<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 一本の映画の製作企画を立ち上げ、それを完成に導き、そして更には全国公開を実現して多くの方々にご覧いただく...。

 この一連の流れの中には、とても長い時間と数多くの方々の手が必要ですし、更には乗り越えなければならないいくつもの困難な課題もあるのです。

 それなのに、そんな数々の困難を予想しながらも、今又一本、新たな映画の製作の準備を始めていました。

 以前のブログでご紹介しました「君の笑顔に会いたくて」(仮題)がそれです。

 何故に数々の困難が予想されているのに、又新たな映画製作に立ち上がろうとするのか...。

 振り返ってみるとその原点は、このテーマを...この事実を...この人を...何としても映像化して多くの方々の胸にお届けしたい...そんな映画製作の「きっかけ」となった思いが私の胸を揺り動かしたからなのかも知れません。

 そして今度の作品の「きっかけ」は、映画の原作者であり、モデルでもある宮城県名取市在住の保護司大沼えり子さんとお会いしたことからの始まりでありました。

 大沼さんは2001年保護司になりました。

 そして、この年の少年院の参観で、少年たちがその更生に向かおうとする姿に触れ、大きな感銘を受けたのでした。

 彼らのために何かしなければ...、そう思った大沼さんは、以前経験のあったDJ番組を製作し、施設の中の少年達に「こころからこころへのプレゼント」として届けることを決意したのでした。

 そんな彼女の思いは、幸い多くの方々の共感となり、それ以来毎月一時間の番組を、15年にもわたって東北・北海道の3少年院に送り届けて来ました。

 そのかたわら、彼女は保護司として、少年院を仮退院した子どもたちの社会での自立にも精一杯の援助の手を差し伸べて来ました。

 そして子どもたちは、彼女の温かい手に支えられながら、それぞれの未来に向けて新たな旅立ちを果たして行ったのでした。

 時代の閉塞感が語られ、たくさんの子どもたちがその道を失ってしまった様な現代社会に、大沼さんが、そしてたくさんの保護司さんたちが、そんな子どもたちを受け入れ、支えている姿に触れた時、いかなる困難があってもこの映画化を実現し、全国の方々の胸にお届けしたい...そんな思いにさせられたのでした。

 人が人として生きることの出来る...そして、一切の差別も偏見もない社会を作り上げるために...。

 こんな私たちの願いは、一本の映画となって来年初夏、その命を授かることになりそうです。

a0335202_10101449.jpg


[PR]
by cinema-tohoku | 2016-08-23 10:10 | 映画 | Comments(0)

a0335202_10505092.jpg
7月23日・7月27日 河北新報より


 722日...この日は「ポケモンGO」の日本配信開始の日であり、又信じがたい日々のスタートの日でもありました。

 各マスコミは一斉に日本配信の情報を報じ、これにあおられた若者たちは、スマホを持って一斉に街の中にあふれ出し、日本列島は一種異様な風景に彩られることになりました。

 何故にここまで徹底して皆が同じ方向を向こうとするのか...、一つの操作チャンネルをひねっただけでかくも従順に同じ行動を取ろうとするのか...。

 まるでハーメルンの笛吹きに導かれ、破滅への道をたどっている様に思えるのは、私の杞憂なのでしょうか。

 そして726日相模原の知的障害者施設を舞台に発生した事件は、その悲惨さと異常さで、戦後例を見ない最悪のものとなりました。

 日を経るに従って次々と明らかにされる犯人の実像とその語られた動機には、驚きを通り越して肌が粟立つ思いにさせられたのは私だけではないと思います。

 彼は「ヒトラーの思想が降りて来た」と語り、明らかな「優生思想」を背景にこの残虐な事件を起こした、と語りました。

 社会的弱者たる障害者の命を、明らかな意思を持って虫けらの如く奪った暴挙には、怒りを通り越して空恐ろしい思いにさせられたのでした。

 

社会全体が、いつの間にか息苦しくなってはいないでしょうか。

 格差の拡大と非正規雇用の拡大、そして声高に自己責任を語るネット社会...、更には社会全体がまるで無批判に同じ方向を向き、これに組しない者を排除する思想...。

 社会全体を覆う閉塞感が、いつの間にか息苦しさになり始めてはいないでしょうか・・・。

 本来、人は皆それぞれ固有の人格と個性を持った存在だったのではないでしょうか。

 金子みすずは自らの詩にこんな言葉を散りばめました...“みんなちがってみんないい”。

 そして、「民主主義の思想」の原点は、その思想であれ、信条であれ、信仰であれ、それぞれに異なるものを認めるところから、その体系を作り上げて来たのではないかと思うのです。

 果たしてこのまま進んで良いのか、今もう一度立ち止まってその足もとを見つめて見る必要がある様に思えるのです。

このままで良いのかと...。

 リオデジャネイロオリンピックが始まり、又報道はこれ一色に染まってしまった今...。

a0335202_10511789.jpg
8月7日 河北新報より



[PR]