって避けて通ることの出来ないものと考えられていた。一旦認知症と診断されたなら、それは家族の破壊であり、地域社会の破壊であり、介護施設の職員の心の破壊でもある。

しかしながら、学習療法はこんな高齢化社会の未来に光を差し込ませることになった。

高齢化社会を、認知症を諦めなくて良いのだ…。これはまさに「地域コミュニティの再生」でもある…。

こんな思いで取り組んできた。“


こんなことをI氏は熱く語ってくれたのでした。

公文の方々との出会いは、私たちのこの作品に向かう姿勢を一変させることになりました。

より良き地域社会を語る地域運動として、幅広く賛同の声を結集して全国に上映の輪を拡げてみたい…。

そんな願いは

地域運動型上映の第一歩となった大分県日田市での900名を集めた素晴らしい上映から夢をひらきました。

高齢者が人として尊重され、その最後の時まで生き生きとその生を謳いあげられる地域づくりのために…。

私たちの願いは今全国に大きく拡がろうとしています。


[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-04-09 15:33 | 映画 | Comments(0)


4月…新しき年度が始まり、ここ東京の桜は満開を迎えていました。

ここ数日で急に、JSNとしての全国配給が決まった「ソ満国境-15歳の夏」の準備で東京に来ていました。


今から70年前、日本は悲しい歴史の一コマを刻んでいました。

当時の日本は中国大陸に侵略、中国東北部に傀儡国家としての「満州国」を立ち上げ、国をあげての移民政策を展開していました。

満州に行けば広大な土地が手に入る…、こんな政府の宣伝であおられた多くの日本人が新天地を求めて海を渡ったのでした。

そして、その一環として「満蒙開拓青少年義勇軍」もありました。

当時の10代の少年達をソ満国境に配置し、関東軍の穴を埋めようとした施策でした。

戦後、「世界最悪の児童虐待」とも語られた青少年義勇軍は194589日、ソ連軍の国境を破った進攻で悲惨な逃避行を強いられることとなったのでした。

その一つ、新京一中130名の少年たちの悲しい歴史を後世に語るべく原作が出版され、その映画化が数年前から準備されていましたが、この度監督の執念でこの願いが実り、急遽公開に向けて準備が始められたのでした。

敗戦から70年…振り仰ぐ見事な桜に、この作品の上映の成功と、そして二度とこんな悲しい歴史が子どもたちの未来に訪れることのないことを誓った春の一日でした。

a0335202_10073448.jpg
「ソ満国境-15歳の夏」原作本



[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-04-06 10:56 | 映画 | Comments(0)

「ちえりとチェリー」や「チェブラーシカ」は人形アニメーションの手法によるアニメーション映画です。

ここで人形アニメーションについて…。


a0335202_13442804.jpg
人形アニメーションの手法で作られた「ちえりとチェリー」の場面写真


全ての映画は一秒間に24のコマがスクリーンに映し出されています。

実写作品は、動いている対象物を撮影カメラでシャッターを落としながら一秒間を24のコマに分けて撮影し、これを映写機でスクリーンに映します。

2Dアニメ(以前はセルアニメともいいました)は、描き上げた動画を一コマずつ撮影し、スクリーンに一秒に24コマ映し出し動きを伝えます。

そして人形アニメの制作は、先ず人形づくりからこの作業は始まるのです。

これは、実に精巧な人形で、関節には金属製の骨格が入っていて、その全てが手で動かせるようになっています。

そして、その人形を手作業で少しずつ、まさに少しずつ動かしながらカメラでコマ撮りしていくのです。

そして完成した作品は、2Dアニメにはない人の手のぬくもりが伝わる不思議な世界を語ってくれるのです。

あまりに手間と時間が(しかるにお金も)かかる長編人形アニメの製作は、サンリオが製作し、1979年に公開された「クルミ割り人形」以来ではなかったと記憶しています。

「ちえりとチェリー」は、日本では久しぶりに制作された長編人形アニメーション映画だったのです。

被災地を支えようとする、たくさんの心優しい手に包まれながら…。


[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-03-25 13:48 | 映画 | Comments(0)

子供たちの未来は地域社会、そしてひいては国の未来そのものです。

地域の未来を語ろうとした時、そこにはごく当たり前の様に子どもたちの健やかな成長がその前提として語られます。

しかしながら今我が国では、こんな子どもたちの健やかな未来に黄信号が灯っているのです。

これまでにも子どもたちの未来を危惧せざるをえない事件は多々生まれて来ていましたが、川崎市で起きた少年殺害事件ほど、社会に大きなショックを与え、子供たちの未来に危機感を抱かせた事件はなかったのではないかと思われるのです。

この様な事件が起きると、これまで展開されてきた世の論議は、事の本質とは相容れない「犯人探し」であり、ほころびをつくろう様な「対症療法」だったのではなかったでしょうか。

しかしながら、18歳の少年が年少者である13歳の少年の生命を不当に奪ったことに目をやるなら、又、この手の議論でこの事件をいつの間にか人の記憶から遠ざけてしまって良いのか不安な思いにもさせられるのです。

力を持った者が自らより弱者である者を不当に虐げる

この事件の本質の一つはこんなことにあるのではないかと思うのです。

そして振り返ってみて、この事件が現代の社会そのものをまるで鏡の様に写し出したものであることに気付かされた時、私たちは腹を据えてもう一度この事件としっかりと向き合わなければならないのではないかと思われるのです…。

今や社会不安を生みかねないところにまで拡がった貧困の拡大、非正規雇用の固定化、そして自己責任を声高に叫び、人をひたすら傷つける連鎖の拡大…。

私たちの社会はいつの間にか、弱きものをひたすら傷つけ、社会の片隅に追いやろうとする、そんな社会になってしまったのかも知れないし、この度の事件は、そんな社会の反映として生起したものなのかもしれないとさえ思えるのです。

傷つけあう社会から、支え合う社会へ・・・。

今私たちは真剣にこのことを語り合ってゆかなければならないと思えるのです。

そう考えた時私たちの手にこんな社会を解き、新たな未来に導く「小さな鍵」があったことに気付かされるのです。

映画「じんじん」…ひたすら人と人とが信じ合い愛し合い、そこから地域社会と家族の再生を語ろうとするこの作品は、今更に大きな光を放っているのかも知れません。

a0335202_11312721.jpg


[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-03-23 11:35 | その他 | Comments(0)