「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


a0335202_14035852.jpg

 以前のブログ「満開の桜」で、この度全国配給を担当することになった「ソ満国境 15歳の夏」に描かれた新京第一中の少年達の史実を「満蒙開拓青少年義勇軍」と書きましたが、この表現は間違っていました。

 「満蒙開拓青少年義勇軍」は日本国内から集められた少年達を旧満州国農村部に生活させ、期限を定めずに農業に従事させながら一旦事がおこれば銃をもってこれにあたる、半ば兵士(兵士と呼ぶにはあまりに幼い彼らですが)でもありました。

 しかしながらこの度の映画に描かれた新京第一中学の少年達は、関東軍のための食料増産にあたるべく、一定の期間を限って「報国農場」の援農にあたったものでした。

 この限りでは「青少年義勇軍」とは明らかに区別されるものでございました。

 私の至らなさでありましたことをお詫び申し上げます。


 それでも、この報国農場の援農のその後ろにあった実相を見つめた時、改めて怒りを覚えるのです。

 原作者田原さんを始めとした新京第一中の少年達がソ満国境の報国農場の援農にはいったのはまさに敗戦間近の時でございました。

 この頃には、「無敵」と語られた関東軍は、その大半の兵を南方戦線にさかれ、その実体はまさにスカスカでした。

 そして、近々国境を破る可能性の大きなソ連軍に備えるため、戦線を大きく後退させる準備も着々と進めていたのでした。

 しかし、その作戦をソ連軍にさとらせないための策の一つとして、新京第一中の少年達をソ満国境に配置したのが実体でした。

 民間人が居るなら、それを“守る”ために関東軍もいるはずだと...。

 こんな策略のために少年達は国境に置かれたのでした。

 89日、戦車の車列を連ねながら、圧倒的なソ連軍が国境を破った時、そこには既に日本軍の姿はなく、徒手空拳で取り残された少年達だけがそれに向かいあうことになったのでした。

 まさに「軍隊は国民を守るものではない...」この実相を見事に語った惨劇が展開されることになったのでした。

 今また、戦争と平和を巡る論議が活発に交わされるなかで公開されるこの作品を通して、「戦争」そして「軍隊」の実相も語ってみたいと心から願うのです...。


a0335202_14034901.jpg


[PR]
by cinema-tohoku | 2015-05-27 14:08 | 映画 | Comments(0)

 大学の卒業を目前に控えた早春のことでした。

 意を決して既に就職の決まっていたある銀行への入行をお断りし、あえて不況のどん底にあった映画の世界に自分の道を拓こうとしたのは、若気のいたりだったとしてもあまりに思い切ったことであったと今でも自分の原点として思い起こすことがあります。

 東京に本社を置く独立プロ映画の製作配給会社、共同映画の門をたたき、望んで東北支社での勤務に就いたのは1971年春のことでした。

 あの日以来、必死になって目の前の仕事と向かい合い、42回の春が巡っては過ぎてゆきました。

 そして又、新緑が目に眩しい43回目の春を迎えています。

 この間の自らの歩みを振り返ってみればそれはまさに「旅」そのものでありました。

 小さな「夢」と「希望」、そしてそれとは比べられない程の大きな図体の「悩み」と「挫折」をいっしょくたにカバンに詰め込んで、道なき道を拓きながら歩き続けた…それはまさに旅だったのかも知れません。

 そして、そんな旅の門出に春はふさわしいのかも知れないと思えるのです。

 生命が萌え出し、生命の躍動さえ感じられる春にこそ、人はこれまでのしがらみを断ち切って新たな未来に向けた旅立ちを決意するのかもしれません。

そして巡り来たあれから43回目の春に又、私は新たな旅に出ようと思っているのです。

 JSNに託されたいくつかの作品をしっかりと携えて…。

人の世の幸せを夢に描きながら…。


a0335202_17030736.jpg


[PR]