「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 3回続きもののブログになりました。

 前号でお知らせしていました「「ソ満国境 15歳の夏」の二本松市・浪江町会合同での試写会が二本市駅前の会場で開かれたのは、あの焼けつく様な太陽もすっかりその姿を消し、一転して秋を思わせる冷たい霧雨が降りしきる日のことでした。

 この日は、ご多忙のスケジュールを割いてご参加いただいた両首長様をはじめ、50名程の関係住民の方々がお集まりになり、両首長様のごあいさつで試写会は開会となりました。

 又この試写には、撮影の時お世話になった御礼と、完成のご報告もかねて、この作品を手がけた松島監督も足を運んで下さり、引き続いてのごあいさつに立っていただきました。

 私は、松島監督とは既に何度もお会いしておりましたし、福井ではご一緒に盃を交わしたこともございました。

 仕事がら、これまでも何人もの監督と仕事をして参りましたが、松島監督はその中でも際立って誠実な、そして決して声を荒げない、丁寧なかつ冷静なお話をなさる方だと思っていました。

 何とその松島監督が、ごあいさつの途中で思いがこみ上げ、胸が熱くなり、言葉につまってしまったのでした。

 企画から数えるなら5年におよぶ長い長い製作の旅...その間には数々の絶望もありながら、あの日の大惨禍が結果的には完成のはずみとなったのでした。

 「戦争」そして「大惨禍」をも乗り越えて「人の世の幸せ」を語ろうとした長い旅の末に完成した作品を持って被災地を訪れ、必死の思いで日々の生命をつないでいる浪江町民の方々を前にした時、監督の胸には数々の思いが去来したことでしょう。

 上映終了後、感動に頬を染めながら交々に熱い感動を語る被災地の住民の方々のお声に、やっと笑みのこぼれた松島監督でした。

 あの大惨禍から間もなく5年...あきらめずに語り続けなければ...そんな思いをずっしりと胸の底に蓄えた...そんな私にとっても大切な一日でありました。

a0335202_15484465.jpg
試写会でごあいさつをされる松島監督

a0335202_15484462.jpg
試写会終了後




[PR]
by cinema-tohoku | 2015-08-28 16:43 | 映画 | Comments(0)

前のブログ「棄民」にも触れました。

 「ソ満国境 15歳の夏」のドラマは、原発事故で故郷浪江を追われた中学生の視点から描かれています。

 私は、この作品の全国配給にあたって、一日でも早いうちに浪江町長さん、そしてそれを受け入れた二本松市長さんにお会いして、映画の完成もご報告申し上げながら、叶うことなら両首長さんのご賛同も得ながら全国上映をスタートさせたいと願っていました。

 幸い、こんな私の願いを受け止めた松島監督の計らいで、撮影の折お世話になった浪江町議のSさんにお引合せいたただき、Sさんのご案内で二本松に居を置く、浪江町役場二本松事務所に馬場町長さんをお訪ねしたのは、夏の盛りの厳しい太陽が照りつける日のことでした。

 突然の原発事故で故郷を追われ、全国に散り散りになった町民の心を必死の思いでつなごうとする拠点浪江町役場は、二本松市中心部から遠く離れた工業団地の一角に、確実にその存在を主張しながら建っていました。

 ご多忙のご公務の間をぬってご面会いただいた馬場町長さんは、おやさしい微笑みをたたえながら、それでも厳しい思いを込めて“今、私たち浪江町にとって一番大切なのは「絆」なんです…”こんな言葉を語って下さいました。

 あの日以来、18000名の町民は、全国46都道府県に散り散りになり、必ずしも先の見えない生活を必死の思いでつなぎながら生きている…、こんな町の現状を切々と語る町長さんのお話に、改めて福島県沿岸の町が置かれた現状の困難さと、4年経ってもまだまだ何も解決していない厳しい現実を知らされた思いでした。

 片や、来るべき東京オリンピックに向けて信じがたい程の莫大な建設費で新国立競技場を建設するとの報道に、何ともやりきれない思いにもさせられたのでした。

 この映画の全国上映を通して、全国に散る浪江町民に遠く離れた故郷をもう一度思いおこして欲しいと思いますし、又あの大惨禍から4年半…いまだに大きな困難を抱えながら生きている浪江町民の思いも全国に語らなければ…と思ったのでした。

 決して忘れてはいけないのだと…。

 こんな私の願いを馬場町長さんは受け止めて下さり、825日浪江町、二本松市合同での試写会開催となり、ここで両首長さんにもご覧いただけることになりました。

 一歩一歩、ねばり強くあきらめずに…被災地からのメッセージを語り続けてゆきたいものです。

a0335202_14452649.jpg
二本松市郊外に建つ浪江町役場

a0335202_14453119.jpg
広報「なみえ」より



[PR]

a0335202_11153505.jpg
福島県二本松市の仮設住宅


 「ソ満国境 15歳の夏」は、原発事故で故郷浪江町を追われ、福島県二本松市の仮設に生活をする現代の15歳の中学生からドラマが始まります。

 中学の放送部に所属する彼らのもとに、中国から招待が届きます。

 中国に来て、70年前に展開された日本の15歳の少年たちの事実を一本の作品に作りあげて欲しいとの…。

彼らは中国に渡り、その事実に初めて触れ、大きな衝撃も受けながらもその中で、新たに自らの未来に向けて生きる力を手にして二本松の仮設に帰って来ます。

 ドラマは、こんな展開で進んで行くのです。

 この映画製作の企画が始まり、松島さんのもとに監督の依頼が来た時から、松島監督の心の中に常にわだかまっていた映画製作上の課題がありました。

 敗戦から70年目を数え、全人口の中に戦後世代が圧倒的な比率を占めることとなった現代、ただひたすらに70年前の出来事のみを描いて果たして現代の方々の胸に響く作品となるのだろうか…。

 より今日的な視点をこの作品に盛り込むことは出来ないのか…。

 そんな思いが松島監督の胸に去来していたのでした。

 そんな折に発生したのが、2011311日の大惨禍でした。

 監督は、突き動かされる思いで被災地福島県を訪れ、いつか通ううちに浪江町を追われ二本松市の仮設住宅で暮らす方々と繋がり始めました。

 こんな折、まるで新たな創作イメージが天から降って来たかの如く監督の胸に届いたのでした。

あの時の「満蒙開拓」はまさに国策でありました。

「満州国」は新天地…こんな宣伝にあおられ数多くの日本人が海を渡りました。

 そして89日、圧倒的なソ連軍が国境を破った時、そこには本来国民を守るべき軍隊は既に後方に撤退し、ソ連軍の前にはまさに裸同然の民間人のみが残されていたのでした。

 あの時国は、国民を捨てたのでした。

 「原発推進政策」…これもまさに国策でありました。

 そして18000浪江町民は今故郷を追われ、全国46都道府県に散り散りになりながら、未来の見えない生活を強いられているのです。

「棄民」…まさにこの言葉でこの2つの物語は監督の胸の中で一つのイメージにつながることになったのでした。

 そして、二本松市の仮設にお住まいの浪江町民、又、二本松市の全面的なご支援もいただきながらこの作品は完成を迎えたのでした。

「国」とは本来国民を守るべきもの…、しかしながらこの70年の日本の歴史の中に繰り返された2つの悲劇を見つめた時、「国」とは?…この作品はこんな問いも観る者に語りかける作品ともなりました。

 日本の未来を巡って重大な議論が交わされている今日、一人でも多くの方々にこの作品をお届けしたいものです。

a0335202_11154344.jpg
除染作業のシーン



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-08-05 11:19 | 映画 | Comments(0)