「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


a0335202_12505126.jpg
 あの日から5年を越えた3月、被災地の復興を願って一本の映画が完成しました。

 「東北の新月」、カナダにお住まいの日系3世リンダ・オオハマさんが自らのルーツに関わる国の悲劇に触れ、止むにやまれぬ思いで映像化を決意、単身被災地を訪ねながら4年の長い製作期間を経てこの度完成した作品です。

 全国で初の公開が仙台で行われ、お招きに応えて行って参りました。

 この作品も素晴らしい人との巡り合いが織り成されながら完成の日を迎えた作品でした。

 被災地の復興を願って単身東北を訪れたリンダさん・・・しかしながらそれだけではこの作品は完成の日を迎えることはなかったかも知れませんが、東北の復興を願う彼女の熱い願いは、いつの間にか人の心から心へと拡がることになったのでした。

 最初に巡りあったのは、仙台市在住、元英語の教師をされていたSさん、彼女はリンダさんの願いに全面的に共感し、製作支援の人の輪はSさんの周りに一歩一歩拡がって行きました。

 そしてその手は私のもとにまで差し伸べられてきたのでした。

 ご要請に応じて初めてお会いしたSさん・・・、長年にわたって子ども達と向かい合ってきた「やさしさ」を全身から発信させながらも、意志的な瞳が印象に残る・・・Sさんはそんな姿で私の前に立って下さいました。

 請われるまま、映画界の仕組みや映画製作に必要なことなど・・・いくつかのご助言は申しましたが、目前の雑事についつい追われて有効なご助力はほとんど出来ないまま時間は過ぎていきました。

 風の便りに製作運動のご苦労と併せて、一歩一歩完成に向けたご努力を重ねておいでのことは耳に入っていましたが、この度、そのご努力が実って遂に完成の日となったのでした。

 会場を満席に埋めた方々の前には、遠くカナダから駆けつけたリンダさんの姿も・・・。

完成の日に頬を染めたSさん共々、感動的なそしてやさしい披露の日となりました。

 「東北の新月」・・・目には見えなくとも、大きな力が脈打っている・・・そんな東北の心をスクリーンは私たちに語ってくれました。

この作品がこれから歩む道の先に、被災地の復興を願った一日でした。

a0335202_12505134.jpg
舞台挨拶のリンダさん




[PR]
by cinema-tohoku | 2016-03-30 12:56 | 映画 | Comments(0)


 「エクレールお菓子放浪記」をご覧になった方は作品を思い起こしてください。

 劇中、石田あゆみさん扮する「フサノバアサン」の住む「ボロ屋」(大家さんごめなさい)が出てきました。

 このシーンを撮ったのが宮城県富谷町でした。

 このシーンの他にも、映画館のセットや戦後の闇市のオープンセット等々、富谷町の方々のたくさんの心やさしいご支援をいただきながらこの作品は完成したのでした。

 そんな富谷町を久しぶりにお訪ねし、町長さん(撮影時の町長さんとは変わっていました)とお会いしたのは「ちえりとチェリー」上映拡大のご要請でのことでした。

 町長さんは、私からのひとしきりの「ちえりとチェリー」の願いを受け止めて下さり、更に話はいつの間にか「エクレールお菓子放浪記」のことに・・・。

 実は、富谷町は全国の市町村の中では珍しく年々人口増加を重ね、本年10月にはめでたく「新市」の立ち上げになるとのことでした。

 この記念行事の一つとして「エクレールお菓子放浪記」の上映を検討したいと語る町長さんは、町のイメージアップの一つとして「スイーツの町」を企画し、そして何と映画撮影の時にフサノバアサンの家として使った「ボロ屋」を現在改装中で、間もなくユニークなスイーツの店となってオープンすることを私に語って下さいました。

 帰路立ち寄ってみました。

 ごうつくバアサン、フサノさんが住んでいたあの家は、その姿と雰囲気を残しながらも、新たな町の看板となるべく改装工事の真っ最中でした。

 間もなく昭和の風情を伝えるユニークなスイーツの店としてオープンとなる様です。

 どうぞ皆さんも足を運んでみて下さい。

a0335202_11404000.jpg
フサノバアサンの家のシーン(『エクレールお菓子放浪記』より)

a0335202_10135565.jpg
あのボロ屋は改修の真っ最中




[PR]
by cinema-tohoku | 2016-03-22 10:15 | 映画 | Comments(0)


