「ちえりとチェリー」宮城県でもスタート

a0335202_11223056.jpg
 震災からの復興と子どもたちの健やかな未来を願って、岩手県に引き続いて昨日(1029日)宮城県上映運動のスタートが切られました。

 この日はこの作品の宮城県上映にご賛同された方々が河北新報ホールにお集まりになり、県内初となる試写会、「ちえりとチェリー」が繰り広げる少女の想像の世界を堪能しました。

 昨日の試写会でも感じたのですが、この作品は不思議な作品と思えるのです。

いわば“山あり谷あり”の物語りではありませんし、どちらかというと感情の高ぶりをあえて抑えながら淡々と語られる作品なのです。

 それなのに、観ているうちに不思議に作品の中に引き込まれ、いつの間にか主人公の「ちえり」に感情移入している自分に気づかされるのです。

 人形アニメーションが持つ、不思議なやさしさのせいなのかも知れませんが、何より、この作品完成に込めたつくり手たちの熱い熱い思いがいつの間にか伝わっているからなのかも知れません。

 昨日もご覧になった方々は、涙をぬぐい、上映終了後は交々に熱い感動が語られる試写会になりました。

 映画の感動が余韻として残っていたのか、その後開かれた呼びかけ人会議では活発なご意見が交わされ、宮城でも上映の運動はスタートを切ることになったのでした。

 こんな熱い思いを持ったつくり手たちの結晶を、東北被災地の多くの親と子どもの胸にお届けしたいものです。

 そして、被災地から全国に大きく育てて送り出したいものです。

a0335202_11284571.jpg
仙台での呼びかけ人会議の様子



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-11-05 11:30 | 映画 | Comments(0)