「エクレール・お菓子放浪記」原作者西村滋さんを囲む恒例の春の集いが、桜も満開を迎えた静岡市の郊外の山あいの温泉宿で開かれました。

西村滋さん…、とてもとてもお優しいお心を胸の中に育て上げ、そのお心を外に向けて静かに語り続けて来られた方です。

そして先生の周りにはいつの間にか、これも心やさしき方々が集い始め、グループをつくり、これまでも数々の素晴らしい活動を展開して来たのでした。

名付けて、「西村滋とゆかいな仲間たち」お一人お一人のすてきな笑顔が目に浮かぶ心やさしき仲間たちでした。


私が西村先生とお会いしたのは、先生の代表作「お菓子放浪記」の映画化を決意したことがきっかけでした。

私たちの手による映画化を先生は満面の笑顔で迎えて下さり、暖かくその行く手を見守って下さいました。

そして、迎えた2011310日の東京での試写会会場には、静岡からバスで駆けつけて下さった先生を始め、心やさしき仲間たちの笑顔が輝いていました。

ここまでにこの方々のご努力で静岡県内上映の準備も進み、上映終了後の西村先生のご満足そうな笑顔に、私はほっと胸をなでおろしたのでした。

そして、何とその翌日

西村先生からのお電話が私の携帯に届いたのは、あの日から2日後のことだったと記憶しています。

先生は心を込めた言葉で私の無事を喜んで下さいました。

そして、その3日後、静岡市で開かれた上映準備の会議には、先生始めやさしき仲間たちがお顔をそろえて下さり、必死の思いを込めて私の姿を見つめるその視線に、いつのまにか私の目には大粒の涙があふれ、頬を伝ったのでした。

その日お別れの時、西村先生はこんな言葉を私に残して下さいました。

“もう少し経てば、春が訪れ、桜も満開を迎える。その折に開いている恒例の集いに、鳥居さんをご招待して励ましてあげたい。

是非参加してくれ…“と。

お招きに甘えて参加させていただいたこの集いは、私の胸を熱くさせ、御礼のご挨拶の言葉は、こみあげたおえつに曇ってしまったのでした。

あの日以来の緊張で張り切った心を温泉宿の湯にゆだね、迎えた翌朝、朝食会場の窓から垣間見た満開の桜の花は、今でも脳裏にしっかりと焼きついています。

“そうか…、時は春を迎えていたのだと…。”


それ以来、毎年この季節になると、この集いに参加することを一年間の行事に加えていました。

迎えた今年の会、西村先生は90歳の卒寿の祝いともなり、笑いのはじける、そして心安らぐ集いとなりました。

時代の閉塞感が語られ、力ある者が弱き者を「自己責任」と語りながら蹴落とすことが、あたかも社会の公正なルールとして語られる現代社会に、それでも人と人との心をつなぐ、こんなにも心やさしき人々が居たことに心安らぐ、そして未来への希望さえ感じさせられた春のひと時でありました。


a0335202_13595105.jpg
当日頂戴したご本『三日月ごよみ』


以下は、本の中のスナップ写真です。

a0335202_13594511.jpg
西村先生と林隆三さん


a0335202_13594899.jpg
「エクレール・お菓子放浪記」撮影中


a0335202_14031879.jpg
集いの一コマ






[PR]

JSN

「スローシネマ」のページでも語りました。

いつの間にか日本映画は大きなひずみを抱えることになってしまった様です。

映画館は大都市のみに偏在し、巨大な宣伝費を投入したひと握りの作品のみがスクリーンを独占する…。

本来映画をとはもっと人間臭いものであると思うのですし、丁寧に時間も掛けながら観客と一緒に育てるものでもあると思うのです。

そして何よりも「多様な」ものであるべきだとも思うのです。


そんな私たちの願いが結晶したのが協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(JSN)だったのです。

より良き映画製作を願う製作者と手を結び、又映画の上映を通した「地域コミュニティの再生」や「子供たちの心の健やかな成長」を願う地域住民と手を携え、一本の映画の全国上映を「心をつなぐ地域運動」として展開しようとする願いを込めてJSNは昨年9月発足しました。

この旗のもとに結集したのが、全国12の配給社でした。

その一つ一つが日本映画と国の未来に熱い志を持つ同士でありました。


私たちが掲げた願いと比べるなら、その姿はまるでドン・キホーテの如きものに映るのかも知れません。

それでも、人の世の幸せを願う私たちの歩みは前に前にその歩みを進めるのです。

a0335202_09504399.png


[PR]

「じんじん」ご覧の方はおわかりかと思います。

ラストシーンの前に剣淵町での「創作絵本コンクール」の発表会があり、最終選考に残ったいくつかの創作絵本が舞台で読み上げられるシーンがありました。

その絵本の一つに「ゆきうさぎ」がありましたが、この絵本の作者Oさんと昨夜埼玉県入間市でお会いすることになりました。

埼玉県の「じんじん」は見事な上映を全県に展開していました。

県内のトップ上映を引き受けた滑川町では、熱いお心をお持ちの町長さんを先頭にご賛同の団体が実行委員会をつくり、トータルで2400名に登る素晴らしい上映で県内上映のスタートを飾って下さいました。

それ以降も上映運動の輪は県内におおくきつながり、ここまでに「ご当地」北海道を除くなら、全国トップの観客数を重ねていましたが、そんな流れの中で、実現したこの度の入間市試写会でございました。

