<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


a0335202_13454030.jpg
出雲大社も上映成功を祝ってくれている様でした


 長い長い時間をかけながら、一歩一歩ていねいに歩みを進めて来ました「じんじん」出雲市上映がやっと本番上映の当日を迎えました。

 改めて振り返って見るなら、事の発端は米子市で「じんじん」をご覧になって大感激したMさんが、恐る恐るご連絡をとって来て下さった一昨年前にさかのぼります。

 “とても素晴らしい映画…。出来れば出雲市での上映を実現して、一人でも多くの方々にお伝えしたいのだが、映画上映の経験もなければ、何の組織の裏付けもない…、こんな私でも上映が出来ましょうか。”と。

 その願いにお応えするべく、初めて出雲市をお訪ねしたのは一昨年の11月のことでした。

 それから数えるなら何と15ヶ月にのぼる、まさに「スローシネマ上映運動」の道のりでした。

 Mさんの心を込めたお呼びかけに賛同し「観る会」のメンバーに加わって下さった方は14人、絵本の読み聞かせ活動をやっている主婦、元教師、出雲で演劇活動をやっている方…。

 そんなお一人お一人のご賛同をていねいにつむぎながらこの日の本番の上映を迎えるまでには、これ位の長い時間にわたる運動の醸成期間が必要だったのかも知れません。

 朝方の雨もあがり上映が始まる頃には青空も…、緊張で前日は充分に眠れなかったと語るMさんと14人の仲間たちの心を込めた「じんじん」上映会には、600名にのぼる市民の方々が足を運んで来て下さいました。

 ドラマが終盤に差し掛かるや会場にはすすり泣きの声も聞かれ、上映終了後にはお金を払った「お客様」が主催者に深々とお礼をする…そんな素晴らしい上映会となりました。

 経験も組織もない、それでもたった一つ“多くの人に伝えたい!”そんな一人の女性の思いが600人の共感となって拡がった…これは見事な「スローシネマ」の典型の上映でありました。

 上映終了後、会場そばの中華料理店でささやかな、それでも心のこもった懇親会となりました。

 懇親会では、楽しかった、このままお別れするのが悲しい... 映画はお金を払って観るものだと思っていた。自分たちが上映会など出来ないと思っていたが、こんなすごいことをやれたんだ...。 等、感動に頬を染めたメンバーの声は、いつまでも出雲の冬空に響いていました。

a0335202_13454021.jpg
若い方々も目立った出雲市上映

a0335202_13453922.jpg
楽しかつた懇親会




[PR]
by cinema-tohoku | 2016-02-25 13:47 | 映画 | Comments(0)


a0335202_14245924.jpg
雪の泉ヶ岳


 私がまだ青年でありました頃、仲間たちと、そして時には一人で山を歩いて来ました。

 大きな大きな山々と向かい合って、必死の思いで歩を進め、たどり着いた頂上での憩いの時…。

 時にはやさしい、そして時には厳しい表情をみせる山は、その時々に私の心を支え、叱咤も与えてくれました。

 そんな山にも年を重ねるに従って足が遠のいていました。

 そして、年と共に筋力も落ちて来ていることにいささかの危機感も覚えた時、無理のない山に再度身を置く様になっていました。

 低山や里山を23時間かけて巡る山歩きは、仕事でクタクタになった私の心を大きく開放し、体だけではない心のリフレッシュにも大きな役割を果たして来ていました。

 そんな山歩きで一番通った山が泉ヶ岳、仙台市北部に位置し、標高1000m余の美しい山です。

 春、夏、秋…とそれぞれに異なる表情を見せる山を、時には山腹の周遊、そして時には頂上まで…、特に目標も決めずに数々のコースを歩いて来ました。

 そして冬…。

 今年、思い立って冬の泉ヶ岳にも行ってみようと思ったのは、いまだ衰えない好奇心のせいだったのかも知れません。

 そこで問題となったのは足元の装備。

 かつて使っていた山靴は、その後の私の足の変型で使用出来ず。

 無雪期用に新たに購入した山用の靴は、靴高が低くスパッツを付けられませんでした。

 えい!それならと、迷うことなく物置から引っ張り出して来た長靴をはいて雪の山に向かいました。

 やわらかな靴底の長靴は、雪面にステップを刻みにくく、ともすれば滑る足元に気を配りながらも、久しぶりの白一色の山のふところに抱かれて楽しい一時を過ごして来ました。

 それでも、時折会う人たちの装備は皆いかにも立派なもの…

60過ぎの年寄りが長靴をはいてヨレヨレのジャンパーを羽織って歩く姿は、まるで都会のホームレスが冬の山に迷い込んだ様な…。

それでも負けずに冬山遊びをして来た私でありました。

 いつかお金が溜まったらしっかりとした山靴を買いたい…、などと思いながら…。


a0335202_14245943.jpg


[PR]

a0335202_13231339.jpg

 以前のブログでもご紹介していました、福井県越前市を舞台に製作されていた「つむぐもの」が無事完成を迎え、昨日は東京での試写会がありました。

 この試写会は、前田プロデューサーが以前からお付き合いのあった参議院議員石田昌宏様始め、関係の方々にご覧いただくため開かれたものでした。

 ご自身も保健師、看護師の資格をお持ちの石田議員は「看護の力で日本を取り戻す!」をスローガンに、これまでも保健医療、福祉のより良き政策実現にご努力されて来られた方。

 前田プロデューサーの語る本作に向けた夢に共感し、ご多忙のお時間を割いてこの日の試写会においでいただいた、とのことでした。

 又、石田議員のお誘いで、福井県選出の参議院議員滝波宏文様の他2名の国会議員の先生方もご参加され試写会は開映となりました。

 越前和紙の里を舞台に展開される、ひたすらに人と人とが心を通わせようとするドラマに、観客は観入り、時には笑い、そして時には涙を流し、107分のドラマがエンドを迎える時には、満場の拍手で観客の皆様方はこの作品の出発を祝って下さいました。

 上映会場からお出になる方々は皆、感動で頬を赤く染め、中には上映終了後のロビーでもいまだ感激が止まずに、肩を震わせて号泣する男性の姿も...。

 心を込めて、ていねいにつむぎあげられたこの作品は、静かな、それでも深い何かを観客の胸に刻み付けた様でした。

 319日東京有楽町のスバル座を皮切りに、長い公開の旅に立つこの作品の背を、その素晴らしい未来に向けて押し出してやりたい...そんな決意を胸にした昨日の試写会でした。

a0335202_13262802.jpg
試写会の前に、石田議員、滝波議員、のご挨拶が



[PR]
by cinema-tohoku | 2016-02-03 13:28 | 映画 | Comments(0)