石頭村の一夜

a0335202_10505375.jpg
 映画「ソ満国境―15歳の夏」に描かれた一シーンが印象的でした。

 新京第一中学の生徒たちは、ソ連軍の手を離れ、徒歩で広大な中国大陸を帰国への道をたどり始めました。

 しかし、その道は遠く食料も水さえもその底をつき、必死の思いでたどり着いたのが「石頭村」でした。

 彼らは村人に救いの手を求めましたが「侵略者の子ども」と語る村人たちの視線は冷たく明らかな拒絶の意を語っていました。

 しかしながら、そこに登場した村長は彼らを取り巻く村民にこんな言葉を語ったのでした。

 “日本が我が国に侵略をしたことは明らかだが、それは国と国とがやったことだ。まだ子どもである彼らには何の罪もない。一夜だけ休ませてやって自国に返してやろうではないか・・・。”

 その言葉は幸いにも村民の共感となり、子どもたちは村人の家々に分宿し、一夜の休養と食事を与えられ、翌日帰国への道をたどったのでした。

 2007年中国の温家宝首相が、「氷をとかす旅」と語りながら来日、その折に国会で演説をされました。

 温家宝首相は、その演説の中にこの「石頭村の一夜」のエピソードを取り上げ、過去の不幸な時代を乗り越えた両国の友好親善の回復への願いを語ったのでした。

 今又、日中両国は困難な状況にある中で公開されるこの作品の上映を通して、歴史的にも切り離すことの出来ない日中両国の真の友好親善関係の回復を心から願わずにはいられません。

a0335202_10505539.jpg
映画「ソ満国境ー15歳の夏」より



[PR]
by cinema-tohoku | 2015-04-20 11:10 | 映画 | Comments(0)