試写会には市長さんをはじめ、上映の趣旨にご賛同いただいた30名程の市民の方々がご参加になられスクリーンに見入っていました。

ラスト近くになって会場に入った私の目に、ハンカチでさかんに流れる涙をぬぐう女性の姿が飛び込みました。

上映終了後ご紹介いただいた「ゆきうさぎ」の作家Oさんがまさにそのお方だったのでした。

てっきり今日が初めての「じんじん」との巡り合いかと思ったら、何と東京新宿での劇場公開の時から、既に何度にもわたってご覧いただいていたとのこと、「観る度に涙が流れて…」お優しいお姿のOさんはこんなことを私に語って下さいました。

ほんの短い間の巡り合いではございましたが、絵本作りに熱い思いを語るOさんの言葉一つ一つに、いつの間にか連日の旅に疲れた我が身を癒された、そんな思いにさせられた出会いでした。

人の心を感動させる「じんじん」は、こんなやさしい沢山の人の手に織り成されて世に出たことを実感した入間市の一夜でした。




映画「じんじん」より、絵本製作のシーン
a0335202_10174862.jpg
a0335202_10174786.jpg


[PR]

a0335202_15294707.jpg

この変わった題名の長編ドキュメンタリー作品は、より良き高齢者社会を願って製作されました。

製作を手がけた仙台放送は、東北大学の川島隆太先生と以前から報道を通して接点がございました。

そして、川島先生が開発した「脳トレ」を通して認知症を改善・予防しようとするプログラムを、アメリカオハイオ州の老人介護施設にカメラを持ち込み、「学習療法」を通して認知症を改善に導く記録としてまとめたのがこの作品でした。

完成後、全国30程の劇場で公開され、この種の作品としては異例なヒットとなりましたが、更に多くの市町村での上映を願って、JSNに全国配給のご依頼が持ち込まれて参りました。

作品を拝見して、配給をお引き受けはしたものの、当初は「学習療法」についての知識がなかったこともあり、上映は「学習療法」導入施設や医療機関内部での小規模上映をイメージしていました。

こんなイメージを一変させたのは、くもん学習療法センター方々との出会いからでした。

公文は、以前から川島先生と共同して「学習療法」をたちあげ、全国の介護施設や自治体に向けてその啓発にあたっていました。

仙台放送に連れられお会いしたくもん学習療法センターのI氏は、JSNの配給に向けた私たちの考えをお伝えするや、こんなことを私に語って下さいました。


“鳥居さん、あなたたちのやって来たことはまさに地域コミュニティの再生そのものではないか…。私たち公文も学習療法にあたって同じ考えで取り組んできた…。“


と熱く私に語ったのでした。そして


“これまで認知症は高齢化社会にとって避けて通ることの出来ないものと考えられていた。一旦認知症と診断されたなら、それは家族の破壊であり、地域社会の破壊であり、介護施設の職員の心の破壊でもある。

しかしながら、学習療法はこんな高齢化社会の未来に光を差し込ませることになった。

高齢化社会を、認知症を諦めなくて良いのだ…。これはまさに「地域コミュニティの再生」でもある…。

こんな思いで取り組んできた。“


こんなことをI氏は熱く語ってくれたのでした。

公文の方々との出会いは、私たちのこの作品に向かう姿勢を一変させることになりました。

より良き地域社会を語る地域運動として、幅広く賛同の声を結集して全国に上映の輪を拡げてみたい…。

そんな願いは

地域運動型上映の第一歩となった大分県日田市での900名を集めた素晴らしい上映から夢をひらきました。

高齢者が人として尊重され、その最後の時まで生き生きとその生を謳いあげられる地域づくりのために…。

私たちの願いは今全国に大きく拡がろうとしています。


[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-04-09 15:33 | 映画 | Comments(0)


4月…新しき年度が始まり、ここ東京の桜は満開を迎えていました。

ここ数日で急に、JSNとしての全国配給が決まった「ソ満国境-15歳の夏」の準備で東京に来ていました。


今から70年前、日本は悲しい歴史の一コマを刻んでいました。

当時の日本は中国大陸に侵略、中国東北部に傀儡国家としての「満州国」を立ち上げ、国をあげての移民政策を展開していました。

満州に行けば広大な土地が手に入る…、こんな政府の宣伝であおられた多くの日本人が新天地を求めて海を渡ったのでした。

そして、その一環として「満蒙開拓青少年義勇軍」もありました。

当時の10代の少年達をソ満国境に配置し、関東軍の穴を埋めようとした施策でした。

戦後、「世界最悪の児童虐待」とも語られた青少年義勇軍は194589日、ソ連軍の国境を破った進攻で悲惨な逃避行を強いられることとなったのでした。

その一つ、新京一中130名の少年たちの悲しい歴史を後世に語るべく原作が出版され、その映画化が数年前から準備されていましたが、この度監督の執念でこの願いが実り、急遽公開に向けて準備が始められたのでした。

敗戦から70年…振り仰ぐ見事な桜に、この作品の上映の成功と、そして二度とこんな悲しい歴史が子どもたちの未来に訪れることのないことを誓った春の一日でした。

a0335202_10073448.jpg
「ソ満国境-15歳の夏」原作本



[PR]
# by cinema-tohoku | 2015-04-06 10:56 | 映画 | Comments(0)