 2016311日・・・生涯忘れることの出来ないあの日から5年の時間が流れ、そして又、この日が巡ってきました。

 この節目の日を私は、「ちえりとチェリー」の上映拡大に走り回る宮城県七ヶ宿町役場の前で迎えました。1446分・・・サイレンが鳴り、悲しい大惨禍で亡くなられた方々への黙祷が呼びかけられています。

 5年前のあの日私は東京に・・・絶望と向き会いながら一晩中まんじりともしないでテレビから流れる信じられない映像を見続けていました。

 明けて、翌日の風の強かった晴天の朝はしっかりと記憶しているのですが、その後10日経ってやっと仙台へ戻るまでの記憶のほとんどが飛んでしまっていることに気づかされたのです。

 「エクレール・お菓子放浪記」の東北公開を目前にしながら、それが全てついえてしまった私の精神状態は、いささか異常なものであったのかも知れないと思いおこしています。

 背中の筋肉はまるで鉄板の様に張り切り、そして精神的に不安定な私はよく泣いてもいたのでした。

 あれから5年…よくも頑張ってこれたものだと振り返りながら、そんな私たちを支えてくださった方々のやさしい手の感触を今でもありありと思いおこしております。

 そんな私の体験は、あの日被災した多くの方々と共通するものだったとも思えるのでしす。

 そして5年・・・被災地は山積する課題をいまだに数多く抱えながら、それでも確実に人の記憶からは遠い過去のものとなって行こうとしています。

 報道各社は、まるで一大イベントを報ずるかの如く、被災地から5年の報道を競う様にして流していますが、明日からはまるで何事も無かったかのような紙面と電波に戻るのだと思います。

 そして又、日一日と人の記憶からは遠いものとなってしまうのかも知れません。

 でも・・・やはりそれはダメなのだと思うのです。

 こんなにも沢山の人々の苦しみや悲しみを、たった5年でまるで何もなかった様に忘れ去ってしまったら・・・その先に私は、どうしても健やかな国の未来を描くことが出来ないのです。

 もう一度振り返ってほしいのです・・・この東北が向かい会っている沢山の悲しみを。

 そして、私たちは大きく声をあげて、この悲しみを発信し続けなければならないのだと思います。

 人と人とが心を通わせ、支えあう国の未来をつくりあげるために・・・。

a0335202_11062780.jpg
山陽新聞より

a0335202_11061897.jpg
毎日新聞より


[PR]

a0335202_12152051.jpg
製作スタッフも並び賑やかな仙台上映


 長い長い時間をかけながら準備を進めて参りました「ちえりとチェリー」の被災地3県での先行公開が、そのスタートを切りました。

 全国トップを切ったのは仙台、そして翌週には盛岡市・・・この作品はいよいよ全国への長い旅を始めることとなったのです。

 当日は、中村監督、プロデューサー始め製作関係の方々も遠路東北に足を運んで下さり、賑やかな発進の日となりました。

 ここに至るまでに「試写会」は数多く重ね、作品にお寄せいただく反響を一定は把握してはいましたが、それぞれ1,000名に登った多くの観客の方々とこの作品が触れるのはこの日が初めてのこと、観客の方々がどう受け止めて下さるのか、まさに探る様な思いでの開映となりました。

 映画が始まるや、ちえりが自らの想像の世界でチェリーと一緒に繰り広げる不思議な冒険の世界に観客は引き込まれ、まさに場内は水を打った様な静けさに包まれ、上映が終了するや観客の方々は、満場の拍手でこの作品の旅立ちを祝って下さいました。

 殊に当日は子どもたち・・・学齢にはまだ遠い3才、4才の小さな子どもたちもたくさん会場に足を運んで下さいましたが、身じろぎもせず、そして時には涙をぬぐいながら映画と向かい合う姿に、ホッと胸をなでおろした私たちでありました。

 子どもたちの成長の危機が語られ、日々ひたすらに刺激のみを伝えようとする映像の氾濫の中に育っている子どもたちが見せたこの作品への反応に、改めて子どもたちが持っている「感性」の素晴らしさと可能性を実感した上映会となったのでした。

 上映会終了後は、撮影に使われた人形も展示され、グッズの販売共々嬉しい大混雑のロビーとなりました。

 心を込めて製作されたこの作品に寄せた子どもたちの反響に、これから始まる全国公開成功への決意と責任を胸に誓った東北の初日でした。

a0335202_12152159.jpg
撮影に使った人形は大人気

a0335202_12152024.jpg
グッズの販売コーナー



[PR]
by cinema-tohoku | 2016-03-07 12:17 | 映画 | Comments(0)